目の下のクマが気になる


顔の中で目元が与える印象は意外と大きいものです。いつも目の下にくまがあって困るという悩みを持っている方も以外と多いのではありませんか?ちょっと油断すると出来てしまう目の下のくま。くまがあるだけでゲッソリ疲れているように見えたり、暗い印象を与えてしまいますよね。くまはどうして出来るのでしょうか?

ILM09_AI03004

 

クマの原因


原因は主に血行不良や色素沈着です。目の周りの皮膚の厚さは体の他の部分よりも薄く、皮膚の下にある血流の状態が透けて見えやすい部分です。疲労、睡眠不足、眼精疲労、ストレスなどの日常生活の問題により血行が悪くなり、くまとして目の下に現れるのです。また、とてもデリケートな所で、メイクを落とす時などにちょっと強く擦っただけでも刺激となり、色素沈着を起しくまとなることもあります。

 

クマを漢方的に考えると


疲労・ストレスが溜まってくると起きやすい「気滞血オ(きたいけつお)」と考えます。つまり気の流れがうまくいかない(気滞)状態と、血流が悪くなる(血瘀)状態のこと。



 

頭痛、肩こり、生理痛、などの症状を伴う場合は冠元顆粒(かんげんかりゅう)。

 



 

眼精疲労の回復には、血と陰(潤い)つまり肝と腎を強化するものを補うとよいと言われています。かすみ目、疲れやすい、顔・手足がほてる、めまいなどの症状を伴う場合に肝腎を補う杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)や顆粒状の双料杞菊顆粒(そうりょうこぎくかりゅう)。

 



 

冷え性体質を改善することも目のくまの治療法の一つです。頭痛、肩こり、貧血、めまい、生理痛などの症状を伴う場合に婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)。

くまは毎日の生活の積み重ねが原因なことが多いものです。睡眠、食事、適度な運動などを心がけることがくまの症状の改善、そして予防になります。目の周りの状態は体からの一つのサインであると考え、一度生活習慣を見つめなおしてみるのもよいのではないでしょうか。

 


クマ,