暑い夏を乗り切るために


ローヤルゼリーの効果

Kirch2010_Waben14
Kirch2010_Waben14 / PragmaticFix


最近の夏は、地球温暖化の影響でしょうか、30度を超えることがあたりまえになっていますね。外に出るのは汗をかくからイヤだし、会社や電車はクーラーが効きすぎていて大変。かといって仕事や勉強を投げ出すことも出来ないからと、栄養ドリンクで一踏ん張り。そんな方も多いのではないでしょうか。近頃はコンビニでも手軽に栄養ドリンクを買えることが出来るようになり、より身近になりましたね。さて、今回はちょっと高価なドリンクには必ずといっていいほど含まれている、ロイヤルゼリーのお話です。

まだその効果に対する作用機序などは未解明な部分も多いようです。しかし、良質なタンパク質、アミノ酸、ローヤルゼリーはミツバチのうちの働きバチの腺分泌物で、本来は女王バチのエサとして用いられます。このローヤルゼリーを摂取する女王バチが大変長生きで、生殖能力も優れていることから、人間にも応用できないかと研究が進められたのです。特にその滋養強壮作用、免疫力強化作用が注目されています。最近で血圧を下げる効果血糖値や中性脂肪の低下作用なども報告され、人気は高まっています。豊富なビタミンが含まれていることは間違いありませんから、栄養補助的なものとして少し疲れたときなどに飲むと良いかもしれませんね。

 

西洋人参も負けてません


日本では 「朝鮮人参」が栄養ドリンクに含まれていることが多いようです。確かに元気をつける作用は強いのですが、温める作用があるために逆に体が熱くなってしまうことがあります。これでは夏の暑い時期には逆効果ですよね。

そこで中国漢方では、 「西洋人参」という体を冷やす作用を持つ薬草を用います。「朝鮮人参」と同じように元気をつける作用を持ちながら、体を潤し冷ます効果を併せ持つのです。ちなみに中国では夏の暑い時期に、日本のお中元のような贈答品として、「西洋人参」をお世話になっている方や両親などに贈る習慣があるそうですよ。

西洋人参の原末が入った香りのよいハーブティ、「香西洋参(しゃんせいようじん)」