イスクラ薬局(東京)

お知らせ | イスクラ薬局 中野店NEWS

お知らせNEWS

第57号2/25/2007(毎月25日発行)

3月のイベント情報

少しづつ暖かくなり、春の気配を感じますね。この時期になると、意欲がわいてきて、
何かイベントはないかなと思っている方も多いのではないでしょうか。
 そんなあなたのために、イスクラ薬局中野店では2つのセミナーをご用意いたしました。四季と深い関わりのある中医学を学び始めるのにも、
ちょうど良いタイミングですよ。
【その1】
・中医学きほん講座その2
 これまで何度か開催しております「その1」の続編ですが、初めての方でも大丈夫。一緒に学びましょう。
 日時:3月10日(土)14:00~16:00
       24日(土)
     4月 7日(土) 
       21日(土)
     5月12日(土)
       26日(土)
 内容:五臓の生理と病理
 受講費:全6回分 5000円
【その2】
・メタボリックシンドロームの捉え方
 水曜日を担当している中医学講師・鄒先生によるセミナーです。ご参加の方には、おいしいおまけと血球測定もついてきます。
 日時:3月28日(水)14:00~16:00
 受講費:500円
 定員:20名
 スペースの関係上簡単な説明のみになってしまいました。ご不明な点、参加のご希望
は随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

店長のひとりごと

私の高校時代の友人のお姉さんは医療過誤により亡くなっています。昔から喘息様の症状で苦しんでいたのですが、
現代医学では原因をつかめきれず、「精神病」の疑いもあるとされて長年にわたり治療を受けていました。ただ、実際の顔色や受け答え、
それに酸素飽和度(簡単に言えば血中の有効な酸素の量。低下していると酸素が体に行きわたっていない事を示します)の数値から考えても、
単なる精神的な問題から起きている異常と診断するには無理があったそうです。
 ある時に発作が続き入院しました。症状を抑えるために、常識では使わない量のステロイドを大量に投与されていたのですが、
精神的な問題も疑っていたその病院の医師は、簡単な血液検査を何週間も行いませんでした。
そのような非常に体に負担をかける治療を続けたために、敗血症(全身が細菌に侵される病気)を起こし、ついには亡くなってしまったのです。
補足しますとステロイドは免疫を抑制する薬であり、炎症などの過剰な免疫反応を抑える優れた効果を発揮する代わりに、
慎重に用いないと低下した免疫機能の隙をついて細菌が増殖してしまうのです。
この担当医師はその可能性を知っていたにもかかわらず検査を怠っていたという重大な過失があると思われ、他の医師からも非難されています。
詳しくは私の知人が作ったHP(http://www.asahi-net.or.jp/~jb8s-wtnb/
に、この事件の詳細を公開していますので、宜しければご覧ください。なお、このお話は「生命のダイアリー」
という題名でコミックでも発売されています。
 医療は完全ではありません。この事件は医師が最低限必要な処置を怠ったという事実があると思いますが、人は間違いを犯すものでもあり、
このような事例は完全には無くならないでしょう。自分の体や家族を守るために、私達も賢くならなければならないというこ
とかも知れません。
         ≪萬代≫

*** お料理コーナー ***

花粉の飛び交うこの季節、花粉症の方にはつらい時期ですね。今大丈夫な人でも、不摂生をしていると免疫力が低下し、
今年から花粉症デビューしてしまうかも知れません。次のことに注意しましょう。
・体を冷やす冷たい食べ物は控える
・酸化した油は避ける(スナック菓子、ポテトフライなど)
・免疫力を高めるきのこ類を積極的に摂る

編集後記

気づけばもう3月、東京では雪を見ることなく春が来てしまいそうです。
春は自由にのびのびと過ごすのが良いですので、何か習い事などを始めるのにとてもいい時期です。しかし、精神的にも変化しやすい時なので、
逆に不安定になってしまうことも。そんな時は、「こういう時期なんだ」と深く考えないことです。冬を引きずって縮こまっていてはダメですよ。

2007/02/25

第56号1/25/2007(毎月25日発行)

リスブラン化粧品

お店の奥にさりげなくおいてあるスキンケア化粧品。気になる、使ってみたいと言ってくださる方が最近増えています。そこで今回は、
目先を変えてこちらの商品を少しご紹介したいと思います。 この化粧品たちは、山梨県八ヶ岳山麓の『女取湧水』を使用した「リスブラン」
の商品。水分子のクラスターを普通の水よりもずっと小さくして肌への水分の浸透力を高め、細胞を活性化させる「PWS(パン・ウォーター・
システム)」という独自の方法で処理を施してあるのが特徴です。限りなく生体に近い水でお手入れをすることで、
自然治癒力を最大限に引き出すのです。添加物は原則として使用せず、やむを得ず使用する場合も最低限にとどめてあります。
基本ラインは、お肌に柔らかさを取り戻す【カルシウムライン】、保湿効果の高い【フィトナモフライン】、皮脂分泌の盛んな方用の
【PWSシリーズ】、特に敏感な方向けの【ノンEシリーズ】の4タイプですが、それぞれを組み合わせて使用することももちろん可能です。
各商品サンプルをご用意しておりますので、試してみたい方はどうぞお気軽にお申し出くださいませ。漢方薬と一緒に使っていくことで、
お肌本来の回復力を実感できますよ。

店長のひとりごと

先日の新聞に、朝鮮人参が含まれている市販商品中の有効成分の量を国民生活センターが調査したという記事が載っておりました。
それによると、調査した21品目に含まれる有効成分(ジンセノサイド)の量に大きな差があったとのこと。また残留農薬も検出されたため、
購入される時には十分注意する必要があるとの見解も挙がっていました。
朝鮮人参(高麗人参、オタネニンジンとも呼ばれます)は、古くから健康食材として使われてきた経緯もあり、比較的規制の少ない「健康食品」
として様々なメーカーから発売されています。皆さまの中にも手軽に飲める滋養強壮薬として、試したことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、中医学上では、朝鮮人参は使用するときに十分な注意が必要なお薬として扱われています。今回の調査の報告書には
「摂取の際には少量から試し、気になる場合には医師や薬剤師に相談し、安易に自己判断をしないこと」となっており、
今の無秩序な状態に一石を投じた報告であったと思います。
ただし気になるのは、有効成分の量から商品の良し悪しを計っていることです。確かに微量の有効成分を測定し、
効果の基準とすることは現在の科学では常識ともいえます。しかし、生薬は様々な成分の複合体としてその相乗効果を発揮しますから、
現代科学でその価値を測ることには無理があると思うのです。その生薬が取れた産地や等級、処理方法などから検討することが肝要です。

とはいえ、一般の方にわかりやすい方法でその信用性を提示することも必要で、今後の課題となるでしょう。
現時点では信頼できるメーカーの商品をご購入されることをお勧め致します。 

 *** お料理コーナー ***

2月といえばバレンタインデー。デパートのチョコ売り場の試食し放題には幸せを感じます。しかし、チョコレートは「湿熱」
となりやすく、そのためニキビや鼻血の原因になることがあります。そこで一工夫。チョコレートケーキやマフィンを作るとき、
小麦粉にハトムギ粉を少し混ぜ込んでみてはいかがでしょう。ハトムギ(ヨクイニン)には、「湿熱」をとり、
お肌をきれいにする効果があるのです。せっかく手作りするのだから、おいしさだけでなく健康も一緒にプレゼントしたいですね。

編集後記

最近、鳥インフルエンザ関連のニュースが増えてきました。ワクチンは後追いになるので対応しきれないとか…。
ご存知の方も多いかと思いますが、感染病対策には板藍茶。これだけで多くの感染病をまとめて予防することが出来るのです。
耐性のできたウイルスは、冬だけでなく一年中活する可能性があるようですので、一家に一袋の常備をおすすめします。

2007/01/25

第55号12/25/2006(毎月25日発行)

霍乱の病(らんかくのやまい)

年末年始、皆さまお忙しくお過ごしのことでしょう。今冬は、感染性胃腸炎が流行してしまっていますね。東洋医学には「霍乱の病」
といわれるものがあります。『嘔吐して下痢し、下痢が止んだと思うと発熱するもの』を「霍乱」といい、
今年のような不安定な天候によってもたらされる病とされています。陰陽のバランスが乱れ、『脾』が冷えてしまった、
あるいは熱を持ってしまった状態。この「霍乱の病」の症状、ノロウイルスによる胃腸症状にそっくりです。
厚生労働省の情報によりますと、ノロウイルスは牡蠣などの二枚貝に多く存在し、潜伏期間は24~48時間、次亜塩素酸ナトリウムまたは熱湯
(85℃以上、1分以上)での消毒が有効とのことです。
漢方薬は症状によって使い分けますが、主なお薬は『勝湿顆粒』、そして感染予防に広く使用できるのが『板藍茶』。
インフルエンザの予防もでき、さらにノロウイルスにも対応できてしまうなんて、これは飲まなきゃ損ですね。疲れやストレス、
暴飲暴食でも低下してしまう免疫力は漢方の力で補いましょう。
消化器系が弱くなると、皮膚疾患も悪化する傾向がありますので、アトピー性皮膚炎の方などは特に注意してお過ごし下さいね。

店長のひとりごと

12月に私の長女は無事2歳の誕生日を迎えました。この場で出産の時のお話をしたので、
現在でも気にかけていただいているお客様もいらっしゃり、本当にありがたく思っております。先日までは「何歳?」と尋ねると「いっしゃい!」
と叫んで人差し指を一本突き出していましたが、誕生日を過ぎてからも同じ受け答えをするため、「にさい」
が言えるようにまた教えこまなければならないので大変です。特に指で「2」を作るのは難しいらしく、
一人で指をピクピクさせながら頑張っています。おかげさまで風邪もほとんど引きませんが、これは毎朝欠かさず衛益顆粒を1包
(大人量なんですが…)おいしく飲んでいるからでしょうか。口を大きく開けて待ち構えています。
他の漢方薬も大好きで杞菊地黄丸という蝋丸のお薬は私の分を欲しがるので1/4丸ほど与えています。非常にクセのあるお薬なのですが、
くちゃくちゃ満足そうに噛んでいます。環境とは恐ろしいものですね。
子供が生まれて一番の収穫といえば、育児の本当の大変さを身をもって体験することが出来たことです。妻の一番大変そうな時期には、
道行く人を「お母さんやお父さんのこんな苦労の元にみんな育ったんだな~」と妙に感心して見入ってしまったほどでした。
周りの知人やお客様から聞いて感じてはいたものの、やはり本当に体験すると改めてその大変さを実感するものですね。
もちろんそれと同じくらい楽しいこともいっぱい。せっかくこのような経験が出来たのですから、そこで得た感性を生かして、
これからのお客様のご相談にあたりたいと思っております。
             ≪萬代≫

*** お料理コーナー ***

表の題材でもあった感染性胃腸炎やこの時期に陥りやすい暴飲暴食でダメージを受けてしまった「脾(=消化器系)」の養生は、【温、燥】
が基本です。おすすめの食材は、殺菌の効果もあるシソ、生姜、にんにくなど。牡蠣もこれらの食材とご一緒にどうぞ。
食べすぎな日が続く場合は、消化を助ける大根やキャベツもよいでしょうちまたでは「キャベツダイエット」などというものもあるようですが、
寒い冬に負けないよう、バランスのよいお食事を心がけましょうね。

編集後記

二〇〇六年度も、イスクラ薬局中野店をご愛顧いただきありがとうございました。お見えになる方ではお顔の色や表情の変化に喜びを感じ、
お見かけしなくなった方では漢方薬の必要がなくなるほどお元気になられたことと察して、少し寂しく、そして嬉しく思っております。

最後になりましたが、二〇〇七年もよろしくお願い致します。

2006/12/25

第54号11/25/2007

体からの乾燥シグナル

立冬も過ぎ、冬支度を本格的に始める時期になりました。外気や室内の乾燥が顕著な冬は、お肌にとって最も過酷な季節。
乾燥はお肌のバリア機能を低下させ、肌トラブルや皮膚疾患の悪化を起こしやすい状況をつくってしまいます。
アナタのお肌の乾燥度はどうでしょう。以下の項目をチェックしてみてください。
★乾燥肌チェック★
□足のすねに白い粉がふいている
□いつもエアコンの効いた部屋にいる
□唇やのどが渇きやすい
□かかとがかさかさしたりひび割れている
□お肌がつっぱる
□お肌に赤みやかゆみを感じることがある
□便秘がち
□睡眠不足
□辛いものや揚げ物が好き
□のぼせやすい

いかがでしょうか。3個以上の場合は天然のビタミンたっぷり「紅沙棘」がおすすめですよ。

店長のひとりごと

  11月の初め、金沢にて大学の恩師の古希祝いに参加いたしました。まあ、お祝いという明目での同窓会なのですが、
せっかくの集いの場を利用して研究室のOBの先生方による講演会も併せて開催されました。
 その場で、久しぶりに最近の研究成果の発表を聞き、いろいろと考えさせられました。
私は放射線によるDND損傷の分野の研究に携わっていましたが、
私が学んだ時から10年近く経っても分かっていないことは非常に多いということを改めて認識しました。
人間の体内のメカニズムは本当に複雑であり完全に解き明かすことなど不可能なのでしょうね。
さらに驚いたことは私が大学時代に教科書で学んだことが間違いであったという事実が明らかになってきたということです。
これも人体の仕組みが一元的には考えられないことを表しているように感じます。一方、
科学技術を使った素晴らしいシステムの登場には目を見張りました。
データーベースを使っての高速処理などは非常に進歩しているといえるでしょう。
 こういった最先端の研究に触れると、科学的なアプローチから病気を治すことも重要だし、
その力の限界を知って漢方のような方法で治療していくことも必要であることを改めて実感させられます。
わからない事をひとつひとつ解き明かしていくことは非常に面白く、私自身、今でも研究に対する興味はありますが、
そちらは他の人に任せて私は漢方の世界に身を投じて良かったと思っております。            ≪萬代≫

*** お料理コーナー ***

寒い冬には、お鍋を囲むご家族が多いことでしょう。みんなでつつき合う鍋料理は、家族全員の食養生をおこなうよい機会です。冬は「腎」
を補う食養生が基本。食材選びに困ったら、「補腎鍋」を作ってみてはいかがでしょうか。
≪おすすめ食材≫
カキ、イカ、海老、ラム肉、牛すじ、豆腐・豆乳、ゴマ、山イモ、くるみ、松の実、ナッツ類 など・・・意識して摂ることで、
効果は倍増します。塩分控えめでどうぞ。

編集後記

早いもので今年も残すところわずかとなってまいりました。この時期になると、
今年やり残したことはないかとなぜか焦ってしまいませんか。普段から気長に少しずつやっておけば・・・これってまさに中医学的発想。
漢方薬も食養生も、なかなか変化に気づきにくいですが、振り返った時に違いを実感できることでしょう。

2006/11/25

第53号10/25/2006発行

新しい先生のご紹介

10月より、イスクラ薬局中野店では新しい中医学講師の先生が相談を担当しております。
 それでは、以下簡単ですがご紹介をさせていただきます。
【鄒 大同(すう だいどう)先生】
1955年6月 中国江蘇省揚州市に生まれる。
1982年12月 中国南京中医学院(現・南京日本中医
      薬大学)卒業
      江蘇省揚州市中医院の内科中医師、主治
      中医師、副主任中医師、腫瘍内科副部長
      を歴任。
1996年4月 来日。日本医科大学大学院にて肺ガンの
      研究。
2004年5月 日本医科大学大学院医学博士学位取得。
      内科全般のほか、ガン関係の論文多数。
 中野店では毎週水曜、10時から18時までご相談を行っております。「鄒先生についてもっと知りたい!」という方は、
どうぞお気軽にご連絡下さいね。とても話しやすく信頼できる先生ですので、お話だけでもなさってみてはいかがでしょうか。

店長のひとりごと

さる10月20日、全6回にわたって行われました「中医学きほん講座その2」が終了しました。途中で講師の変更があり、
皆さまにはご迷惑おかけしましたが、最終日に行われた「認定テスト」で合格点を取り、見事修了された方が3名いらっしゃいました。
A4で4枚の非常にボリュームのあるテストに合格されたのですから、胸を張って宜しいかと思います。
これからはご自身の健康維持に中医学の知識を役立てて頂く事はもちろん、ご家族・ご友人の健康相談にもぜひ活用されて下さいね。そして、
より中医学が世間に普及することに一役かって頂ける事を、講師を担当させて頂いた私よりもお願い致します。
 なお「中医学きほん講座その1」での合格者は現在までに13名を数えています。「その2」を受講されると、
より病気への対処法が理解しやすくなると思います。今後の「その2」の開催については準備が整い次第、ご案内差し上げるかと思いますので、
ぜひチャレンジして下さいね。なお「その1」をもう一度曜日を変更して開催することも検討中です。
今回は都合が合わずに参加できなかった方、受講していたけれど途中で断念してしまった方、
すでに合格したけれどもう一度復習したい方々も大歓迎致しますので、ぜひ受講されて下さい。皆で楽しく中医学を学びましょう!
 最後になりますが、先月号まで3回にわたってこのコーナーで風邪を引いた話を致しましたところ、
数名のお客様から温かいお見舞いの言葉を頂きました。おかげさまで既に完全に復調しております。ありがとうございました。
            ≪萬代≫

*** お料理コーナー ***

そろそろ海のミルクともいわれるカキが多く出回る時期になってきました。あまり知られていませんが、カキはerのつく月
(September,October,November,December)の間が旬の時期。その殻は生薬「牡蛎(ボレイ)」
として使われています。
 カキの性質は甘鹹、平性で、「陰」を補い「血」を養う効果があり、気持ちを落ち着かせる作用も知られています。
今のような乾燥の強まる時期には是非取り入れたい食材。カキフライやグラタンなど、殻を器にするのもオシャレですね。

編集後記

11月24日で、当店は 周年を迎えます。これも、ひとえに日頃ご愛顧いただいている皆さまのおかげ。
感謝の気持ちを込めまして、この時期にはささやかながら記念感謝祭を考えております。感謝祭は約一週間行う予定ですので、
どうぞ楽しみにしていてくださいね。イスクラ薬局中野店の日もお忘れなく。

2006/10/25

イスクラ薬局の運営会社情報

運営会社 イスクラ産業株式会社(英文会社名:lSKRA INDUSTRY CO., LTD.)
本社所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目14番2号
設立年月日 1960年3月1日
事業概要 ロシア・CIS諸国・中国との医薬品、医療機器、化学品の輸出入
中成薬(中国漢方製剤)、健康食品、スキンケア製品の製造、販売