「膀胱炎」という病気は?




膀胱炎は尿路感染症(腎臓・尿管・膀胱・尿道などの感染症)の1つで、膀胱の中に細菌が感染、増殖して炎症を起こした状態をいいます。原因となる細菌は、ほとんどが大腸菌で、その他にセラチア、ブドウ球菌などです。

女性に多いのはナゼ?




女性に膀胱炎が多いのは、一言でいうと体の構造に原因があるのです。まず、尿の出口と肛門が近いこと。そして、男性の尿道が 14~18cm あるのに対し、女性は 3~5cmしかありません。つまり、細菌が膀胱に侵入しやすく、こまめに細菌を排泄しないと簡単に炎症化してしまうのです。

 

膀胱炎の症状は?




・トイレの回数が増える

・トイレに行ったばかりなのに、また行きたくなる

・排尿の終わりにしみたり、痛みがある

・尿が白く濁る

・尿に血が混ざる

 

 

中医学的な見方は…


排尿痛をはじめとして、頻尿、残尿感、排尿困難などの排尿障害の症状を示す病態を「淋証」といいます。したがって、中医学の「淋証」は膀胱炎、腎盂腎炎、泌尿器系の結石などにあたります。

膀胱炎の場合は、細菌の感染や食事の偏り、熱がこもりやすい体質などが原因で膀胱に「湿熱」が停滞し、その働きが弱まると考えます。

これを改善する漢方薬としては、「猪苓湯」があります。「猪苓湯」には水分代謝を改善して「湿熱」を除去したり、
止血作用のある生薬が配合されています。排尿痛や灼熱感が強い場合は、「瀉火利湿顆粒(竜胆瀉肝湯)」と合わせると効果がいいですよ。

 

 


膀胱炎を防ぐには?




 

 

 

大切なことは、3つです。


*膀胱内に細菌を入れない

外陰部を清潔に保つよう、排便時は前から後ろに拭くこと。生理用ナプキンやおりものシートの交換も 3 時間に一度は行いましょうね。

*膀胱内で細菌を増やさない

トイレは我慢せずにこまめに。尿意が無くても 3 、 4 時間に一度は排尿し、長時間膀胱内に尿を貯めないこと。そのためには、水分をたっぷり摂ってくださいね(アルコールはダメ)。

*体の抵抗力を落とさない

ストレスや過労、偏食や過激なダイエットは体の抵抗力・免疫力を低下させる原因に!休息は十分取るように心がけましょう。キノコは体のエネルギーを補う(補気)作用を持っていますから、疲れやすい人は食事に取り入れるといいですね。また、風邪をひきやすい人は抵抗力が落ちている証拠です。「衛益顆粒」で日頃から免疫力をアップさせましょう。

それから、膀胱炎を繰り返したり、なかなか治らない場合は「腎」の働きが弱くなっている可能性もあります。「腎」
は膀胱と密接に関わっており、体のエネルギーを生み出し、水分代謝を行うところです。エネルギー不足では膀胱だけでなく、体のあちこちに悪影響が出てきてしまいます。疲れやすかったり腰痛がある場合は、六味丸や八味丸のような「補腎薬」を試してみてくださいね。

 


膀胱炎,