春暖かくなると、心身の働きが活発になってきます。五行では春は「肝」に対応するので、 その「肝」の働きが過剰になり、
自律神経のバランスをくずし、イライラやストレスに悩まされやすいのです。

肝の機能が盛んになると陰液を消耗しやすいので、十分な栄養を補うことが必要です。補血・補陰の食材をとるといいですね。

また好きな香りを嗅ぐとリラックスできるもの。ここでは、作り置きできる爽やかな香りの2品をご紹介します。


 


《チキンのロールロースト陳皮風味、セロリの即席漬け》


◎チキンのロールロースト陳皮風味

<材料2人分>

皮付き鶏もも肉  1枚(約300g)写真1

マーマレード   大さじ2から3杯            

漬けだれ 

  陳皮醤油     30cc              

  紹興酒      10cc

  オリーブオイル  5cc

  マーマレード  小さじ1

凧糸




作り方

1、まな板に鶏肉を載せ、肉の厚みが均一になるよう包丁で切り込みを入れる

2、皮目をフォークで差して味が滲みやすくする


写真2

3、漬けだれを合わせ、肉を約1時間漬ける。肉を取り出して皮目を下にして置き、身にマーマレードを多めに塗る

4、皮を外側にしてくるくると巻いて凧糸で縛る

5、あらかじめ180℃に熱しておいたオーブンに入れ40~50分焼く。

  途中で取り出して漬け汁を塗り、上下を返して更に焼く


写真3

6、肉を取り出し、凧糸を切り、巻き終わりが下になるように置いて切る


写真4



※ここでは甘夏のマーマレードを使いました。無農薬の柑橘類が手に入ったら自分で作ってみるのもいいですね。

※陳皮醤油は、生薬の陳皮を醤油に漬け込んだものです。陳皮は柑橘類の皮を干したもので気を巡らす作用があります。
年数を経たものが効果がよいとされています。もし無農薬のワックスをかけていないみかんが手に入ったら、皮を捨てずに干しておきましょう。
陳皮醤油にオリーブオイル、柑橘果汁を混ぜたドレッシングもおいしいですよ。




◎セロリの即席漬け

<材料2人分>

セロリ      1本

さきいか     5から10g

柑橘類果汁  小さじ1 

塩        適量

刻み海苔    適量


作り方   

1、 セロリを薄く切る


写真5

2、さきいかを3cmくらいの長さに切る

3、ビニル袋にセロリ、さきいか、果汁、塩をいれ軽く揉み、10分置く

4、刻み海苔か朧昆布を加えて袋から出し、盛りつける




<食材の効能>

鶏肉 …気血を補う。 お腹を温め気を補い身体に力をつける

柑橘類…気の巡りを良くして気分をリフレッシュする、消化を促進する

陳皮 …気の巡りを良くして消化・吸収を促進する

セロリ…肝の働きを改善する、養心安神してイライラ解消

いか …血及び潤いを補う

海苔 …身体にこもった余分の熱を収める

トマト…津液を増やし口の渇きを止める。胃腸の働きを高め、脾胃にたまった食材の排泄を促進する


 


香りのつよい物には気を巡らせる作用がありますが、香りの感覚は個人差も大きいので、
自分の好みの野菜を使いましょう。


 


生活の注意




春になると、イライラや不安感の他に、のぼせやニキビ、不眠、頭痛に悩まされる人もいますね。そんな時は、アルコールやニンニク・
唐辛子などの刺激物は控えましょう。疲れすぎないように、十分な睡眠をとることも大切です。