脂質代謝異常症とは
ILM09_DC02001


高脂血症・高コレステロール血症は生活習慣病のひとつである「脂質異常症」といわれています。女性の場合、更年期を過ぎた頃からコレステロール値が高くなり、食事に注意し運動も行っているのに減少しないという話をよく聞きます。確かにコレステロールや中性脂肪が高いと、その過酸化脂質が血管壁に付着して動脈硬化を起こしたり血管を詰まらせて心筋梗塞や狭心症・脳梗塞をおこすリスクが高まります。ただし、コレステロールは体内には不可欠なもので、悪いことばかりではなく有益な働きもあります。

 

コレステロールについてのあれこれ


コレステロールの働き
・生体膜の安定化
・血管壁の保護
・性ホルモン、副腎脂質ホルモンなどのステロイドホルモンの原料となる
・ビタミンDの原料となる

コレステロールの種類
・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)→ 肝臓から体内の必要な場所に運ばれる時の型
・HDLコレステロール(善玉コレステロール)→ 各細胞から余ったコレステロールを肝臓に戻す時の型

コレステロール異常値の基準
・高コレステロール血症    220mg/dl以上
・高LDLコレステロール    140mg/dl以上
・低HDLコレステロール血症    男性 40mg/dl未満、女性45mg/dl未満

西洋医学での対処法には、薬物療法として合成阻害剤・吸収抑制剤などがあります。肝機能障害、横紋筋触解症、生体膜が弱くなるなどの副作用もあるため、あくまでも食事・運動療法が中心となります。

 

食事の注意点


食事に気をつけている方も多いかと思いますが、食物によるコレステロールの吸収は全体の5分の1に過ぎません。1日約1000 mgのコレステロールは肝臓と小腸で再合成されます。脂溶性のため胆汁酸となり胆のうに貯えられた後に消化管に排出され、そこで再吸収されます。食物から摂取するコレステロール値ばかりに注目するのではなく、身体全体の仕組みを踏まえて下記のように個人の体質に合わせた調整を考えてみてはいかがでしょうか。

 

LDLコレステロール値が高い時のおすすめ食材


食物繊維………吸収阻害、排泄促進
例) コンニャク、寒天、海藻類など(水溶性で、ぬるぬる・ネバネバしたもの)

抗酸化栄養素………過酸化脂質の抑制、活性酸素の抑制
例) ビタミンC、黒豆、黒ゴマ、緑黄色野菜、トマトなど

*鶏卵や赤身の肉は、タンパク質・鉄・亜鉛・ビタミンB群・レシチンなどの補給になるので必要という説もあります。

 

HDLコレステロール値が低い時のおすすめ栄養素


・ビタミンC
・パントテン酸(レバーや納豆に多く含まれる)
・EPA、DHA(青魚)
・α-リノレン酸(シソ油など)

 

脂質代謝異常症の主な原因


原因の約8割は過食や過度の飲酒、運動不足、それに伴う肥満、喫煙、過剰なストレスなど乱れた生活習慣によるものです。食事で摂った脂肪や糖質などは、体内でコレステロールや中性脂肪を作る材料となります。一般に、コレステロールの多い食品や動物性脂肪のとり過ぎはコレステロールを増やし、甘いもの、アルコールのとり過ぎは中性脂肪を増やすと言われています。

その他、遺伝的要因や甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、クッシング症候群、糖尿病などの病気、一部の薬物が原因となる場合もあります。

 

「脂質代謝異常症」の予防と漢方


今現在のご自分やご家族の生活の中に、脂質代謝異常症の引き金となりうる“悪い習慣”があるようでしたら、早めに軌道修正することが大切です。さらに漢方薬の服用で、脂質代謝異常症になりやすいお体の状態を改善していくのもよいでしょう。

脂質代謝異常症を未然に防ぐことは動脈硬化の予防につながります。動脈硬化は、文字通り動脈が硬くなりしなやかさを失った状態です。その結果、血管の内側が狭くなって心臓に負担をかけます。血液の流れが悪くなり、中医学的には“お血(血の流れが良くない状態)”と考えます。

また、過労やストレスなどの多い生活や便秘気味の方など“気滞(気の巡りが良くない状態)”が続きますと、上記の血の流れにも影響しお血を招く一因ともなります。

 

「脂質代謝異常」を中医学的に考えると


お血に対して

 

冠元顆粒(かんげんかりゅう)や田七人参茶(でんしちにんじんちゃ)など。



心サージ(サージフラボノイド製剤)を併用して頂くと、動脈硬化予防にはより効果的です。

 

気滞に対して

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)、開気丸(かいきがん)など。


養生茶“橘香茶(きっこうちゃ)”を食事の時にプラスして頂くと、胃腸にもよく、気分もすっきりします。

 

また、最近、外食続きでお腹が出てきた方、運動不足の方、むくみやすい方には“三爽茶(さんそうちゃ)”がオススメです。食事で摂った脂肪を分解をたすけ、体の血と水の流れを良くする健康茶です。



 

※ 上記はほんの一例ですので専門家にご相談の上、漢方薬や健康食品をお試しください。

健康診断の結果が気になる方、まずは日ごろの生活習慣を一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

お家ご飯を増やせば身体にもお財布にもやさしい。また日付けが変わるまでには寝る、1日1回はリラックスタイムをつくる、体を動かすことを意識するといったちょっとした心がけが、動脈硬化の予防につながるでしょう。


脂質代謝異常症,コレステロール,