「脾」って何のこと?


概要文で出てきた「脾」とは、一体何のことでしょう?これより中医学ミニ講座を開き、「脾」のご説明をしたいと思います。


1.「脾」とは?

「脾」とは消化器系統の働き全般を指しており、飲食物を胃や小腸を通して消化、吸収させ、
その後にできる栄養物質を全身に運んでいます。また、気血を作ったり、血を血管内に正しく巡らせたり、
内蔵が下垂しないようにするのも脾の役割です。


2.「脾」のおもな働き

(1)消化、吸収、運搬の管理(運化作用)

脾の最も重要な働きは、この運化作用となります。胃や小腸、胆などに指令を出して、消化、吸収させた後にできる栄養物質を全身に運びます。
脾の運化作用が低下すると、食欲不振、胃のもたれ、食後の眠気やだるさ、軟便、下痢、むくみなどの症状が現れます、


(2)気血を作る

脾は飲食物から作られた栄養物質をもとに、気や血を作ります。この働きが低下すると、気血が不足して栄養が不足し、徐々に痩せてきたり、
顔色が血の気がない黄色になります。


(3)血の巡りの管理(統血作用)

血が血管の外に漏れないように、血の巡りを管理します。この統血作用が低下すると、鼻血、不正出血、月経がだらだら続く、
皮下出血などの症状が現れます。


(4)内臓、組織の位置の維持(昇提作用)

内臓や組織器官の、体内における本来の位置から下へ下がらないよう維持します。この昇提作用が低下すると、腹部の下垂感、脱肛、めまい、
ふらつきなどの症状が現れます。


以上簡単に「脾」のご説明をしてきましたが、年末の大掃除などでの疲労で気を消耗し、更にクリスマスやお正月の暴飲暴食が重なり、
脾を傷つけられて、上記のような症状になられている方もいらっしゃるのでは?一年が始まる大事なスタートラインの今、気を補い、
脾を健やかにする薬膳メニュー、是非ご家庭で召し上がって下さいね!


鶏手羽肉と大根の黒酢煮・黒米の栗ご飯


写真(1月薬膳)


<材料(2、3人分)>

(1)鶏手羽肉と大根の黒酢煮

鶏手羽肉  400g

大根    400g

黒木耳   適宜

黒酢    20cc

米酢    50cc

醤油    50cc

黒砂糖   大匙1

松の実   適宜

枸杞子   適宜


(2)黒米の栗ご飯

無洗米、黒米その他雑穀合わせて 1カップ

むき甘栗 70g

煎り黒豆 20g

水 240cc

塩 ひとつまみ


<作り方>

(1)鶏手羽肉と大根の黒酢煮

1.鍋に調味料全部を合わせ、鶏手羽肉を加え一時間ぐらい漬け込む。

2.鍋をそのまま火にかけ、途中大根、木耳を加え柔らかくなるまで煮込む。

3.器に盛り、松の実、枸杞子を散らす。

(2)黒米の栗ご飯

1.米類をさっと洗い、その他の材料と合わせて普通に炊く。

2.俵形に握り、黒ゴマ塩をかける。


*煎り黒豆とは、黒豆を煎ってそのまま食べられるようにしたもので、自然食品売り場や、地方の物産館などで見かけます。
生の黒豆と違い、そのままお米と一緒に炊き込むことができます。


<主な食材とその功能>

(1)鶏手羽肉と大根の黒酢煮

鶏肉:甘温/脾胃/温中・益気・補精・添髄・降逆

大根:辛甘・涼/肺胃/消食化痰・下気寛中

木耳:甘平/胃大腸/養陰潤燥・利腸涼血、止血・益精善血

酢:酸苦・温/肝胃/散お・止血・解毒・殺虫・消食化積

黒砂糖:甘温/脾胃肝/補中暖肝・和血化瘀・調経・和胃降逆

醤油:鹹寒/腎胃/健脾開胃・清熱解毒・宣鬱

松の実:甘温/肝肺大腸/潤肺・滑腸

枸杞子:甘平/肝腎肺/滋補肝腎・明目・潤肺


(2)黒米の栗ご飯

黒米:甘温

粳米:甘平/脾胃/補中益気・健脾和胃・除煩渇

栗:甘温/脾胃腎/養胃健脾・補腎強筋・活血止血・止咳化痰

黒豆:甘平/脾胃/活血利水・解毒

黒胡麻:甘平/肝腎/滋養肝腎・潤燥滑腸

塩:鹹・寒/胃腎大小腸/清火・涼血・解毒・涌吐