接触性皮膚炎とは


今回は接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)です。
「かぶれ」というとわかりやすいかもしれませんね。
肌に触れたものによりおきる皮膚病のひとつです。

例えば、
化粧品による顔や目の周りの炎症、ネックレスの当たるところが赤くかぶれる、
水仕事など洗剤を使う仕事の方や主婦の方の手荒れなどなど…。

接触性皮膚炎は原因物質の除去が最も大事、
それに漢方薬とスキンケアを用いる事でなおりがとても早くなります。

よく女性のお客様で
「私は同じ化粧品を何年も使っているので化粧品にかぶれて顔の赤みが出ているのではありません」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。

いくら長年使っているものでも、
体調や体質の変化であわなくなることがあります。
いつもサバを食べて食あたりを起こさなくても、

胃腸が疲れているときに食べて食あたりを起こす事もありますよね。

それと同じです。

水仕事のお客様で洗剤にかぶれているものと思われます。
洗剤を使うときは手袋をしていただき


(この場合ビニールやゴム手袋の下に綿や絹の手袋をすることが重要です、ビニールやゴムは敏感肌には良くありません)、
原因物質との接触をさけ、スキンケアをこまめにしていただきよくなりました。

 

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、尋常性乾癬、
掌蹠膿疱症など
各種皮膚病のご相談予約承っております



接触性皮膚炎,