元気な赤ちゃんを産むためには、お母さんとなる体が健康であること、そして何より胎児の部屋となる子宮環境が整っていることが大切です。

理想的な子宮環境


1. 受精卵のベッドとなる内膜が厚く柔らかいこと
2. 新鮮できれいな血液が充分に流れ込める環境にあること

こういった条件が揃っているかどうかは、生理の様子でだいたい把握できます。

 

正常な生理は、


・ 周期は28±7日以内である
   (短いと卵子は未熟で、長いと古くなります)
 ・ 生理の量は、少なすぎず多すぎず適量である
   (大体2、3日目に量が多く7日以内に終わるのが正常です)
 ・ 生理痛や生理前に胸が張ったり、過剰にイライラしたり、浮腫んだり、下痢をしたり、眠くなるなどの症状がない
 ・ 血液の色は明るい赤色(黒ずんでいない)で血液の塊が混じらない
 ・ 基礎体温は、低温期から高温期までいっきに体温があがり(0.3度以上上昇)、高温期は11日以上あり安定している

以上の項目で一つでもあてはまらない項目がある場合は、体のバランスが何かしら崩れているサインです。早めに整えた方がよいでしょう。

 

 

中医学の不妊治療『周期療法』とは?


生理の周期は以下のとおり、卵胞期(低温期)、排卵期、黄体期(高温期)、月経期、の4つに分けられます。

卵胞期 ~ 卵胞が成熟し、内膜が増殖し始める。成熟が充分でないと、今後のホルモンが充分に分泌されず、良い環境がつくれない。

排卵期 ~ 卵胞より卵が排出される(排卵)。

黄体期 ~ 排卵後の卵胞は黄体となり、黄体ホルモンを分泌する。黄体ホルモンは子宮内膜をさらに肥厚させ、柔らかくして、受精卵が着床しやすいよう準備を整える。

月経期 ~ 受精卵が着床しないと、黄体からのホルモン分泌は低下し、子宮内膜は脱落し、月経血として排出される。

これらのどの期間も大切で、適当な日数が必要です。周期療法では、基礎体温の温度変化を見ながら各時期に合わせた漢方を使い、正常な周期を作っていきます。こうして周期を整えることが、良い子宮環境を作り、さらにバランスの整った健康な体を作ることにつながるのです。イスクラ薬局では、この方法を取り入れ、良い効果が得られています。
また、子供をつくるためには、安定した精神状態であることも大きな要因ですが、周期療法では、基礎体温表を一緒に見ながらすすめていくため、相談者も治療に参加でき、効果を自分で確認することができるため、安心して続けられるようです。


 
また、最近では、不妊の原因が男性側にある場合も少なくありません。精子の量が不足していたり、運動性が悪いというのは、中医学的には、主に腎(あくまでも中医学での腎で生殖機能等を含みます)や脾(主に消化機能)の機能の不足と考え、漢方薬で腎や脾の機能を高めるものを服用されると良いようです。

いずれにせよ、漢方の場合にはどのお薬を選ぶかは体質によります。ぜひ、ご夫婦ご一緒の相談をお勧めいたします。


妊娠,不妊症,