18ILAN30

月経期以外の出血で不安になった事はありませんか?

月経期以外の出血を「不正出血」といい、ホルモンバランスの乱れ、
子宮頸癌・子宮体癌などの癌、子宮頸管ポリープ、子宮筋腫、子宮内膜症、
クラミジア・トリコモナスなどの性感染症、膣炎、卵管炎などさまざまな原因が考えられます。


では、排卵期出血とはどのような不正出血なのでしょうか?

排卵出血とは??


最近の月経から次の月経が来る中間に起こる出血を『排卵期出血』または『中間期出血』といい、
出血は少量で2~3日以内に止まります。例えば、月経周期が28日の場合、
最近の月経から約2週間後の時期に起こります。
また、基礎体温をつけている場合は体温期(卵胞期)から高温期(黄体期)への移行時期に起こります。

排卵出血の原因は??


排卵期に卵子が卵巣を破って飛び出る際の出血が卵管~子宮を通じておりてきた
可能性や排卵期の女性ホルモンの急激な変化により
子宮内膜が一部剥がれてしまった為の出血と考えられています。

排卵出血を中医学的に考えると…


女性の月経周期を陰陽のバランスでとらえると、
排卵期は月経~低温期に充ちてきた『陰』が一気に動いて『陽』へ転じる時期(陰盛転陽)にあたります。
五臓では特に泌尿器・生殖・内分泌など成長・発育・老化を司る「腎」との関わりが深く、
腎の不足は月経全体・排卵期へ影響します。
排卵期出血は生理的な現象であり心配はいりませんが、
出血の他に体の不調がある場合は、
体質を漢方でととのえるのも方法です。
以下に排卵期出血にみられる体質を紹介します。

【腎陰虚】

排卵期出血、経血量は少ないかやや多い、色は赤、めまい、足腰のダルさ、
熟睡感がない、便秘、尿の色が濃い、微熱・寝汗、手の平や足の裏などの熱感、
口や咽の渇き、熟睡感がない、舌が赤い 等

[漢方薬]
杞菊地黄丸(こきくじおうがん)
二至丹(にしたん) など

【腎陽虚(陰虚の影響による)】

排卵期出血、経血量は少ない、色は薄い赤、
足腰のダルさ、疲れやすく元気がない、大便は正常または下痢傾向、
尿は透明で頻回な場合もある、舌は淡紅、苔は薄く白い 等

[漢方薬]
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
海馬補腎丸(かいまほじんがん) など

実際に服用される場合はお近くの漢方薬局にてご相談下さい。


排卵出血,排卵期出血,