いつの時代も「女性は美しく、男性は強くたくましく!」が永遠のテーマです。

しかし最近の男性はストレスや環境ホルモン等により、疲れやすい、やる気が出ない、20~30代の男性に至っては精子数の減少や運動力減も発表されています

 

中国漢方では生命維持に最も重要な臓腑は"腎"であると考えられています。すなわち生殖機能、排尿機能、成長等に深く関わっており、腎の持つ「腎気」と言うエネルギーが不足すると、疲れやすい、白髪が増える、髪が抜ける、足腰がだるい、性欲減退等の老化現象が現れます。一般には腎気は40才を境に徐々に減退していきますが、これらの症状がはやくから見られる場合は過労や不摂生、慢性病などにより腎気が不足しているためと中医学では考えます。

この腎気を補う薬が"補腎薬"という分類の漢方薬です。補腎薬はその方の体質や症状から選びます。一般的には機能的な不全にはしほうさんべんがん至宝三鞭丸(オットセイ、鹿、犬の動物のペニスと睾丸他を用いた薬)等がよく用いられます。いつまでも腎気を保つことは老化を遅らせ、長寿の秘訣とも言われています。補腎薬は個人の体質により選ぶことが重要です。是非お気軽にご相談下さい。
お忙しいビジネスマンの方には便利なメールでの漢方相談もオススメです。
是非一度お試し下さい。