漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




Blog 六本木店

子宮内膜症について


子宮内膜症という言葉をご存知ですか?



20代~40代の女性に多い婦人科の病の一つです。良性のものですが、放っておくと不妊の原因にも。。。

 

子宮内膜症とは:

本来、子宮の内側は子宮内膜という薄い膜で覆われています。妊娠した際には赤ちゃんのベットになりますし、妊娠していない時は剥がれて月経の出血となります。

子宮内膜症はこの子宮内膜様組織が、何らかの原因で子宮以外のところに出来てしまっている状態です。卵巣や腹膜、直腸、稀に肺や腸などに出来ます。卵巣に出来ると”チョコレート嚢胞”、子宮筋層内に出来ると”子宮腺筋症”と呼びます。

本来と別の場所にできた組織も同じように生理周期に合わせて増殖と出血を繰り返します。ただ、子宮内と違って出口がないため、排出されずに溜まってゆき炎症や臓器との癒着を引き起こします。

 

現れやすい主な症状は:

・激しい月経痛

・月経血の量が多い

・月経時にレバー状の塊が出る

・月経時以外にも下腹部痛がある

・性交痛

・排便痛

・頭痛・発熱・吐き気・嘔吐

 

などです。

 haraita_woman

 

原因は:

はっきりとした原因はまだ分ってはいませんが、いくつかの説があります。

①移植説:月経時に経血が外に排出されずに卵管から逆流し、子宮内膜が卵巣や腹膜などに散って増殖していく。
②化生説:体腔上皮という細胞が何らかの原因で子宮内膜に変化してしまう。

また、環境ホルモンの影響や、ストレス、晩婚化・少子化による月経回数の増加していることも一因になっていると考えられています。




基礎体温的には:

本来低温期である生理中に温度の上昇があったり、ギザギザ、2相にメリハリがなかったり、不安定な状態がみられます。


治療法は:
①ホルモン療法
子宮内膜症はエストロゲンという女性ホルモンの影響で増殖と出血を繰り返します。そのためホルモン剤を使って 偽閉経状態 ・偽妊娠状態にし、内膜症の悪化を防ぎます。エストロゲンの分泌を抑えて偽閉経状態にすることも多いのですが、更年期障害のようなのぼせやほてり、骨粗しょう症などの副作用の心配もあります。

 

②手術療法
ホルモン療法では改善が難しい場合は手術をすることも。開腹手術か腹腔鏡手術かは進行の度合いにもよります。



 ③手術療法+ホルモン療法
手術後に再発防止のため、ホルモン療法を行うこともあります。

それぞれ病状によって治療の選択肢は違いますので、担当医とよく話し合うことが必要です。



 中医学では:

子宮内膜症の中医学的な原因としては、お血(血行不良)、陽虚(冷え症)、気滞(ストレス)と考えます。

”お血”は月経痛やレバー状の塊、下腹部痛などをおこします。冷えやストレスなども”お血”の原因となり子宮内膜症の症状を悪化させるので、体質改善も重要です。

特に、年々月経痛や月経血の量が酷くなっていたり、性交痛・排便痛がある場合は要注意です。気になる症状があるようでしたら、お早めに検査することをお勧めします。


 
2018/02/08

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.