春の陽気が高まり、この都会でも少しばかりの緑を見ながら通勤するのが心地よい季節になってきました。自然界同様、私たちの体も春を迎え、陽気が高まるこの季節。交感神経が活発になることにより、新陳代謝やホルモンの働きが活性化され、体はもぞもぞと動き始めます。しかし春は、私達を取り巻く環境の変化により自律神経の働きが乱れ、体調を崩す方が最も多い季節でもあります。

そもそも自律神経って何?


自律神経とは私達の体を走っている神経の一つで、自分で意識的にコントロールすることのできない内臓、血管、汗腺、唾液腺などの全身の器官を支配しています。この自律神経は日中など活動時に働く「交感神経」と睡眠時やリラックス時に働く「副交感神経」の2つの神経が交互に入れ替わることにより、バランスが保たれています。

いわゆる自律神経失調症とは、このスイッチがうまく切り替わらない状態を指します。しかし、症状があるにもかかわらず、病院で検査をしても特別な異常がみつからないため、薬などの治療を施せない場合が多いのが現状です。

 

春に自律神経が乱れやすいわけ


自然界も私達の体も動き始めるこの「変わり目」の時期。スイッチのようにパチッと体が切り替わればいいのですが、気候や気圧といった自然環境だけでなく、新しい生活や仕事など、私達を取り巻く環境の変化の中では思うように体がついていかないことが多いですよね。

中医学は「バランス医学」であると言われています。すべてのものを陰と陽に分けて考え、お互いが出すぎず引っ込まずの関係が健康な状態。例えば、冷える人は体の火力(陽)が少ないため、体を温める食べ物や生薬を補い、体がほてる人は、冷却水がたりないため体を潤すものを補います。このようにどちらかへの偏りがあるかないかを見極め、バランスを取ることにより体を健康な状態へと導きます。

今回の自律神経のお話では、交感神経が陽、副交感神経が陰と考えることができますね。

中医学ではこのバランスを取る役目の臓器が存在すると考えます。それが「肝」であり、また「肝木の春」という言葉があるように、「肝」と春は関わりが深いとされています。春は肝の働きが亢進しやすく、陰陽バランスを取りづらくなってしまうのですね。自律神経が乱れやすい方は肝の働きが亢進もしくは低下してしまっていると考えられます。また、肝と関わりの深い、目や精神的な症状が出やすいのもこの季節の特徴です。

 

こんな症状にも注意!


女性は生理が狂いやすい


春の 2 月~4 月は秋の 9 月~ 10 月と並び、女性の生理が狂いやすい時期と言われています。また、にきびや吹き出物など肌のトラブルも多い季節。

その理由としてはここでもやはり「肝」 との関係が。肝は女性の生理と関わりの深い血液を豊富に蓄えるところですので、ストレスを感じると肝に負担がかかり、生理が早く来たり遅れたり、生理にともなうイライラが強くなりやすいといった症状が現れやすくなるのです。

● 食事に肝の働きを高め、血液を補う食べ物(レバー、カキ、なつめ、クコの実、卵、しじみなど)を取り入れて!
● お風呂は最高のリラックス空間。肝の働きも高まります。毎日入りましょう。
● 早寝早起きは元気と血液を豊富にする一番大切なポイント!

 

のぼせ、血圧の変動を起こしやすい


春はエネルギーあふれる季節。自然と体の陽気も高まってくるため、肝の働きが亢進しやすく、普段から血圧が高い、のぼせやすい、興奮しやすい、という人にとっては病気を誘発させやすいと考えられます。血圧の変動や、のぼせ、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠などが強く感じられる場合は要注意

 

ぎっくり腰や寝ちがいを起こしやすい

春とぎっくり腰?!と思うかもしれませんが、肝の経絡は筋肉を支配しているのでぎっくり腰や筋のちがえも起こりやすいのです。注意してくださいね。
 

その他


精神疾患(うつ、不安神経症など常に不安を感じる、やる気が起こらない、などの精神的な症状がでやすい)や、胃腸疾患(神経性胃炎、過敏性大腸炎など)目の症状(充血、かゆみ、アレルギー性結膜炎、めまい)も起こりやすいので、症状が出たときには専門家に相談しましょう。症状があるということは体の中で異常が起こっているという警告サイン。必ずどこかに原因があるはずです。一人で抱え込まずに、専門家に相談してみましょう。


自律神経失調症,