肌のトラブルの中でニキビは若者にとって悩みのタネです。う
本来ニキビは皮脂の分泌が活発になる思春期に出来やすく、大人になると次第に治ってきます。

しかし最近増えているのが、20代、30代になってから初めてできたり、急にひどくなるパターンです。
抗生物質で一時的におさまってもまた出てくる・・・・

どうしたらいいの!?

ニキビは身体の内部から起こることが多いのです。
そこでニキビの定義と漢方的見地からタイプ別に分類し、これに効果的な生薬をいくつかご紹介しましょう。

ニキビとは・・・
皮脂腺からの皮脂分泌が亢進して毛穴に皮脂・角質がつまったり(白ニキビ)、アクネ菌が感染し炎症を起こす(赤ニキビ)ものを示し、
顔面、 胸・背部によくできます。
主な原因は、ホルモンのアンバランス・不摂生(偏食、睡眠不足)・遺伝などです。

漢方のタイプ別

①肺胃湿熱型
症状:体に湿熱がたまった状態、赤いニキビになりやすい、甘いもの・アルコール・辛い物・脂っこいもので悪化、口臭便秘などを伴う
生薬:
枇杷葉・十薬・黄連・黄金・インチンコウ、連翹、五行草など


②脾虚痰湿型
症状:
胃腸が弱って湿・熱がたまった状態、白いニキビになりやすい、食が細い、疲れやすい、下痢しやすい、やせ型
生薬:
黄耆・白朮・木香・茯苓・人参・半夏・ヨクイニンなど


③お血型
症状:
暗紅~紫色のニキビ、手足の冷え、生理痛、肩こり、頭痛などを伴う
生薬:桃仁、紅花、丹参、当帰、山査子など


④肝気鬱結型
 ストレスによる気の流れが滞った状態・月経前後に悪化・イライラ、不眠を伴う
※思春期以降のニキビは、肝気鬱結がベースにあり、個々の体質のちがいによりニキビの状態も異なる。
生薬:
柴胡、薄荷、当帰、菊花など

薬はあくまで補助的なものです。
生活面で気を付けることは・・・
皮膚に刺激を与えない(ゴシゴシ洗顔や厚化粧を避ける)、規則正しい生活、バランスの良い食事、安定した心から美肌は生まれます。

 もう一度ライフスタイルを見直し、無理なく出来るところから改善してみましょうね。

ニキビ,吹き出物
,