目の疲れと漢方薬


ILM09_AD20004

眼精疲労、ドライアイ、充血、など目の症状でお悩みではありませんか?目の症状にも色々ありますが今回は目の疲れを中医学的に考えてみましょう。

目の疲れといっても色々。ぐっすり一晩休めば改善する一時的なものから、十分に睡眠を取ってもなかなか回復せず、痛みやかすみなどの症状が残ったり、治ったと思ってもすぐに症状が戻ってきたりする慢性的なものまで程度は様々です。

・目の痛み、充血、かすみ目
・ドライアイ
・視力低下
・頭痛、肩こり

など症状の出かたも人それぞれで違いますが、どれも目を酷使し、目が疲れてしまうと現れやすい症状です。目は感覚器の中で最もよく使われる器官です。だからこそ疲れが出やすいのですね。

 

目の疲れ:中医学的に考えると


・肝腎陰虚タイプ


中医学では「肝は目に開竅する」という言葉があります。目と肝は密接な関係にあり、肝の調子は目に表れやすいのです。また、「肝腎同源」と言われるように、肝と腎も共に強い係わり合いのある臓器です。

目の酷使による肝の疲労、老化・過労などによる腎の疲れより起こる肝腎陰虚の状態は、さらに疲れやすい、手足のほてり、のぼせなどの症状も引き起こされます。目の疲れは肝、腎の不足であり、肝が元気であるためには腎も強くなくてはなりません。

 

・肝血虚タイプ


肝には血液の貯蔵と血流量を調節する働きがあります。目の使い過ぎやストレス、過労などによる血の消耗で肝血が不足するとドライアイやかすみ目、眼精疲労、視力低下などの症状が引き起こされます。

目の疲れ:漢方では




よく使われるのは、杞菊地黄丸、双料杞菊顆粒、婦宝当帰膠など。



 

中医学では菊の花をよく目のトラブルに使います。菊花茶はとてもオススメ。香菊花(しゃんきくか)はほのかな菊の香りでリラックスできますよ。

 

最後に


テレビ・パソコン・スマフォが普及している現代、多かれ少なかれ目の疲れを感じている人は少なくはないでしょう。だからと言って放置するのは良くありません。日常生活で上手く体と付き合っていくためには、日々の養生も大切なことですね。

実際に漢方薬の服用をお考えの際は、漢方専門薬局にてご相談下さい。