漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




新宿店 ブログ日記

蓮の花シーズン♪


こんにちは、太田です。
東京はずう~っと雨模様。そろそろ日差しも恋しいですが、又暑くなるようですね。

先日お寺で蓮の花を見つけて写真を撮ってきました。
IMG_1190

蓮の花って暑い最中に見ても凛とした姿に涼しさを感じますよね。
水辺に生える植物だからでしょうか。

蓮は古くから薬用として用いられてきました。部位によって名前が異なりますが、下に挙げるものはすべて蓮由来の生薬です。

●荷葉(かよう):葉っぱ
●蓮肉(れんにく):根
●蓮梗(かこう):葉柄
●石蓮子(せきれんし):果実
●蓮子芯(れんししん):種子
●蓮鬚 (れんしゅ):おしべ
などなど。

啓脾湯、清心蓮子飲には蓮肉が使用されています。

又、荷葉は「清熱解暑」に使われます。
蓮の葉といえば、以前ベトナムへ旅行したときに蓮の葉のお茶を購入したことを思い出します。
各地域の食べ物・飲み物には、それぞれの「理由」があって続いている習慣なんだろうなあ~、と考えるのも楽しいです。

そして、一番私たちに身近な蓮の食べ物といえばレンコン!
レンコンは加熱して食べることで吐き気や胃の不快感、下痢などにも良いとされていますし(食物繊維も豊富に含まれるので食べすぎには注意が必要)、生だと【清熱・潤肺・涼血】の性質がありますので生の絞り汁を咳止めに使ったりする民間療法もありますよね。

個人的には薄切りにしてカリカリに焼いたレンコンに、塩コショウをすると、ポテトチップスのように止まらない!ので大好物です。
よろしければオヤツやオツマミにお試しください。2017/08/21

アトピーのご相談、増えています


こんにちは、太田です。

早いもので7月も下旬。大暑を過ぎ「夏本番!」のお天気が容赦なく続いている東京です。
食欲が落ちたり、睡眠が浅くなったりとバテ気味の方もチラホラといらっしゃいます。

さて、こう暑い時期になるとアトピー性皮膚炎の方のお悩みで多いのが、

●皮膚が赤い・熱感がある
●滲出液が出る
●プツプツとした赤い湿疹ができる
●痒みが強い
●汗を掻くと痒い

お肌でお悩みの方は心当たり、ありますでしょうか?

夏場にお体の熱感や痒みが強くなる

睡眠に影響し、よく眠れない

翌日もぐったり、お肌も掻き壊しの跡がなかなか良くならず…

この悪循環に陥りやすくなります。

今、この季節にしっかりと漢方薬などでお肌のケアをしておくと、
秋冬の乾燥によるかゆみがグッと楽になります。
漢方薬以外でのケアは

●お肌に合ったローションなどで保湿する方法
●お肌に負担をかけない食事内容
●質の良い睡眠

これらも重要になりますので、このあたりも含めてご相談を承っております。
「痒みをガマンして掻かないようにしている」かた、お辛いですよね。
是非一度、ご相談ください。

s512_choju30_0024_11

ご予約はお電話で承っております
℡:03-3351-9886(10時~19時 日祝お休み)2017/07/24

七夕の笹、かざりました


こんにちは、太田です。
7月に入り、梅雨らしいお天気が続いております。
皆様、体調など崩されていませんか?

今週末はもう「七夕」。
最近お願い事を短冊に書きましたか?

image3 (2) FullSizeRender (3) FullSizeRender (4)

新宿店では、先日から大きな笹を店頭に飾っております。

皆様からのお願い事も募集しておりますので、
7月7日までの期間にご来店の方は是非楽しんで頂けたらと思います。

ご希望の方には笹の葉も差し上げておりますので、ぜひお声掛けください☆

IMG_1059

 

 2017/07/04

梅しごと。


こんにちは^^/座波です。

梅雨なのか?というほど天気の良い日が続いておりましたが、明日からは梅雨らしい天気がしばらく続きそうな予報です。

皆さん、いかがお過ごしですか?

最近はスーパーで赤しそや梅が並んでいるのをよく見かけます!

紫蘇ジュースを作ったり、梅酒や梅シロップを作ったりされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も今年は「梅しごと」しました★

以前和歌山県に住んでいたということもあり、南高梅でシロップ作りを決行。

ume

 

このままでも、梅の香りがほのかに広がります。

私は、氷砂糖と少しお酢を足して梅を漬けました!

IMG_9252

毎日、出かける前と帰宅後に美味しくなるように念じながら動かしています。

 

梅も沢山の効能のある食材で、夏の養生にもオススメです★

汗をよくかくタイプには、この酸味の収斂作用により毛穴を引き締めて発汗をコントロールすると言われています。

また、喉の渇きを癒やしてくれて、食欲&消化のアップを助けてくれるので、夏バテ気味の方にもオススメ!

クエン酸を豊富に含んでいるので、スポーツやレジャーを楽しんだ後の疲労回復にもいいですよ~♪

 

さて、この梅たちがどうなっていくか!?梅雨でもなるべく楽しみながら過ごしたいと思います。

 

簡単ですので、皆さんも是非お試しください★

完成したら、梅シロップを使ったレシピをご紹介出来るように頑張ります^^/

 

 

 2017/06/26

クチナシの花の季節ですね


こんにちは、太田です。
梅雨に入ったはずなのですが…、雨があまり続きませんね。

昨日雨の降る夜道を歩いていた所、いい香りが漂ってきて、みつけました。クチナシ。
春の沈丁花(ジンチョウゲ)、夏の梔子(クチナシ)、秋の金木犀(キンモクセイ)と称される3大香木の一つでもあります。

夜になると香りが強くなるなあと思っていたのですが、これ、実は夜のうちに虫を集めて受粉を手伝うためなんですって!
私もまんまと香りにおびき寄せられ、写真を撮ってきました。
IMG_0937

生薬としては、この八重ではなく一重のコリンクチナシの果実を乾燥させたものを使用します。
八重のクチナシ・オオヤエクチナシは実が生らないため利用できません。
FullSizeRender (21)
写真は漢方薬に使用する山梔子(サンシシ)。丸っこくてコロコロしてますね。
他に水梔子(スイシシ)と呼ばれる細長い形状のものがありますが、こちらは沢庵や栗きんとん等の着色に使用するようです。

サンシシは清熱瀉火・涼血解毒薬として使用しますので、アトピーのようなお肌に赤い症状が出る方にお勧めする漢方薬、温清飲・黄連解毒湯・清営顆粒などに含まれています。
seiei_thumb

皆様も、クチナシのお花を見かけたら、栗きんとんや沢庵だけでなく、漢方薬も思い出してみてくださいね。2017/06/19
1 / 8812345...102030...最後 »

ikanpoは漢方のイスクラ漢方薬局(東京)がご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(東京 日本橋・六本木・新宿・中野・新宿)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.