卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは?


コピー ~ ILM09_DD12001

卵巣は親指大ほどの臓器ですが、卵巣内の卵胞が過剰に刺激されることによって、卵巣が腫れて激しい腹痛、吐き気、急激な体重増加、尿量減少、腹水などの症状がおこることがあります。これを「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」といいます。OHSSは排卵誘発の際に卵胞が過剰に刺激されることが原因のひとつとみられています。排卵誘発剤のうち、間接的に排卵を促進させるクロミフェンなどの経口薬で発症することは稀で、卵巣に直接働きかける注射剤のhMG-hCG療法で起こりやすいことが知られています。

hMG(ヒト閉経期尿中ゴナドトロピン)…FSH(卵胞刺激ホルモン)に似た作用をし卵胞を大きくします
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)…LH(黄体化ホルモン)に似た作用をし排卵を促し黄体を刺激するのにも使われます

よって、hMG-hCG療法は中枢の視床下部や下垂体からホルモンがでない排卵障害やクロミフェン無効の排卵障害に用いられます

 

OHSS発症の危険因子


OHSSは排卵誘発剤の使用によって起こりうる重大な副作用ですが 、発症するか否かは個々の体質に大きく関わっています。

①    卵巣の反応性が良い年齢(18~35歳)
②    痩せ型
③    多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の患者
④    血中エストラジオール(E2)が高値
⑤    黄体機能補充にhCGを使用している
⑥    妊娠成立時(血中にはhCGが多い)

 

中医学的OHSS


OHSSによって卵巣が腫れ上がり腹痛や腹水がたまっているのは 「痰・水湿・瘀(お)」という病理産物が蓄積した状態です。

①    年齢が若いと一般的に生殖を司る腎気は盛んで、この時期に排卵誘発すると急に多くの卵胞が育ち、陰に属する癸水(きすい:生殖機能の基本物質)が卵巣卵胞に過剰に充満しそれは水湿という邪になります。

②    体型が痩せているのは「陰虚」に属し、陰虚であると陽火がさかんになり陰虚内熱の場合は様々な因子に対し感受性が高まり発病しやすくなると言われています。

③    多のう胞卵巣は排卵できなかった卵胞が数多く卵巣内に存在し、卵巣の膜は厚くかたくなっているすなわちこれは陰虚湿瘀に属します。ここにhMG-hCGが投与されると容易に病態が進行します。

④    E2が高すぎるとこれも体内では痰湿の邪となります。

OHSSの症状がみられた時は化痰・利水湿・通絡の薬を用いますが、腹水の貯留、尿量減少など軽度でない場合は体内の水分バランスを注視することが重要ですので必ず受診しましょう。


卵巣過剰刺激症候群,OHSS,