接触性皮膚炎


接触性皮膚炎とは接触源(肌に触れるもの)により引き起こされる肌のトラブルです。


一定の刺激領域を超える事で、初めての接触でも、また、誰にでも起こるものが一次刺激性の接触性皮膚炎。何度か肌に触れているもので、
それが再度接触する事でおこる、アレルギー性機序による接触性皮膚炎。この2種類があります。


接触源となるものには、化粧品、染髪料(染めた髪が肌に触れる)、石けん、洗剤、シャンプー、ピアスなどの金属、医薬品、軟膏、
ゴム製品、革製品など様々です。原因を特定しにくい事が大変多いのです。


その中でも特に原因として多くあげられるのが、お肌をきれいに保つための化粧品、アトピー、ニキビや肌荒れ予防の軟膏、
またはシャンプー、洗顔料、染髪料など。お肌に「かぶれ」のトラブルを生じている女性が大変多いのに、それに気づかないことが現状です。


これが有害物質に触れることにより起こる接触性皮膚炎です。















外用軟膏による副作用です。漢方薬、スキンケアにて改善しました。


 


接触性皮膚炎は症状が突然現れるのが特徴で、まさか今まで使用していた化粧品や軟膏で…と考える方が殆どなのです。肌のムズムズ、
乾燥、特に目の周りの赤み、痒みが出たら要注意。長くご使用されればされるほど治りも遅くなります。


まずは何が原因かよく考え、原因と思われるものを肌から遠ざける事がとても重要になります。一度皮膚炎が起きた化粧品や軟膏、
衣類などは再度接触源となる可能性が大きい事はもちろん、
他の物質でも症状が出やすい敏感な肌だという事をご自身でも自覚される事が重要です。


漢方薬はこれらの症状を改善できる事はもちろん、肌理細やかな丈夫な肌を作るのにとても効果的です。

あれ、なんだか最近肌の赤みが気になるな?と思ったら、ぜひ一度ご相談ください。




接触性皮膚炎,