「足がつる方」、意外に多いですね。特に夜寝ている時に足がつってしまう方。私がよく聞くのは「お年より」 が多いのですが、それ以外にも「妊娠中の方」「運動中」「水泳中」にも良く起こりますね。病院に行くほどでもないし、けどどうすれば治せるのでしょうか?

 

足がつる原因


原因は「ミネラルの不足による筋肉の異常収縮」です。 分かりやすくいうと筋肉の収縮及び弛緩のバランスをとっているカルシウムやカリウム、 マグネシウムなどのミネラルが不足して筋肉が異常収縮を起こし痛みが起こるのです。ミネラルの不足は食事の影響ももちろん大きいのですが、急激な運動や冷え、 水分の不足、血行不良によっても引き起こされます。食物ならバナナやスイカに電解質が多く含まれていますが、 腎機能の低下している方や妊婦の方は注意してください。

 

つらないための漢方薬


中医学(中国医学)でいうと「気血不足」のかたに多いようです。筋肉の痛みを緩和するには「芍薬甘草湯」をおすすめします再発しない体づくりのためには「婦宝当帰膠」や「十全大補湯」など血を補給する漢方薬がおすすめです。



また、血液の循環を良くする事や水分の補給も予防になりますので、その場合には血のめぐりを良くする「冠元顆粒」+「麦味参顆粒」の組み合わせが良いでしょう。