女性の体質を判断する上で、女性特有の頸管粘液(おりもの)と月経は重要な要素であり、これらの性質からある程度女性の体質を中医学的に判断することが可能です。これらの状態をよく観察してご自分の体質や健康状態をチェックしてみましょう!

今回は『頸管粘液』(おりもの、中医学では「帯下」という)についてご説明いたします。


「おりもの」とは・・


子宮頸管より分泌される粘液で、白色あるいは無色、透明か卵の白身のようで多少粘性があります。女性ホルモンのエストロゲンによる影響を大きく受けるので、特に排卵期には性状が大きく変化します。これによって排卵期の精子の疏通性が著しく高められます。排卵期に量と透明度、そして精子受容性が最大になります。


頸管粘液の性状


 卵胞前期
量 ~ 微量
粘稠度 ~ 大
牽引性 ~ 少
透明度 ~ 白濁
羊歯状結晶 ~ 陰性
精子受容性 ~ 少

卵胞後期
量 ~ 漸増
粘稠度 ~ 漸減
牽引性 ~ 漸増
透明度 ~ 軽度混濁
羊歯状結晶 ~ 非定型
精子受容性 ~ 漸増

排卵期
量 ~ 著増
粘稠度 ~ 小
牽引性 ~ 著増
透明度 ~ 透明
羊歯状結晶 ~ 定型
精子受容性 ~ 最大

黄体前期
量 ~ 漸減
粘稠度 ~ 漸増
牽引性 ~ 少
透明度 ~ 軽度混濁
羊歯状結晶 ~ 非定型
精子受容性 ~  漸減

黄体後期
量 ~ 微量
粘稠度 ~ 大
牽引性 ~ 少
透明度 ~ 白濁
羊歯状結晶 ~ 陰性
精子受容性 ~ 少


「おりもの」チェック項目=量・質・色・におい


【1】 量  初潮から閉経まで、いわゆる女性ホルモンが分泌している約35~40年間はおりものの分泌があり、また表-1にあるように排卵期を中心に量の増減があります。このような生理的な分泌量ではなく極端に多い・少ないときは、病理的な要素が強くなります。

  多い場合:主に「湿濁」によるもの。「湿濁」は脾虚や腎虚から生じるが、黄色であったりにおいが強いものは生殖器の炎症(細菌・真菌感染など)が考えられる。

  少ない場合:腎精の不足による。つまり女性ホルモンの低下が主な原因と考えられる。早発閉経や排卵機能の低下時にみられる。

【2】 質  粘るか稀薄かのちがいで、一般に粘りが強いときには実証・熱証、稀薄なのは虚証・寒証とみます。豆腐状のものはカンジダによる腟炎で、やや粘り泡状のものはトリコモナスが原因です。

【3】 色  色の変化は複雑で、昔の人は白・黄・赤・ 青・黒の五色あると言っていたそうですが、一般には白色が正常です。白色でも湿濁・寒湿・脾虚・腎虚と関係することもあり、また黄色や赤色と濃くなる場合は湿熱・熱毒が関係します。

【4】  におい  一般的ににおいはないのが正常です。においがある場合は多くは実証・熱証で、生臭かったり悪臭の場合は悪性疾患も考えられるので要注意です。

 

(表-2)
帯下病の特徴と中医学的証型



ふだんあまり注意したことがなかったかもしれませんが、上の表-2を参考にこれからよく観察してみて、体質をチェックしましょう。

次回は月経から判断できる体質チェックです、乞うご期待!!


おりもの,経管粘液,