ゴボウの種、漢方では牛蒡子(ごぼうし)といい、昔から解毒の民間薬として風邪に、皮膚疾患に国内外問わず使われてきました。日本には古来、中国から農作物として渡来したといわれています。そんな古くからある民間薬の『ごぼうの種』が新たに注目を集めています。

ゴボウの種のお話


「ごぼうのタネ」ってご存知のかたいらっしゃいますか? あのお野菜のごぼうの、タネです。見た目はまんま、タネらしいタネというのはおかしな表現ですが、まさしくそんな感じのこげ茶色~クロ色の米粒大のタネです。実は、ごぼうを食べるのは日本と韓国ぐらいだそうです。中国にもありますが、漢方薬として使われています。

ごぼうの種子を、漢方では「牛蒡子(ごぼうし)」と言います。 牛蒡子は国内外を問わず解毒の民間薬として感染症や慢性皮膚炎に活用されています。その成分には消炎、解毒、排膿などの作用があります。解熱、解毒などの作用があるので、風邪くすりや皮膚病のくすりなどの多くの漢方薬に使われています。民間療法では、乳腺炎や産後のお乳の出を良くするのに使われる事もありますが、味はとっても苦くてまずいです。残念ながら。

 

ゴボウシ(牛蒡子)


201006111 201006112

性味:    辛・苦、 寒
帰経:    肺・胃

<薬理作用>
疏散風熱、去痰止咳、清熱解毒、利尿解熱、抗菌

<応用>
喉の腫れ・痛みに、咳がでて痰が切れにくい時など
処方例: 消風散、銀翹散、柴胡清肝湯、駆風解毒散、など

作用が薄荷と良く似ていて、薄荷は発汗にすぐれていて、牛蒡子は清熱解毒に優れているので、併用することも多いです。

 

民間療法では


乳腺炎にも(乳管を広げ、詰まりを取る)良いとされていて、 産後の乳汁分泌の悪い場合にもよく用いられます。

牛蒡子の膵臓がん抑制作用


『国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は、漢方薬の解熱剤などに使われるゴボウの種子「牛蒡子(ごぼうし)」に、抗がん剤が効きにくい膵臓(すいぞう)がんの増殖を抑える作用があることを、マウスの実験で突き止めた。』
2010年4月25日の読売新聞に『ごぼうの種子 すい臓癌抑制作用』という記事が載りました。

その数日後からお店に「牛蒡子ありますか?」というお電話がここ一カ月で4件ほどありました。いままで全くそんなお問い合わせはなかったので、これはとても多い数字です。

 

煎じてみよう


もし入手できたら、1日量(10~30g)を水約600mlでとろ火で煎じ15分~30分位で200~300mlに煮つめ、滓をこして取り去り食前又は食間に2~3回に分けて飲みます。作りおきはできないので、なるべく、その日飲む分だけを毎日煎じてください。 粒のまま食べることも出来ますが、煎じたほうがより効果的です。お茶代わりに飲んでも良いですが、苦くて全然おいしくないです。膵臓がんについてはまだまだ研究段階ですので、皮膚やのどの痛み、乳汁の分泌が少ないなどでお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか?


ゴボウ,膵臓癌,

現在、当店でのお取り扱いはございません。