漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




Blog 六本木店

生理痛は不調のサイン!



女性にとって生理は月に一度の体の大掃除期間。この生理中や生理前後で生理痛のある方が多くいらっしゃいます。

生理の始めの数日は痛みどめが手放せない、痛くて起きられない、痛み止めを飲まないと不安だ、痛みがあるときは予定を入れたくないなどなど、生理痛に対しての思いもさまざま。

 

本来、生理痛はないのが正常なのです。

生理痛は体からの不調のサインです。鎮痛剤を服用すれば痛みは楽になるかもしれません。でも、痛みの根本の原因を取り除くわけではありません。

もし、毎月の生理痛がすごく酷かったり、経血の量が多い場合、子宮内膜症や子宮筋腫など病気がある場合もありますので、婦人科に検査に行かれることをおすすめします。

 

中医学では、みについて「栄則」(ふえいそくつう)、「通則」(ふつうそくつう)という考え方があります。これらは体エネルギーである「気」や、体に栄養を巡らせるはたらきある「血」(けつ)が足したり、流れが滞ることが原因となるという意味です。


つまり大きくこの2パターンです。

①気血の流れが良くないタイプ

上で書いた「不通則痛」にあたるのがこちら。

ストレスや過労、心労などによる情緒の乱れ、体の冷えなどが気の流れを邪魔し血の流れにも影響を及ぼします。

生理前に胸が張ったり、イライラしやすい、経血に塊が出るなどの症状があることもあります。

 

②気血が不足しているタイプ

こちらは「不栄則痛」です。女性は毎月の生理で血を失うため、体は栄養不足状態。栄養が足らないため痛みが発生します。

体は疲れやすく、貧血症状や立ちくらみなどがおきることもあります。



まず「気・血」の状態を整えることが大切であるといえます!


*ただ、体質は人それぞれ。複雑に入り混じっていることもあります。



毎月やってくる生理、女性と生理の関係は一生のうち平均35年のお付き合いとなります。長く付き合う生理ですので痛みなどのトラブルがなく過ごしたいですね。




生理痛
2017/11/30

ikanpoは漢方のイスクラ漢方薬局(東京)がご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(東京 日本橋・六本木・新宿・中野・新宿)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.