突発性難聴とは?


tm_04-30-3001


ある日突然、通常一側の耳が聞こえにくくなくなる病気で、難聴だけでなく耳鳴りや耳塞感、眩暈などの症状を伴うこともあります。
内耳循環障害、ウイルス感染など、いくつかの説がありますが現在でも原因は不明です。明確な治療方もなく、特定疾患に指定されています。


この病気の発症はそれまで健康で耳の病気を経験したことのない人にも多いため、難聴と気づかず治療がおくれてしまうことも多い病気です。


突発性難聴:漢方では?


1.風熱侵入タイプ

風邪などのウイルス(邪気)が原因で起こる難聴ことで、悪寒、発熱、喉の痛みなどの症状を伴うことがあります。難聴・
耳鳴りというより、耳塞感を強く感じることが多いです。邪気を追い払うことで耳塞感の改善を図ります。

漢方薬では天津感冒片などがおすすめです。


 天津感冒片40-80箱+瓶 


2.肝火上擾タイプ

ストレスや不安など精神的なことが原因で起こるタイプのことです。強く高い耳鳴りが特徴的で偏頭痛・眩暈など頭部の症状が現れ、
怒ると悪化することもあります。

イライラ・不安などの症状改善に瀉火利湿顆粒・加味逍遥散などがおすすめです。


瀉火利湿顆粒90箱+アルミ


3.痰火上昇タイプ

油っぽいもの・飲酒など食生活の乱れによって湿熱が生じ、それが原因で耳に支障が出たタイプです。

耳鳴り・難聴以外に頭重・食欲不振などの症状が現れたり、舌が紅く黄色い苔がべっとりと付いていることもあります。

湿と熱を取り去る星火温胆湯などがおすすめです。


星火温胆湯90箱+アルミ


 


突発性難聴は自覚症状によるもので見た目には分からないため周囲の人に理解されにくく、
また突然の発症から本人の精神的負担が強いられることもあるでしょう。発症したら早めの対処が大切ですので、
もし耳がこもる感じなど違和感があれば、すぐに専門医の診断を受けてください。


突発性難聴や耳鳴りのご相談はこちらにどうぞ


 




耳鳴り,突発性難聴,