漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




新宿店 ブログ日記

勝湿顆粒の季節・・・


こんにちは、室伏です。

6月になりました。
今年は例年より梅雨入りが早い地域もあり、
関東でも今週末には梅雨入りとの予測が出ていますね。

最近、「そろそろ梅雨なので・・・」と
勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)をお求めになるお客様が増えています。
慣れてくると体質を把握し、ご自身で予め対処できるようになるのも
中医学の良いところです。

なぜ、梅雨の季節は勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)をお求めのお客様が増えるのか?
それは、勝湿顆粒が体の中に溜まった湿気を取り除いてくれるからです。

恵みの雨はないと困るものですね。
でも、梅雨の時期は洗濯物が乾きにくくなるように、
お体の中にも湿気が溜まってしまうことがあります。
毎年、梅雨の時期になると、なんとなく重だるく調子が悪い。
食欲がなくなり、お腹が緩くなったり、吐いてしまったりする・・・
そんな症状が出たら、湿気が溜まっているサインかもしれません。

中医学では、このような場合、
「湿邪(しつじゃ)」という邪気(じゃき)が原因と考えます。

これは、スタッフの車田さんが書いてくれた湿邪のイメージです。
名付けて「タンシツ小僧」。


P1080416

かわいいので、私はお気に入りなのですが、
なんとなくジトーッとして、しつこそうな感じ、伝わってきますよね。

この湿邪が私達の体内に侵入すると、
食欲不振、下痢、嘔吐、全身倦怠感などの症状が出てきます。
しかも湿邪の性質はしつこいので、一旦かかると症状が長引く
という特徴もあります。

だったら、湿邪を追い出してしまおう!というわけで、
『勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)』の出番です。

P1080412

この勝湿顆粒、医療用の漢方薬にはありません。
中国では、藿香正気散(かっこうしょうきさん)という名前で販売されています。
中医学の某テキストには、
「このような処方を保険適用エキス剤にしないのは非常にもったいない」
と書かれています。
医師の先生がそう仰るくらい使いやすく、よく効くということなのでしょうね。

味もよく、小さなお子様にも使えます。
夏の胃腸型の風邪にも使えるので、
この時期、薬箱の中に入れておくと安心です。
また、旅行に行くとその土地の水が合わず、いつも下痢する・・・
なんていう方にもオススメです。

ちなみに、湿邪は外からの湿気だけでなく、
ビールやアイスクリームなど、冷たい飲み物、食べ物の摂り過ぎ
でも発生します。これらを控えめにするのも養生として大切です。

今日は、梅雨の時期のお助け漢方『勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)』を
ご紹介しました。
なお、体質や症状により、別の漢方をお勧めする場合もあります。
お気軽にスタッフにご相談くださいね。2018/06/04

面白い花を見てきました


こんにちは、太田です。
新緑も深まり、まだ暑すぎずいい季節ですね。

私は先日、勉強会で筑波実験植物園へ行ってきました。
筑波実験植物園は樹木が多く、温室も広く、そしてこのシーズンの見ごろであるクレマチスやバラが沢山咲いていてとっても華やかでした。

今回は、「面白い花」(太田が勝手に選びました)をご紹介いたします。
①ヒスイカズラ
まるで絵の具で塗ったかのような鮮やかな青!蕾もなんだか鳥の爪のようで不思議でした。
IMG_9613

IMG_9614

 

②カカオ
幹や枝から直接咲く花はとっても小さいけれど、実はとても大きくて立派。実はよく見かけますが、花は初めて見ました。
IMG_9609

IMG_9610

 

③ショウブ
最後にご紹介するのが菖蒲湯に使われ、生薬名「菖蒲根」として使用されるショウブ。ショウブも開花中。
お分かりになりましたでしょうか。香りがよく「芳香開竅」(ほうこうかいきょう)のはたらきがあります。
IMG_9601

菖蒲

花ひとつをとっても、それぞれ個性的で自生する環境に適応してきたのだなあ、と植物園を廻って感じました。
きっとお近くの植物園や公園でも、見ごろのお花は沢山あると思います。
お出かけになってみては如何でしょうか♪

最後におまけで満開のヤマボウシ。葉の緑に白い花が映えていて、とってもきれいでした。
IMG_96242018/05/22

さくら舞う 御苑の春


こんにちは。車田です。
先週は、寒の戻りで雪が降ったりしましたが、ここ最近はもう春に切り替わったと実感できる日々が続いていますね。

今日はとっても良いお花見日和✿
日本の桜の開花日は2000年頃からどんどん早くなっているようで、これからの学生たちは、入学式というよりは、卒業式に桜が満開。。
という感覚に、なっていくのかもしれません。

やや感傷的になりやすい春ですが、それは肝が弱りやすい季節でもあるからです。
寒暖の差から自律神経のバランスを崩したり、気圧の変動の激しさから風が強く吹くため、めまいや頭痛など頭部に症状が出やすいということもあります。
黄帝内経にもあるように、春はゆったりとした服装を心がけて、こころにもからだにもゆとりをもたせることが大切です。
日向ぼっこしながらお昼寝なんていうのも良いですね。
陽の気を沢山取り込んで、体も春仕様に切り替えていきましょう。

と、いうことで、私も桜が散ってしまう前に、早速新宿御苑へ行ってきました!

最後のさくらクレープは、期間限定のもので、御苑内の売店で購入できます。
さくらの塩漬けが入っていてとっても美味しかったです。
みなさんも、春を存分に楽しんでください。

御苑

さくら

さくら2

さくらクレープ2018/03/30

もうすぐ春ですよ~!


こんにちは、太田です。
2月もあっという間に過ぎ去ってしまい、もう3月になりました。
西日本では春一番が吹いたようですね。

花粉症の方は症状も辛くなってくる頃かと思いますが、これを乗り越えればポカポカ陽気の春!
と思えば乗り越えられますでしょうか…。

先日、私は家の近くの梅祭へ行ってきました。
花盛りの紅白のたくさんの梅を見て、春を感じました♪

梅の実は、さまざまな活用方法がありますが、生薬として「烏梅」(うばい)として下痢止めにも用います。
未熟な実を燻製・乾燥させてカラスのように真っ黒になるためこの名がつけられたそうです。

梅祭ではいくつか写真を撮ってきましたので、春を感じていただければと思います。

IMG_9558

IMG_9560

IMG_9563

IMG_9565

IMG_95542018/03/01

スギ林 ~再生~


こんにちは!
2月から新宿店で実習させていただいております、
研修生のタテバヤシです。
立春を過ぎ、陽の光が日に日に濃くなり、一歩づつ
春が近づいている感じがします。

我が尊敬する太田店長が2年前の今頃、新宿店にスギ林を登場させ、
激震が走りましたが・・・(過去のスギバヤシはこちら→

今日のこの日、お日柄も良く・・
じゃーん!再び登場~!

花粉の森写真2

私、タテバヤシがスギバヤシをつくりました~♪

スギ花粉の森~
ふっふふー♪
花粉、わっさわっさ飛んでます~!
はい、性格悪いですね。
花粉症の方、ごめんなさい。

でもこんな花粉の森を歩いても、イスクラの
「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」があれば大・丈・夫!

1.体表にバリア(気)を張り巡らせて、アレルゲン(花粉)の侵入を阻止
2・ アレルゲン(花粉)に負けないよう免疫力を高め、内側からブロック

二本立てで花粉に立ち向かいます。
さ・ら・に
環境の変化に弱く、すぐ風邪をひく
何かと忙しく疲れ気味、でも風邪をひきたくない。
という方々にも、板藍茶と一緒に飲んでいただくとダブルで安心です。
ぜひぜひお試しください。

研修の集大成ともいえる私の力作
”スギ花粉の森”も見に来てください!
エアコンの風にあたって花粉感がリアルです。

お待ちしてます♪

花粉まみれ2018/02/17
1 / 9012345...102030...最後 »

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.