尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)


今回は尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)です。

聞きなれない方も多いかもしれませんが、この皮膚病でお悩みの方は大変多いのです。現在のところ原因ははっきり分かっておらず、遺伝的素因やなんらかの環境因子が原因では?とされていますがよくわからないのが現状です。

尋常性乾癬の症状は、厚い銀白色の鱗屑(皮膚表面がぽろぽろむける)がみられ、境界が鮮明な紅斑を伴っています。初めは頭にできることが多く、長い間フケと勘違いしている方も多いようです。頭部のほか肘頭、膝蓋、臀部など、継続的に刺激を受けやすい部位によく出ます。痒みは個人差があり、ひどく痒みがある場合、全く見られない場合、さまざまです。

漢方でもなかなか難しい皮膚病のひとつですが、以下写真の方も、症状に応じ皮膚の炎症を抑えるもの、皮膚の熱を冷ますもの、皮膚を潤すもの等使い分けて対応していき症状が改善し、喜んでいただけました。

*漢方薬の効果には個人差があります。

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症など各種皮膚病のご相談予約承っております

 

合わせて読みたい


乾癬の改善例

乾癬の改善例-2


尋常性乾癬,じんじょうせいかんせん,