漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




News 六本木店

BACK NUMBER

鮎澤先生のおりもの講座♪♪ ~不快なおりもの~  

梅雨に向かい、湿度も高くなり、ショーツにあたる部分も蒸れやすくなります。

そしておりものの事でお悩みの方が増えてきます。

今回は【不快なおりものの原因と対策】をわかりやすくご説明致します。

よくあるおりものの悩みは

◎ ニオイがする

〇 ベタベタする

〇 量が多い

〇 おりものの色 などです。

それでは、おりものとはどういうものなのか?

 

おりものについて

おりものは、子宮頸部・子宮内膜・膣から出る酸性のほぼ無色透明の分泌液(粘液)で、においもほとんどありません。膣内部の潤いを保って、粘膜を守ったり汚れを排出したり、ばい菌などが子宮に侵入するのを防ぐ役割があります。

おりものの量や質の変化は、月経周期で変化する女性ホルモンである「エストロゲンとプロゲステロン」に影響されます。女性ホルモンの働きが充実している10代後半から40代前半頃は、十分な量のおりものが分泌され、常に膣内は潤っています。

しかし更年期に入ると女性ホルモンが減少し、おりものの分泌量はドッと減り、潤いも少なくなり、膣の自浄作用が衰え不快症状を感じる女性も多くなります。

 

おりものの量グラフ3

 

グレーの線→おりものの量

青の線→エストロゲン

オレンジの線→プロゲステロン

 

 

 

【月経周期とおりものの変化】

※上記の図を参考にお読み下さい。

①卵胞期(低温期)

量は少なくサラッとした状態

②排卵期…月経1日目から数えて14日目前後

排卵日が近づくと、おりものは量が増え、卵白のように透明で粘りが強くのびるようになります。これは膣を潤わせて精子の通り道となって精子を子宮内へ導いて妊娠しやすくするためです。

妊娠のための性交渉をもつのであれば、おりものが多いタイミングを狙うと良いかもしれません。

おりものの量があまりにも少なかったり、排卵期前後のネバネバしたおりものの持続日数(ほぼ月経の持続日数と同じ)が短かったりするのは、卵胞の発育や排卵に問題があることもありますが人によっては、おりもの量が多いと感じなくても膣内は十分に潤っているという場合もあります

③黄体期(高温期)…排卵が終わって次の月経が来るまで

量は少し減り、透明度は低下して白色のドロっとした粘性のおりものに変わる。

2d4a326f78c530af8b53c1274c6ab543_s

 

 

 

【おりものは女性特有の病気を知らせるサインかも!?

おりものの量やニオイには個人差もありますが、明らかにいつもと違う、色やニオイが急に変わった、黄色いおりものが大量に出る、異常なニオイ、カッテージチーズのようなおりものがある、といった場合は、STI(性行為感染症)・クラミジア・トリコモナス腟炎・カンジダ腟炎などの病気も疑われますから、早めに婦人科で診察を受けましょう。

病院で検査を受けても特に問題がないようであれば、体内の不調が原因と考え、一度は中医学的なチェックを受けて、根本的な体質改善を考えましょう。

 

 

 

【中医学 おりもの健康チェック よくみられる3タイプ

排卵期以外のおりものは、白色~薄黄色のものが少量あるのが普通ですが、一日に何度も下着やおりものシートを取り替えなければならないほど、おりものが多い場合は

湿邪(しつじゃ)と呼ばれる体の余分な水分が多くなっていることが考えられます。

水っぽいおりものが大量に続くときや冷気(クーラー・肉や魚売り場・・・)に当たった時ショーツに水が流れるようなおりものが下りた時などは、体が「冷え」に傾いる状態です。

妊娠に不利に傾く可能性もあります。

それではおりものの状態をタイプ別にご説明致します。

 

①量が多い・白っぽい・臭いは強くない 「脾(ひ)虚(きょ)」 タイプ


暴飲暴食、不規則な食事、ストレス、疲労などが原因で脾胃(消化器系)の機能が低下し

水分を全身に運ぶことができなくなり、結果、体内に余分な水分や汚れが停滞し、「湿邪」

が生まれます。

【主な症状】

・おりものの量が多い、白っぽい、臭いは強くない

・むくみ ・食欲不振 ・疲労 ・下痢や軟便になりやすい ・顔色が白い 舌の色が淡



【食養生】

豆乳 蓮の実 ハトムギ インゲン豆 黒糖 豆腐 カボチャ ナツメ クコの実 鶏肉

鮭・・・

 

②量が多い・色が薄く水っぽい 「腎虚(じんきょ)」タイプ


腎(ホルモン・成長・免疫・生殖・・)は生命活動を司る源で、加齢とともにその機能が

落ちていきます。慢性疾患によってその働きがい弱くなることもあります。

これらの原因で腎の暖める力「陽気」が不足すると冷えの「陰邪」である湿邪が発生して、

おりものの原因となります。また腎機能が弱くなると体に必要な水分を貯めて置くことが

できず、おりものの量が多くなります。

このタイプは、更年期に多くみられます。

【主な症状】

・おりものの量が多い、色が薄く水っぽい

・夜間排尿 ・冷え性 ・目まい ・耳鳴り ・腰痛、腰が重い・舌の色が淡い

【食養生】

山芋 クルミ 松の実 黒ゴマ 栗 ニッキ 羊肉 スッポン 海老ナマコ・・・

 

③色が黄又は赤っぽい・粘りがある・臭いが強い 「湿熱」タイプ


「湿邪」が長く体内に停滞すると熱が発生し、「湿熱(しつねつ)」へと変化してしまいます。

また湿熱は、生理期間中や妊娠中に発生することもあります。

【主な症状】

・おりものが黄又は赤っぽい ・粘りがある ・臭いが強い

・陰部の痒み、痛み ・下腹部の痛み ・尿の色が濃い ・熱っぽい ・口臭がある

・口が乾く ・尿の色が濃い ・便秘気味

【食養生】

スベリヒユ(五行草) セリ ニガウリ 枝豆 バナナ イチジク 干し柿・・・

 

 

 

快眠、快食、は一番安いお薬 (^_-)-☆

おりものの発生地、膣は女性ホルモンにコントロールされています。

そして女性ホルモンのバランスは、自律神経のバランスや体全体の健康状態に密接に関係しています。

女性ホルモンは、脳にある「脳下垂体」から放出されるホルモンです。

そして自律神経は、脳下垂体に隣接する「視床下部」にコントロールされているため、互いに密接に関係しあっています。

自律神経のバランスは、規則正しい食生活、快眠、適度な運動によって良い状態に保たれ、これは女性ホルモンの働きと連動しています。

そのため、おりもののケアには、快眠、快食が基本となるのです。

 

 

他に綿素材の下着を選び、入浴の際は刺激の少ない石けんを選びぶことも効果的です。

くれぐれも洗い過ぎて乾燥させないようにしましょう。

膣の自浄作用を低下させ、正常なおりものの環境が悪くなります。

 2018年5月19日

BACK NUMBER


ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.