感冒の原因としては、ウイルス・細菌・マイコプラズマ・ クラミジアなどに感染して発症しますが、
ほとんどがウイルス感染です。

 ウイルスとしては、インフルエンザウイルス・パラインフルエンザウイルス・アデノウイルス・ライノウイルスなどがあります。


 これらが気道に感染すると生体防御反応が起こります。その反応が症状となって現れます。症状としては、くしゃみ・鼻水・
鼻づまり・ のどの痛み・咳・痰・悪寒・発熱・頭痛・腰痛・倦怠感などが表れます。
ウイルスの感染は咳や会話時の唾液の飛散により感染しますのでマスクなどが必要になります。

 治療としてはウイルスに有効な薬剤がまだないので対症療法が中心となりますが、
一番大切なことは安静にし十分な休養をとることです。

 中医学では、発症原因は邪気(体にとって悪い物)が体内に侵入したと考えます。その邪気は大きく分けて4つ在ります。


(1)風寒(ふうかん)

(2)風熱(ふうねつ)

(3)風湿(ふうしつ)

(4)燥熱(そうねつ)


(1)風寒

寒さ・冷えなどを特徴とした邪気です。

 症状は、悪寒・発熱・頭痛・鼻水・鼻づまり・咳などです。特徴は悪寒で寒さをいやがります。
特に汗の有無が見分け方のポイントとなります。

汗をかかないタイプには体を温めて汗をかかせるものを用います。例えば麻黄湯・葛根湯などです。
薄い鼻水が多く出る場合は小青竜湯が有効です。

 汗をかいているタイプには体を温めて汗をかきすぎないようにするものを用います。例えば桂枝湯です。


(2)風熱

熱・炎症を特徴とした邪気です。

 症状は、身熱・発熱・のどの痛み(炎症)・のどの渇き・頭痛・鼻水・鼻づまり・咳・痰(黄色、粘稠)などです。
症状の特徴は熱感と炎症で熱さをいやがります。

 炎症が強い場合は羚翹解毒片、咳が強い場合は麻杏甘石湯を用います。生薬では羚翹解毒片の主成分でもあります金銀花・
連翹は抗炎症・抗生物質的な効果があることで有名ですから感染症に良く用います。


(3)風湿

水分代謝異常(湿気)を特徴とした邪気です。

 症状は、身熱・体の重だるさ・頭重痛・咳・痰・食欲不振・下痢・軟便・喉が渇くが飲みたくない・
舌の上に苔がついているなどです。 症状の特徴は、湿気を嫌い天気が悪いと調子悪くなります。

 基本的に体(特に胃腸)の水分代謝を良くしてあげることが重要です。代表的な漢方薬は(かっこう)正気散です。
これは邪気を排除しながら胃腸の水分代謝を促進する力があります。 主成分の(かっこう)は抗菌作用的な効果がありますので、食あたり・
水あたりにとても有効です。


(4)燥熱

乾燥を特徴とした邪気です。

 症状は、空咳・身熱などです。特に秋や、風邪が長引いたときによく見られ、午後以降に症状が悪化するのが特徴です。


 基本的に呼吸器系を潤す事が重要です。空咳が主の症状なら養陰清肺湯・清肺湯、空咳に痰が絡んだ症状なら辛夷清肺湯・
麦門冬湯、 熱感が強ければ麻杏甘石湯が有効です。


追補


体質的に風邪を引きやすい人・体が弱い人・風邪を引くといつも長引く人は、
体を元気にしたり、 免疫を高めたりするものを一緒に使った方が良いです。

代表的な物は参蘇飲・西洋人参などです。

漢方薬は治るまでに時間がかかると思いこんでいる方が非常に多いですが、症状によっては短時間で治せるものもあります。
風邪の症状が良い例です。




風邪,