今回のテーマは「月経痛」。

月経痛があるのはあたりまえ、これを病気と思ってない方も多いのではないでしょうか。

それはとんでもない間違いです。場合によっては、子宮内膜症や卵巣膿腫、また子宮癌などのこわい病気がひそんでいることもあるのです。長期間続いている人は、一度婦人科での検査をおすすめします。

中医学では月経痛はれっきとした病気。「痛み」は通じないこと又は不足することによっておこるといわれています。ですから、痛みがおこるのは何らかの異常のサイン。血や気の流れが悪く滞っているか不足しているためにおこっており、これを通じさせたり 補ったりすることで月経痛はきちんと治せるものですし、きちんと治さなくてはいけないものです。どんな病気でもそうですが、早めに治さないと、最初は西洋医学的には病気でなくてもいずれ上記のような怖い病気に発展していきますので、 たかが月経痛と放置せずきちんと治しましょう。

中医学では、その症状や、顔色、舌の色や苔の色などで、どんな原因によって起こっているのかを診断します。
その原因はさまざまで、 そのため病気は同じでも人により服用するお薬は違ってきます。

 

あなたの月経痛はいつ?


❒月経前・・・気滞タイプ(気が滞っている)


同時に、胸が張ったりいらいらしたりするといった症状が現れることがある。普段よりお腹が張る、ため息が多いなど

❒月経中・・・血瘀(けつお)タイプ(血の流れが悪く、滞っている)


経血の色が黒ずんでいたり、レバー状の血塊が混じる。肩こり、冷え、しみ、肌荒れなど

❒月経後・・・気血不足タイプ(気血が不足している)


月経の量が少ないか多い、血液の色が淡い。普段より顔色が悪い、めまい、疲れやすい、汗かきなど

 

痛みの強さは?


痛みが強いのは、実証(おけつ)タイプ、気滞タイプで、差しこむような、絞られるような強い痛みを感じます。

痛みが弱い、押さえると痛みが緩和するのは、虚証(血不足タイプ、肝腎不足タイプ)。月経中、足腰がだるい又は腰痛、耳鳴り、めまいなどがみられます。
上記はあくまでも傾向であって、決してすべてではありません。漢方薬を服用するときは、やはり専門家への相談をおすすめします。ですから、今回はタイプ別に分けるだけで留めておきます。
生理痛,月経痛
,