【舌で体の状態を知る!】


今回は、中医学の特徴である“舌のチェック”についてご紹介したいと思います。

舌を見ることは、中医学ではカラダの“情報”を集めるツールとして非常に重要です。情報を集め、その情報をもとに、体質や病気の状態、原因などを探り、中医学的に見立てを立てます。情報を集める手段は、『四診』とよばれ、舌のチェックはこのひとつです。


 

『四診』はこの4つ


●見る(顔、身体、舌の状態)
●聞く(声、咳など)
●問う(食欲、排便状態、睡眠、病歴、職環境など)
●触る(脈など)
*日本では医師法に触れるため、薬剤師は脈をみることができません。

情報を集めて、整理して、分析して、どこをケアしていけばいいか考えます。

病院では、検査数値に異常があると病気となり、治療が行われます。もちろん、中医学でも検査値の異常は確認します。しかしデータにでる時は、状態がある程度進行してしまったことが多いので、データに表れる前、つまり病気になる前の「なんとなく不調」の時に四診を駆使して体の状態をみると、「放っておいたら病気になるよ」というサインがでていることが非常に多いです。この病気のサインを見られるようになることは、家庭の医学として、すごく役にたちます。


 

【舌でカラダの状態を知る】


今日は、四診の中の、“舌”の項目に関してご紹介をします。

中医学では、古くから舌の状態をみることを重要としてきました。舌は、血液や体内の水分の状態、体力を反映し、全身の内臓と結びついていると考えます。
見ていく箇所は、主に
●舌の色
●形
●苔
舌の本体を舌質、舌の表面の苔を舌苔(ぜったい)といいます。

*舌の色を見ていくときは、飲食物の色が付着していることがあるので要注意です。
*舌を磨いている!という方、舌を磨くと本来の姿がわからなくなってしまいますので、磨かない状態で見て下さいね。


 

 

【舌質のチェックポイント】


~色をチェック~


●赤みが強い
体に熱がある状態。
心身の過労、睡眠不足などによって、慢性的な体液不足がおこった状態。また高体温による血管の拡張や発熱によっても赤いことも。

●青っぽい
体が冷えている状態。

●白っぽい
血液が薄い。

●紫っぽい
血の巡りが良くない状態。血液ドロドロの状態。部分的に、紫の点々がみられることも。

 

~形状は?~


●大きくはれぼったい、舌の周りに歯型。
胃腸が弱い人に多い。エネルギー不足のことが多い。

●薄くて小さい
やせていて体力がない人に多い。

●表面に亀裂がある(裂紋)
もともとの場合は問題ないが、ある時から亀裂が出てきた方は体のうるおいが不足している可能性があります。

Traditional and Modern Medicine
Traditional and Modern Medicine / spotreporting



【舌苔のチェックポイント】


~色をチェック~


●白い
正常な状態。

●黄色~褐色、黒っぽい
体に熱があることを表す。熱が強いほど色が強くなる。

 

~状態は?~


●厚さが薄い(薄苔)
白い舌苔が薄く均等に付着しているのが正常な状態。

●表面が見えないほど厚い(厚苔)
体内の水分が過多。病気があることもある。

●ネバネバとしてなかなかとれない苔(膩苔)
消化器系の機能が弱っていて、体内に水分が滞っている。

●豆腐のカス状の剥がれやすい苔(腐苔)
食べ過ぎ、飲み過ぎからくる胃腸障害のことが多い。

●舌がまだら(地図状苔)
地図上に苔が剥げている場合は、体のうるおい不足。アレルギー体質のこともある。

●苔が非常に少ない、または無い
老化、過労により、体液が消耗した状態。体のうるおいが不足している。

 

 

皆さんの舌の状態は、いかがでしょうか??ぜひ鏡でチェックしてくださいね。本来、舌の状況は日々変わるので、食べ過ぎた&飲み過ぎた翌日などは、いつもと違う状態のはずです。イスクラ薬局の店頭では、舌も拝見しながらカウンセリングをしています。

ご興味のある方は、ぜひ薬局にお越しくださいませ。