ある調査によると20~30代の女性の70%以上の人が肩こりを感じているそうです。かくいう私もそうですが・・・

原因はなんでしょうか? 疲れ? 冷え? なで肩?





















色々原因はあると思いますが、
多くの方の原因血液不足タイプと思われます。以下の質問に当てはまる物はいくつありますか?
毎食新鮮な緑黄色野菜(人参・カボチャ・
ほうれん草など) をたっぷり摂っている。

コンビニ弁当・レトルト食品・
インスタント食品は食べない。ファーストフードは利用しない。

夜は12時には就寝している。

月経中はハードな仕事・
スケジュールはたてないようにしている。

体を冷やさないよう心がけている。
如何でしょう?5つ当てはまった方は肩こりはそんなに酷くないか、
別の原因が考えられます。

肩こりの際、肩の筋肉は緊張し硬くなるかぱんぱんに張っていると思います。筋肉に十分血液が流れていれば、疲労物質は溜まらず、栄養を十分に含んだ新し血液がやってくるわけです。



また、血液は活動時には消耗し、安静時に作り出されます。その安静時がPM10:00~AM2:00と言われています。
この時間帯はお肌の回復期でもありますよね。


上記の質問の2番目までは血液の材料を豊富に摂っているかという質問。
酸化した食品や添加物の多い食品は、血液を作るどころか血管中に老廃物が溜まる一方です。


3~5番目の質問は血液を作り出す時間を確保しているか、消耗の方が多くないかの質問です。
供給より消費が多ければ、やはり肩に新鮮な血液は行きませんよね!
以下に肩こりタイプ別早見表を作りましたので、
自分はどれに当てはまるかチェックしてみて下さい。但し、混合タイプも存在しますよ。





















































血液不足タイプ>肩は凝るよりだるーい感じ。 揉み返しがつらい。

症状 

原因
対策



  • 顔や爪の色が白っぽい

  • 冷え性

  • パソコンの使用時間が長く目が常時疲れている

  • 爪が欠けやすい

  • 切れ毛が多い

  • 月経血の量が少ない

  • 月経血の色が薄い


特に血液の貯蓄庫である肝臓に血液が不足している事が原因!


肝臓は全身の筋肉・目に血液を送っています。

パソコンによる目の疲れは想像以上に血液を消耗しているのです!


  • 新鮮な緑黄色野菜

  • 良質な動物性蛋白

  • プルーン・ベリー類

  • 枸杞子

  • なつめ

  • 薬草なら"トウキ"がおすすめ!補血力が抜群のトウキのホットティーは美味しいですよ。


血行不良タイプ>肩が石のよう。
なんてったってマッサージが一番。

症状 

原因
対策


  • 肌の色が暗い

  • 顔にしみやくすみが多い・目の下のくまが消えない・
    ふくらばぎに静脈が浮き出て見える

  • 月経時にレバー状の塊が出る

  • 月経痛が酷い




中性脂肪、コレステロール

の多い方

喫煙する方に見られます。

いきなり血行が悪くなる方はいません。

原因に何となく思い当たる節があるのではないでしょうか?




  • 軽く汗をかく運動を心がけましょう。

  • 脂っこい食事・習慣的なアルコールの摂取・
    一日一箱以上の喫煙をまずは少なくしましょう。

  • 新鮮な野菜をたっぷり摂って下さい。


  • 薬草なら"タンジン"がおすすめ。血管内の掃除をしながらサラサラの流れを作ります。



<気の滞りタイプ>凝るというよりパンパンに張っている感じ。

症状 

原因
対策


  • ストレスが溜まると脇の下やあばら骨の下が張ったり痛くなる

  • 緊張時ゲップやガスが多くなる

  • 月経周期がバラバラ

  • 月経前に胸が張って痛い




ストレスで「気がめいる」時は気が消耗していたり、
流れなくなってどこかに溜まってしまう事があります。

溜まると"張った"症状が出てくるのです。
  • リフレッシュを心がけましょう!大きなのび・
    深呼吸も効果的。

  • 香りのある食材(シソ・ミント・香草・セロリなど)は気の巡りを良くしてくれます。


  • おすすめの薬草は"サイコ"や"ハッカ"。
    逍遙散(しょうようさん)という漢方薬の中に入ってます。


  • 人間の体はデリケートですから、1つのタイプに当てはまる方は少ないのでは?と思います。全部当てはまる方もいるでしょう。

    あとは、どのタイプにウエイトをおいて考えていくかが大切になります。

    これからの時期、寒くなると一層肩こりが辛くなりますから、冷え対策と入浴を心がけて下さい。



    肩こり,