習慣性流産とは


 

今回の不妊症のテーマは「習慣性流産」です。まずは1つ1つゆっくりと覚えていきましょう。流産とは主に妊娠22週以内に妊娠を維持できなくなることで、それが3回以上になると習慣性流産とされます。

・原因としては子宮に器質的な疾患がある、
・ホルモン分泌に異常がある、
・感染症がある、
・免疫異常がある、
・染色体異常があるなど、

1つではなく色々な要因があり、未だに解明されていない部分も数多くあります。

西洋医学では自然流産回数が増加するにつれ、その後の妊娠の流産率が増える傾向にあるので、そのような妊婦さんは流産となる原因がその度ごとに増えてしまうと考えることが多いようです。

 

 

習慣性流産を中医学的に考えると




漢方では元気な赤ちゃんが育つにはどうしたらよいか?ということを考えます。漢方では胎児を維持することを「安胎」 (あんたい) といいます。五臓でいえば主に「腎」が深く関わってきます。例えば黄体機能不全の方の多くはホルモン分泌が少なく、漢方では「腎虚」と捉えることができます。卵を作る過程においてなかなか質の良い卵を作る事ができないのです。よって良い受精卵もできにくい→着床しにくい→妊娠を維持しにくいと言うことに繋がります。また、妊娠や出産などが直接「腎」と深く関わりますので「腎虚」ではやはり妊娠を維持しにくいと言えます。

次に「血」 ( けつ) も妊娠維持に関わってきます。血は解剖学的な「血液」とは多少異なり、もっと広い範囲の意味を持っています。身体の潤いや栄養である「血」は妊娠において「養胎」 ( ようたい) として働きます。胎児を養うという意味です。元気な赤ちゃんが育つにはなんといっても栄養が必要ですし、この栄養は卵を作る時の栄養でもありますので「血」は非常に大事なのです。

「気」 ( き) もまた妊娠には欠かせないものとなっています。「気」はエネルギーのことと考えて頂いて構いません。「気」には「固摂」 ( こせつ) といって「気」や「血」などが身体の外に出ないように保つ働きがあります。胎児を維持することにも必要ですから、この固摂作用が弱い方(気虚)はやはり妊娠を維持することは難しいと考えます。

 

体質改善がベスト!


 

いかがですか?妊娠を維持するには色々なものが必要だということをおわかりいただけましたか?漢方の見方で先程の通り腎虚、血虚、気虚などがある方は妊娠を維持しにくいことを最初から予想できますので、元気な赤ちゃんが生まれ易い身体作りをしていけばいいのです。尚、この過程で質の良い卵子を育てることや、妊娠しやすい身体にしていくということも同時に行うことができます。

ですから、腎虚や血虚などの方がその妊娠を維持しやすい身体作りをせずに、何度も妊娠すれば結局維持できなくて流産してしまうということは実は当たり前のことなのかもしれません。原因としては染色体の異常など遺伝子レベルのものまで様々なものがありますが、西洋医学の考え方で流産するにつれて流産となる原因がその度ごとに増えてしまうというのは違うような気がします。これは自分だけの考え方かもしれないですし、解釈の違いによって変わると思いますが。

漢方では体全体の体質がわかるので、その人が妊娠を維持しやすいかどうかということも妊娠する前からある程度わかります。ですからきちんと体質改善をしてそれから妊娠をするということをすれば未来はきっと開けてくるはずです。できることがあれば私たちも最大限努力しますので是非ご相談下さい。


習慣性流産,