アトピー性皮膚炎とは


当店ではアトピー性皮膚炎でお悩みの方に多数ご来店いただいております。ただ、病院でアトピー性皮膚炎といわれても、実際みてみると
「本当にアトピーかな?」と思うことが多々あります。

当店でもアトピー性皮膚炎と他の皮膚病とはお薬やスキンケアの対処法が少しづつ異なります。

基本的にアトピーとは以下のような場合をいいます。(多少簡略化して書いております。)

0aa312192a64f3a7fc7b800327579cba_s

日本皮膚科学会によると

アトピー性皮膚炎の定義は

「アトピー性皮膚炎とは、憎悪・寛解を繰りかえす、掻痒のある湿疹を主病変とする疾病であり、

患者の多くはアトピー素因を持つ。」

*アトピー素因とは・・・・

①家族か自分に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患がある。
②IgE抗体を産生しやすい素因。

アトピー性皮膚炎の診断基準は2つあります。

1、『かゆみ』があることです。

2、『特徴的な皮疹と分布』です。 ※皮疹とは発疹と同じ意味で、皮ふの病的な変化の総称

では『特徴的な皮疹と分布』とはどんなものでしょう。

①『特徴的な皮疹』

『急性』の状態と『慢性』の状態に分けられます。

急性の状態は皮ふが赤くなる(紅斑,湿潤性紅斑)、大小の腫れ(丘疹)、小さな水ぶくれのようなものがポツポツ(漿液性丘疹)、ガサガサ(鱗屑)、皮ふの塊がはがれ落ちる(痂皮)があり、

慢性の状態は、皮膚がごわごわと厚くなる苔癬化病変)皮膚の表面が固くなっている浸潤性紅斑)、かゆみを伴う慢性の吹き出物(痒疹),ガサガサ鱗屑),皮ふが塊はがれ落ちる痂皮)などの状態になっている

②『特徴的な分布』

左右対称性に発症し、おでこ(前額),目の周り(眼囲),口の周り(口囲)・口唇,耳のまわり(耳介周囲),くび(頸部),手足の関節(四肢関節部),体幹

因みに年齢によって病変が現れる部位にも特徴があります。

● 参考となる年齢による特徴

  • 乳児期(生後1年前後まで)         → 頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に降下

  • 幼小児期(生後1年から学齢に達する6歳まで) → 頸部、四肢屈曲部の病変

  • 思春期 成人期             → 上半身(顔、首、胸、背)に皮疹が強い傾向


『慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)』

乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする。

e031fe226a1c6d4b367288a4cf0cc51f_s

上記の『痒み』、『特徴的な皮疹』、および『慢性・反復性経過』を満たすものを、症状の重軽を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。
と定められております。

アトピー性皮膚炎といわれてお悩みの皆さんももう一度、自分の今の状況としっかり当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、尋常性乾癬、
掌蹠膿疱症など
各種皮膚病のご相談予約承っております


 

あわせてこちらもどうぞ→アトピー性皮膚炎と漢方(注意したいポイント)