薬局にいらっしゃる方の中には、身体の状態とともに心の状態でお悩みの方も多くみられます。中でも多いのは、不安感をお持ちになっているお客様。強い不安を抱え、時には息苦しさ・動悸・呼吸困難などのパニック発作という身体症状を繰り返し起こしている場合もあります。

ほとんどの方が検査をしても心臓はどこも悪くないという結果が出るので、さらに不安と恐怖心を募らせてしまうこともあります。身体症状の他には“電車の中や人ごみに出ると不安・焦燥感が増す“訳もなく不安になる”“就寝前に不安感が増す”“いつも心配ばかりしていて気が休まらない”などの訴えも見受けられます。

西洋医学では精神科の範疇で薬物療法や精神療法を行いますが、東洋医学での体質改善もパニック発作の予防・軽減には有効です。体質改善には、今の自分の状態を客観的にみることがとても大切。どうして身体がこのような反応をしてしまうのか、中医学的に考えてみましょう。

不安・恐怖を感じやすい体質


“血(けつ)”には精神・情緒の安定をもたらす働きがあると考えます。“気(き)”は漢字の通り気分・気力をあらわす他に、内臓を動かすエネルギーという意味も含まれています。そのため気血の不足や滞りがあると心身に影響が及びます。

また、五臓六腑の中では、意識・思考活動や心臓の循環機能などを表す“心(しん)”の働きや、感情や自律神経・各臓器の機能調節をあらわす“肝(かん)”の働きが大きな関わりを持っています。“心”“肝”の機能が失調すると、感情にともなった身体症状が現れるのです。

では、具体的に主な体質別に中成薬の例を挙げていきましょう。

 

 

●中成薬での対処法


○心気虚(心のパワー不足)


症 状:動悸、息切れ、倦怠感、めまい、呼吸が弱い、
汗をかきやすい、不安感など
対処法:心に気を補い、体力・気力をつける
中成薬:麦味参顆粒、



 

○心血虚(心の栄養不足)


 

症 状:動悸、不眠、夢が多い、めまい、健忘、くよくよしやすい、
舌や唇の色が薄い、貧血傾向など
対処法:心に血を補い、精神状態を安定させる
中成薬:酸棗仁湯、心脾顆粒、婦宝当帰膠 など



 

○心陰虚(体液不足、老化・過労などによる衰弱)


症 状:心血虚の症状に加えて口の渇き、寝汗が多い、手足裏のほてり など
対処法:不足した体液を補い、陰陽とともに精神のバランスを整える
中成薬:天王補心丹


○肝気鬱結(肝の機能失調、ストレスが鬱積した状態)


症 状:抑うつ、イライラ、怒りっぽい、胸・ノドがつかえる など
対処法:肝を正しく機能させて精神を安定させる
中成薬:逍遥丸、加味逍遙散、半夏厚朴湯 など



***これらの漢方薬はあくまで参考にしてください。実際には詳しくお体の状態を伺い、一番あったものをおすすめしております。詳しくはイスクラ薬局までお問い合せください。

 

 

身体の状態を整える中成薬を使うことで精神面・情緒面が整っていくのは、中医学の体質改善における大きな特徴です。『心配性な性格のせいかも…』『原因も不明だから、もう治らないかも…』と、ひとりで悩みを抱えずに、ぜひお話を聞かせてくださいね。

71

いま起こっている身体の症状と心の状態には繋がりがあります。ご自身でストレスや過労を避けて可能な限りゆったりと過ごしたり、常に悩みから抜け出せない状態(=脳ばかりが活動している状態)のために運動が不足しているならば軽いストレッチやウォーキングをするのも、心身をほぐして不安を和らげる養生法としておすすめです。

 

最後に、、、

緊急時の対処法


レモンをかじる。これを是非お試しください。酸っぱいレモンをかじると気が紛れることが多いです。科学的根拠はないですが、どうしよもなく困ったときには、害にならないものなら試してみようと思えると思います。レモンを常備するのが大変という方は、それほど切迫してないはずですので大丈夫でしょう。

また、発作は一般的に1時間以内に治まるということを日頃から頭の中に入れて、恐怖心を最小限に留めましょう。


パニック,パニック障害,