中医学では、肥満の原因は主に『 痰湿 』と『 お血
にあるとみます。

痰湿 ・・・水分や脂肪が蓄積した状態で、①暴飲暴食や間食など飲食の過剰摂取②新陳代謝の低下 が原因
お血 ・・・血流が滞った状態で、冷え・頭痛・肩こり・便秘などの症状を伴う 痰湿があるとさらに悪化
中国では古くから『医食同源』の思想があり(食=くすり)、食は最高の医療と大切にされていました。そこで痰湿、お血を改善する身近にある食材をいくつか紹介します。

痰湿をとる食材・・・海藻 あさり しじみ ハトムギ 緑豆 きのこ こんにゃく 冬瓜 根菜 雑穀 バナナ など
お血をとる食材・・・青背の魚 にんにく ニラ タマネギ 黒きくらげ サフラン サンザシ 玄米 うこん 生姜 など

 

これらの食材を取り入れて つくった夕食の献立の一例です。ご飯は玄米にしました。最近では白米と同じように炊けるものなど多種類あります。

 

1. ニラと黒きくらげ炒め


【材料】 2人前

・豚もも肉 100 g
・ニラ 1 把
・黒きくらげ 7 g
・キャベツ 1/4個
・にんじん1本
・卵 2 個
・生姜1かけ
・醤油・酒各大さじ 1
・塩・コショウ少々

【作り方】                  

黒きくらげは水につけもどす
豚肉は食べやすい大きさにきり、醤油・酒で下味をつけて炒め、取り出す
卵はほぐし混ぜながら焼き、味をととのえたら取り出す
にんじんは短冊にキャベツはざく切りに
ニラは4、5 cm に切る
1・4・5を炒め火が通ったら2・3を加え味をととのえる

 

2. わかめスープ


【材料】

2人前


・市販のわかめスープ1袋いたけ 1/3 パック 緑
・ゴマ油適量
・緑豆の春雨 10g

 【作り方】 
①400cc の水を沸騰させ、まいたけと春雨をいれる。
②軟らかくなったらわかめスープを加え、塩とゴマ油 で 味をととのえる

 

 

《食材の効用》


今回使った食材の具体的な効用は・・
玄米 :食物繊維が豊富なため腹持ちがよいので過食や間食が防げる。また血糖値の急激な上昇を抑え、インスリンの過剰分泌を抑制し、さらに ビタミン・ミネラルが豊富なため糖質代謝を促進させるので、ダイエットに最適「玄米1日1膳」  ただし胃腸の弱い方はお粥にしたりよく噛んでくださいね
黒きくらげ :血液浄化作用がありかつ止血作用もある  便秘を予防
ニラ :体を温め血行促進 胃液の分泌を促し食欲増進、疲労回復に役立つ
海草類 :食物繊維やミネラルが豊富で余分な脂肪を吸着し排泄を促す
きのこ類 :ビタミン・ミネラルが豊富で新陳代謝を助け老化防止・免疫力を高める
緑豆・緑豆春雨 :解熱・解毒・利尿作用がある
 

1 品ダイエットやあれダメこれダメのダイエットは続けにくくかえってリバウンドしやすくなりますし、急に体重が減ると生理不順や貧血といった思わぬ事になりかねません。

それより今まであまり食していなかった食材を上手にバランスよく取り入れて無理なく長く続けていけば、身体の中からじょじょにきれいになって結果的に健康でかつ減量できているでしょう。もちろん適度な運動と十分な睡眠も必要ですよ。

そしてあなただけの 真の美と健康 をゲットしてくださいね!