痔って大変ですよね。座れば痛いし立っていても肛門に圧力がかかってしまいます。更に、
なかなか悩みを人に言いにくいという辛さもあります。痔とは、
肛門部周辺の静脈が圧迫され血液の流れが滞ることによって発生する疾患の総称であり、二本足で立って歩く人間には宿命的な病気ですね。
立ち仕事を長時間する方や座りっぱなしのデスクワークの方、そして出産経験者がなりやすい病気です。痔は主に3種類に分けられます。
まずは各々の症状、原因、治療を西洋医学的にみていきましょう。


 ILM09_AD14002


1) 痔核

いわゆる『イボ痔』のことで一番多いのがこのタイプ。肛門の外側に出来たら「外痔核」と呼ばれ、内側にできたら「内痔核」
と呼ばれます。


【症状】排便時に出血し、進行するとイボが肛門の外に脱出してきてしまい、かゆみや痛みを引き起こします。イボが小さいうちは、
少し押し込めば元に戻りますが重症になると日常生活中に脱出してしまう事も あります。


【原因】便秘の時に、かたい便を無理やり押し出そうと強くいきみすぎると、肛門に大きな負担がかかり、
肛門付近の静脈がうっ血することで発生します。また、妊娠中の女性は、子宮が大きくなると、その圧迫で便秘になりやすく、
肛門がうっ血しやすいので、痔になりやすいといわれています。


【治療】まず、便秘をしないこと。症状によっては、座薬や軟膏などで炎症を軽くします。脱出したイボが自然に戻らない場合や、
痛みが強い時は手術します。


2) 裂肛

いわゆる『切れ痔』のことで、肛門の粘膜が切れてしまった状態のことをいいます。比較的若い女性に多くみられます。


【症状】排便時に激痛がし、排便後もジーンとした痛みがおこります。
皮が切れて出血することもありますが出血量はそれほど多くはありません。


【原因】かたい便を無理に排泄することで、肛門の皮が切れて起こります。また、激しい下痢によって肛門に負担がかかり、
きれてしまうこともあります。


【治療】まず便秘しないこと(排便すると痛いので、便意を我慢してしまい、ますます便秘になるという悪循環に陥ってしまいます)。
治療には、座薬や軟膏などを使います。症状が進んで、肛門が狭くなってしまったり、ポリープが出来た場合は手術を行なう事もあります。


3) 痔ろう

大腸菌など便の中の細菌が原因で、肛門の周囲に炎症をおこし、化膿して膿がたまってしまいます。
その膿が肛門近くの皮膚や直腸粘膜で破れ、穴をあけてしまう状態のことをいいます。あな痔とも呼ばれます。


【症状】肛門部から分泌物が排出し、ときには血が混じった膿が出ます。肛門の周囲が腫れて強く痛んだり、高熱が出る事もあります。


【原因】下痢などにより、肛門に傷がつき、そこに大腸菌などの細菌がくっつくことで発症します。


【治療】軽い段階の時は、少し切開して膿を排出させ、抗生物質や鎮痛剤を使用します。痔ろうは、原則的には手術を行ないます。


食事


果実類や野菜類を摂ることで便の硬さを調節しましょう。竹の子、キノコ類、海草はオススメです。
そして主食はパンでなくご飯にしましょう。また、お酒やタバコは血圧を上げ悪化要因となりますので控えましょう。その他、
刺激物である香辛料、コーヒーなども避けたいところです。冷たい牛乳なども刺激になるので温めて飲みましょう。


漢方薬


漢方治療の基本は根本治療です。原因となるものを取り除き痔になりにくい体作りをしましょう。
痔治療の基本である肛門周辺の血流を良くしてあげるのには「槐角丸
、出血している場合には止血として「田七人参」、また便秘をしないように「麻子仁丸」等を服用致します。
もちろんどなたにもこの漢方薬が効果があるというわけではありませんが、基本的にはどのような薬であっても、
血行を促進するという点は変わらないと思います。漢方を服用したい場合には、専門家に相談すると良いでしょう。




まとめ


  痔の根本原因は肛門部周辺の静脈の血流低下です。ですから、血流を妨げる原因を取り除いてあげる事が治療へ繋がります。
特に、肛門への圧をかけない事が大切で上記の通り便秘や下痢はご法度です。また、立ち仕事やデスクワークの方もたまには動いたり、
姿勢を変えるというのも良いと思います。身近なところで考えれば食事や睡眠をしっかりとり、ストレスを緩和する趣味を持ったり、
血行促進や細胞活性化のためスポーツをすることも大切です。痔に限らず言える事は、楽しくいきいきと生きることが一番大切です。




痔,