中国医学的な癌の治療法


今回のテーマはいよいよ「中国医学的な癌の治療法です」
まず明確にしなければいけないことは、ガン治療の対象が腫瘍自体だけではなく、
あくまでもガンにかかっている患者全体であることです。
中医学的なガン治療においては次の5つの事を重視します。

生活の質(QOL)の向上	生存期間と生存率	再発、転移の防止	治療による副作用の軽減	腫瘍のサイズの変化
たとえば、大量の抗癌剤を使ってガンのサイズを一時的に小さく出来たとしても、①~⑤のいずれにしても患者個々の状態に配慮することが大切です。


全身の抵抗力を低下させたり、生活の質を低下させたり、
生存期間を延長できないなら、意味がないと考えます。

ガンそのものや治療による副作用などで受けた心身のダメージを軽減し、
治療の効果を全般に向上させることが中医学におけるガンの治療目的です。 

それでは具体的にどのようなお薬を使っていくのか説明します。
中医学的なガンの分類については「中医学におけるガンの考え方」
を参照してください。

色々と細かく書きますが、あくまで参考としてください。
伝えたいことは、これだけの症状、状態、一つ一つに対応する方法があると言うことです。

 

正気不足(身体にとって必要なものの不足)


気虚(気の不足)

(気=生体エネルギーの一種)

代表的な症状
体力の低下、顔色が白っぽい、息切れ、食欲不振、汗をかきやすい、消化不良、
よく見られるケース
高齢者、手術・放射線・薬物治療の後、中期末期のガン、消化器ガン
治療の方法
補気(気を補う)
有効な方剤
四君子湯、健胃顆粒、補中丸、双料参茸丸、衛益顆粒など

iskra24.iskrakenikaryusiskra95.iskrahotyugant

iskra70.iskrasoryosanjyoganiskra5.iskraeiekikaryus
有効な生薬
黄耆、朝鮮人参、西洋人参、白朮、茯苓、山薬、シベリア人参、大棗 

 

血虚血が不足している)"

代表的な症状
顔色が悪い、めまい、だるい、動悸、不眠、生理不順、舌の色が白っぽい
よく見られるケース
放射線・薬物治療後、中期・末期のガン、貧血を合併している、栄養不良
治療の方法
補血(血を補う)
有効な方剤
四物湯、婦宝当帰膠、心脾顆粒、参茸補血丸人参養栄湯など

img_fuhotoki_biskrasinpikaryu
有効な生薬
当帰、熟地黄、阿膠、芍薬、竜眼肉 

 

陰虚(体液不足)

代表的な症状
やせている、口やのどが渇く、皮膚乾燥、夕方以降に微熱、手足のほてり感
よく見られるケース
放射線治療後、末期がん、長期発熱が持続する、肺ガン、血病
治療の方法
補陰(体液を補う)
有効な方剤
六味地黄丸、養陰清肺湯、八仙丸、杞菊地黄丸、天王補心丹

iskra85.iskrahassengantiskra27.iskurakogikujiouganiskra78.iskratennohosintant

有効な生薬
生地黄、麦門冬、枸杞子、百合、五味子、女貞子、黒胡麻、蜂蜜

 

 

陽虚(熱とエネルギーの不足)

代表的な症状
手足が冷たい、寒がり、疲れやすい、むくみ、頻尿または排尿困難
よく見られるケース
末期ガン、放射線・薬物療法後、性器切除後、老年
治療の方法
補陽(陽を補う)
有効な方剤
十全大補湯、牛車腎気丸、双料参茸丸、至宝三鞭丸

iskra63.seikagisyajinkiganiskra70.iskrasoryosanjyoganiskra40.sihosanbengan
有効な生薬
肉桂、乾姜、鹿茸、冬虫夏草、補骨脂、海馬、蛤

 

 

実邪(身体に対して邪魔なもの)


気滞(気の滞り)

代表的な症状
情緒不安定、憂鬱、いらいら、不眠、胸苦しい、ため息、おなかが張る、ゲップ
よく見られるケース
ストレスが多い、性格が暗い、胃腸のガン、乳がん、肝臓ガン、胆嚢ガン、甲状腺ガン
治療の方法
理気(気の流れを良くする)
有効な方剤
開気丸、逍遥丸、加味逍遙散、半夏厚朴湯、柴胡加竜骨牡蛎湯

iskra7.iskrakaikiganiskra51.iskrasyoyoganiskra14.kamisyouyousan
有効な生薬
柴胡、陳皮、木香、沈香、厚朴、枳実、香附子

 



代表的な症状
顔色がくすんでいる、唇や歯茎が黒っぽい、刺すような痛み、肩が凝る
よく見られるケース
末期ガン、腫瘍が異常に硬い、痛みがひどい、夜間に症状がひどくなる
治療の方法
活血(血の流れを良くする)
有効な方剤
冠元顆粒、補陽還五湯、桂枝茯苓丸、桃核承気湯

iskra16.iskrakangenkaryu
有効な生薬
田七人参、丹参、紅花、川きゅう、桃仁

 

痰湿(病理的な水分)

代表的な症状
顔・手足のむくみ、食欲不振、痰が多い、胸苦しい
よく見られるケース
甲状腺ガン・食道ガン・乳ガン・肺ガン・子宮頚ガンなどでガンが徐々に大きくなるが疼痛は軽いもの
治療の方法
化痰利湿(水分代謝を良くする)
有効な方剤
二陳湯、温胆湯、半夏厚朴湯、苓桂朮甘湯、五苓散

iskra4.iskrauntantoekisukaryu
有効な生薬
茯苓、車前子、半夏、陳皮

 

毒熱(病毒素と炎症)

代表的な症状
発熱、炎症、口やのどが渇く、便秘、尿の色が濃い
よく見られるケース
早・中期のガン、放射線治療後、血病、悪性リンパ腫、肝臓ガン、咽頭ガン、子宮頸ガン、食道ガン、感染症を合併した場合
治療の方法
清熱解毒(熱を冷まし、解毒する)
有効な方剤
黄連解毒湯、六神丸、槐角丸、瀉火利湿顆粒

iskra52.iskrashinkokaikakuganiskra42.iskrasyakarisitukaryu
有効な生薬
白花蛇舌草、金銀花、板藍根、黄連、山梔子、大黄、牡丹皮、紫草

 

 

癌の治療原則




 


がん,癌,