漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




Blog 新宿店

本日のおやつ


皆さま、こんにちは。
寒くなってきましたね。
新宿店は、風邪や咳でお悩みのお客様が増えてきました。
体調はいかがですか?

さて、今日は、スタッフのおやつをご紹介します。

最近、新宿御苑にオープンした「糖水堂」さん。
ネット情報では、タピオカミルクティーが美味しいという噂。
お店の前を通る度に気になっていたので、行ってみました。

メニューを見ると、いろいろな種類のミルクティーが・・・。
目移りしているうちに、なんと「亀ゼリー」を発見!!

お肌の潤いが気になる今日この頃、
「これは、亀ゼリーを食べるしかない!!」
ということで、買ってきました。

DSC_0405

真っ黒です!
器も黒のため、画像では何がなんだかわからないかもしれません。
ごめんなさい・・・。

見た目はコーヒーゼリーのよう。
食感はやや固め。味はちょっとほろ苦い感じです。
生臭さは全くありません。
そのままでもほんのり甘みがありますが、
「お好みでどうぞ」とつけていただいたハチミツを少しかけて
食べてみると、とっても美味しかったです。

亀は不老長寿の象徴。中国では昔から補腎精薬(ほじんせいやく)
=「腎精(じんせい)」を補う薬として使われてきました。

「腎精(じんせい)」とは、成長・発育・老化、内分泌、免疫系に
関わる基本的な物質で、「生命の源」のようなものです。
いつまでも、若々しくあるためには、
この「腎精」がたっぷりあることが重要とされています。

晋代(265年~420年)の医師である葛洪先生の母親は
生来病弱でしたが、亀板甲を3日間煎じてシロップ状になった
亀板膠を飲ませると1週間ほどでみるみる元気になった
との記述が残っています。

イスクラ薬局では、亀板膠(きばんきょう)の他、
スッポンの膠(にかわ)である鼈甲膠(べっこうきょう)、
鹿の角の膠である鹿角膠(ろっかくきょう)を含んだ
「亀鹿仙(きろくせん)」を取り扱っております。

DSC_0406

黒糖風味で甘く飲みやすいお味です。

これから秋が深まり、冬に向かいますが、
五行説で考えると、冬は「腎」の季節。
「補腎」して、積極的な「腎」の養生しませんか?

ご質問等ありましたら、いつでもお問い合わせください。

イスクラ薬局 新宿店
TEL:03-3351-98862018/11/22

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.