秋の養生


残暑厳しい毎日が続いていたと思えば、もう秋分。これからは爽やかな晴天が続き、何をするにもいい季節になります。

しかし、古くの訓えによると、秋は「収」=収めていく季節。この時期は陽気も体内深くに収納されるので、この時期に活動しすぎて、
陽気を発散しすぎないようにと昔の人は言っています。

秋は肺の活動が活発になる時期です。からだを動かす原動力となる気を取り込み、元気を益し、冬に備えようとしています。
運動などして肺を活動的にするのは良いことですが、肺に負担がかかりすぎないよう、来るべき冬に備えて養生しましょう。


肺を潤すために・・


これから気温が下がってくると、皮膚の汗腺が閉じ、汗をかきにくくなり、肌が乾燥しやすい状態になります。そのうえ空気も乾燥し、
外界とつながっている臓器である肺やのど、鼻、口なども乾燥しやすく、これらの機能を低下させます。

「肺」のダメージはからだを巡る気・血・水を滞らせ、結果として免疫力の低下から風邪をひきやすくなります。また「肺」
は皮膚や大腸との関連が深いため、肌荒れや便秘などの原因にもなります。「肺」に潤いを与えて、
機能を高めて代謝をよくすることを心がけましょう。

こんなとき、強い味方となってくれるのは、梨やぶどう、くるみ、ぎんなん、栗、落花生など秋に旬を迎える果実や木の実たち。
旬の味を楽しみながら「肺」の機能を高められるなんて嬉しい限り。自然のめぐみに感謝ですね。


秋を代表する果物・・・「梨」


長十郎や二十世紀など、スーパーなどでよく見かけます。

梨はバラ科に属し、古くから薬として珍重されてきた果実です。肺を潤し、身体の水分を補い、痰を出しやすくしてくれる作用があります。


中国では、「秋梨膏」という梨が入ったノドの薬も売られています。


ここで、梨を使った簡単なレシピをいくつかご紹介します。


【梨ときくらげのスウィーツ】

梨 スウィーツ改


材料(二人分)

白きくらげ 20g

梨  1個

氷砂糖  30g(お好みで調整してください)

水 400cc

クコの実   適量

つくり方

1. 梨は一口大に切る。

2. 白きくらげはたっぷりの水で一晩かけて戻す。

3. 白きくらげの黄色い石づきの部分をとり、一口大にちぎる。

4. 鍋に白きくらげを入れ、水を加えて強火にかける。

5. 煮立ったら弱火にし、白きくらげがトロッとするまで煮る。

6. 梨を入れてさらに煮込み、柔らかくなれば氷砂糖を入れ2.3分煮る。

7. クコの実を散らしてできあがり。


【梨酒】

材料

梨 1個

ホワイトリカー 750g

氷砂糖30から50g(なくても可)

つくり方

1. 梨は皮をむき、ミキサーでよく混ぜる。

2. 瓶などの保存容器に酒と氷砂糖をいれ、梨を加える。

3. 最低2週間、冷暗所に置いてできあがり。


薬効と衛生の面から考えて、お酒はアルコール度数が35度以上のものにしましょう。毎日30から50mlくらい飲むのが適量です。


【梨査粥】(消化不良によるお子様の発熱に・・・)

材料

梨 1個

生山査子 3から5個

米 30g

つくり方
1. 梨は洗って小さく切り、水に入れて30分ほど煮る。

2. 1を濾(こ)し、煮汁を取り置く。

3. 山査子と米をよく煮込んでお粥にする。

4. 3に梨の煮汁を入れ、数分煮てできあがり。



<性味> 甘・微酸/涼  <帰経> 肺・胃

<効能> 身体に潤いを与え、熱をおさえ、痰を取り咳を止める。


梨