今年は史上2番目でインフルエンザが大流行していますが、みなさん予防に何かされているでしょうか?もちろん、マスクやうがい手洗い、体調管理なども大切ですが、いま話題の漢方茶である『板藍茶(ばんらんちゃ)』をご存知ですか?

 

板藍茶(ばんらんちゃ)とは?


板藍根(ばんらんこん)の生薬をエキス顆粒状にしたものです。板藍根(ばんらんこん)とは、アブラナ科の植物ホソバタイセイの根で、抗菌・抗ウイルス作用や清熱解毒作用にすぐれた生薬として中国の病院では、肝炎や皮膚病などの治療によく処方されており、また家庭の常備薬として風邪やインフルエンザの予防によく使われています。日本でもその昔、藍染め(あいぞめ)に使う藍(あい)の原料として使われていたと言えばご存知の方も多いはずです。

SAKURAKO came down with a cold.
SAKURAKO came down with a cold. / MIKI Yoshihito (´・ω・)



どうしてそんなに中国で有名な生薬なの?


2003年に中国でSARSウイルスが大流行したとき、板藍根は、中国の衛生部(日本の厚生労働省にあたる役所)が予防に効果があるとして全国の病院や家庭に積極的に服用をうながし、SARSウイルスの慢栄を終息させたということで、WHO(世界保健機関)からもその効果を高く評価された生薬なのです。

今でもインフルエンザや風邪が流行する季節になると、中国の小・中学校では生徒たちに板藍根の生薬を煎じたお茶を飲ませているそうです。そのおかげか、中国では風邪やインフルエンザが流行しても学級閉鎖になることがなく、その高い予防効果が認められています。

 

 

 

うがい手洗い、板藍茶(ばんらんちゃ)!!


風邪の予防に板藍茶を1日1~3包を目安にのみます。板藍茶(ばんらんちゃ)は1包あたり3gの板藍根の生薬を使用しています。のどがイガイガしていると感じたら、すぐに2~3包を飲むのがお勧めです。

もし、風邪をひいてしまい、発熱やのどの痛みがあるときは、天津感冒片のような漢方薬と併用すると効果的です。風邪やインフルエンザの予防の新習慣に板藍茶(ばんらんちゃ)はじめてみませんか?



 

 


板藍茶,ばんらんちゃ,