午後に微熱が出る~陰虚とは?


陰虚とは簡単にいうと体に必要な陰液(潤い)が不足している状態のことです。通常、人の体は“陰(いん)”と“陽(よう)”のバランスがうまく保たれています。しかし、病気やストレス、生活習慣、加齢などによってそのバランスが崩れることがあります。このバランスが崩れ、陰が不足すると陽の力が多くなり様々な熱症状が出てきます。

※陰には体を潤し、熱を冷ます、陽には体を温める役割があります。

ILM09_AD01003

症状


・午後に微熱が出る
・のぼせやすい、顔が赤くなる
・イライラする
・寝汗をかく
・口や喉が渇く
・手や足の裏のほてる
・目の乾燥
・舌が赤い、裂け目

などの症状が特徴的です。

 

 

漢方では




 

主に「陰分」を補うものを使います。
杞菊地黄丸…陰虚タイプで目の症状(乾燥やかすみなど)が気になる人に
瀉下補腎丸…特にのぼせやほてりが強い人になど

 

 

養生法


・12時までに寝るようにしましょう
・適度な運動をする
・汗をかいたら水分補給をちゃんとしましょう(冷たい飲み物は胃腸に負担をかけてしまうので、温かい飲み物を)
・お酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎにも注意しましょう

 

おすすめ食材


豆乳、トマト、レンコン、梨、豚肉、白キクラゲ、白ごま、黒ごまなど体を潤わせる食材を積極的にとりましょう。緑茶、ほうじ茶、菊花茶などもおすすめです。

陰虚に対する漢方薬は他にもありますので専門家ご相談し、体に合う漢方薬のご服用をおすすめします。