受験勉強や頭脳労働のように常に頭がフル回転状態ですと、疲れているにもかかわらず眠れない、記憶力が落ちる、不安になる、
無気力などの症状があらわれやすくなります。
中医学ではこのような症状を「心」「肝」における 「血」の消耗=血虚とみます(詳しくは「中医学を学ぼう」の「血虚」
のコーナー
をご覧ください)。記憶力や持久力を上げるためには血を補う必要があるのです。
今回食材として使う「竜眼肉」は、血を補うばかりでなく安神(アンジン)すなわち精神を安定させリラックス効果のある代表的な生薬です。
これとなつめを甘く煮てペースト状にし、パンケーキで巻いてみました。リラックス効果のあるカモミールティーで頂くとさらによいでしょう。

勉強の合間のティーブレイク、お夜食にどうぞ。
竜眼肉ケーキ

 

07.10写真1

【 材料】
<ペースト>
1、なつめ(刻み) 30g 水1.5カップ
2、竜眼肉30g
3、はちみつ 大さじ2杯
4、レモン汁 適量
<パンケーキ>
1、ホットケーキミックス 100g
2、卵 1個
3、牛乳 1カップ

【作り方】
1、なつめを水に30分くらい浸したあとに竜眼肉を加え火にかけ沸騰後弱火にして煮ながらはちみつを加える。
なつめが柔らかくなるまでじっくり煮る。(A)
2、(A)をフードプロセッサーにかけペースト状にする。(B)
(ペースト状にせずそのままでも可、なつめの種のかけらに注意!

07.10写真2

左(A) 右(B)

3、ホットケーキミックスの粉に卵、牛乳を加えてフライパンで焼く。
(生地は通常のホットケーキより薄めにします)
4、ラップの上に焼いたケーキをおき、ペーストの(B)をぬり、熱いうちにくるくると丸める。あら熱がとれた後に適当な大きさに切る。

07.10写真3

《食材の効能》


竜眼肉:【温性/甘味】ムクロジ科のリュウガン属。
ライチに似て外皮を剥くと半透明の果肉があらわれ、半乾燥させたものが生薬の竜眼肉。そのままでも食べられる。
作用は「心脾の気血を補い、養血安神に働く」とされ、心身の疲労を改善し、特に心を落ち着かせ、精神的な疲れを癒すのに効果がある。

臨床的には、不眠、不安感、健忘、動悸などの症状に使う。
なつめ:【微温性/甘味】クロウメモドキ科のナツメ。薬用に用いるのは生を蒸して乾燥させたもの。
竜眼肉と同様、養血安神の作用と消化器系の働きを助ける。不安や便秘、肌荒れに効果的。
はちみつ:【平性/甘味】体液を補充し、補気作用、鎮静と精神安定作用をもつ。

この竜眼肉となつめのはちみつ煮をプレ-ンヨーグルトのトッピングとしてもおいしく召し上がれます。
竜眼肉やなつめは漢方薬局で入手できます。
お試しあれ!