漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




中野店 ブログ日記

セミナーに参加してきました!


こんにちは!

イスクラ中医薬研修塾32期生の上村です。

8月の後半から10月まで中野店でお世話になっています。

 

今日は中野店の手塚店長と、六本木店の中神店長が講演する、『秋冬の漢方的養生とツボ押しセミナー』に参加してきました。

IMG_4471

 

お二人とも直前でもあまり緊張されていない様子…。

IMG_4455-2

 

 

前半は手塚店長が中医学の考え方や、秋冬の過ごし方、日々の養生方法などをわかりやすくお話しされました。

IMG_4457-2

特に印象に残ったのは、養生の基本(睡眠・食事・運動)のうち、食事について。

「腹八分目」がいいとはよく聞きますが、どのくらいなのか、なかなか難しいですよね。

腹八分目とは、食後、

  • 苦しくならない

  • 重だるくならない

  • 眠くならない


の3つに加えて、「最初は腹六分目を目指すと八分目になりますよ」という言葉が印象的でした。

秋は美味しいものばかりで、いつもちょっと食べ過ぎてしまう私・・・お腹が重だるくなることがよくありますので、六分目を目指して調整していきたいと思います。

 

後半は中神店長が秋冬によいツボを6つ教えて下さいました。

ツボは自分で押しても、本当にここでいいのか?ちょっと自信がなかったりしますよね。

わからない方には「よろしければ直接押しに行きますよ!」とおっしゃって押して下さったので、皆様とても納得されていた様子でした。

 

こんな感じで直接床に腰を下ろしながらのアドバイスも…。

IMG_4469-2

初めて聞いた「列缺(れっけつ)」のツボ。

ここを押すと10ある喉の痛みが5くらいに減るそう。私は喉が急に痛くなるので、症状が出たら押してみようかと思います。胸がなんだかもやもやするときにもいいそうです。

中医学には「三分治 七分養(さんぶち しちぶよう)」という言葉があり、3割は薬で治るけど、7割は養生で治すという意味だそうです。

日々の食事や睡眠、運動など養生を心がけている方は、漢方薬の効きも何もしていない方とでは大きく差が出るそうですので、できるところから始めていきたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018/10/23

10月20日(土)まもなくセミナー開催!


こんにちは!

10月中旬に入り、朝晩はヒンヤリしてきました。
日中はまだ温かい日もありますが、体を冷やさないようにしてくださいね。

さて、きたる10月20日(土)に、昨年ご好評をいただきました秋冬の漢方的養生とツボ押しセミナーが開催されます。
今年もなかのZERO 笑いと健康フェスティバル2018に参加する形で、当店店長と六本木店店長のコラボ講座を提供いたします。

今回の講座では、日常にすぐ取り入れられる養生方法やツボ押しなど盛りだくさんです。
皆さまお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください!

 

お申込みはこちらまで。
なかのZERO事業課
03-5340-5043、
(受付時間:10:00~19:00 土日含む)

詳しくはこちらをご覧ください。

2018 秋冬の漢方的養生とツボ押し講座2018/10/15

不妊症スクーリングとオープン講座


こんにちは。

この週末は2日にわたる中医不妊症お茶の間講座のスクーリングとオープン講座に参加してきました。

土曜日のスクーリングでは症例検討を行います。全国から集まった参加者が4班に分かれて提出された症例についてグループディスカッションをします。

私は、婦人科や内科を問わず特に問題がないにも関わらず体外受精をしてもなかなか着床しない着床障害の症例を提出しました。同じ班の方の有効であった経験や思いがけない観点を教えて考え方をうかがい、中医学講師からのアドバイスを頂いてきました。

日曜日のオープン講座は、午前はイスクラ薬局の中医学講師による講義でした。
「不妊症の適確医療に従った周期調節法の中成薬対応」劉伶先生
「妊娠力を改善する補腎活血」王愛延先生
「妊娠に相応しい子宮内膜の対策」張立也先生のお話は着床障害にとても参考になる内容でした。

不妊症オープン講座

午後は大橋一友先生による「生殖と老化 卵子・精子・子宮の変化」をテーマにした講演でした。

大橋先生は大阪大学医学部保健学科教授でいらっしゃり、日本不妊カウンセリング学会では不妊カウンセラーや体外受精コーディネーターの養成を行い、不妊症で悩むカップルの支援を行っていらっしゃる方です。ハキハキしたわかりやすい口調で、「加齢」と「老化」は異なり、性成熟期以降に起こる加齢による生理機能の低下で個人差が大きいのは「老化」のほうであること、老化が子宮や卵子や精子にどう現れてくるのか、妊娠と高血糖、糖代謝異常や喫煙と不妊の関係などについてお話してくださいました。

内容が盛り沢山なので、すぐしっかり復習して、明日からの店頭業務に活かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 2018/08/28

睛明丹のチカラ


こんにちは。目の健康に注意しておりますイスクラ薬局中野店です。

眼のお悩みには、「飲む目薬」といわれる杞菊地黄丸がおなじみですが

6月に新発売になった星火睛明丹(せいかせいめいたん)も大変喜ばれております。


中医学理論に基づいた動物・植物性素材の組み合わせに

カロテノイド色素類を配合した健康食品です。

睛明丹写真

☆こんな症状にお悩みの方に好評です!☆

からだがフラフラするようなふらつき感がある、靴下を穿こうと下を向くとめまいがする、仰向けで寝るとグルグル回る、眼を酷使する仕事をしている、眼が充血しやすい、目が疲れる、肩がこわばる等

体質と症状によって合うお薬が変わりますので、詳しくは店頭に出おたずねください。

 

星火睛明丹(せいかせいめいたん)


石決明 [性味]鹹、微寒 [帰経]肝・肺 [効能]平肝潜陽 退翳明目

白僵蚕 [性味]鹹・辛、平 [帰経]肝・肺 [効能]熄風解痙 化痰 祛風泄熱 消腫散結

草決明 [性味]甘・苦・鹹、微寒 [帰経]肝・胆・腎 [効能]清肝益腎 祛風明目 潤腸通便

酒黄精 [性味]甘、平 [帰経]脾・肺・腎 [効能]補脾胃 益脾陰 潤肺止咳 補腎益精
(神戸中医学研究会編著『中医臨床のための中薬学』東洋学術出版社 2011年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018/08/09

熱中症予防にスイカ!


毎日毎日本当に暑いですね。

体にまとわりつく湿気、息が詰まりそうになります。

皆さん、熱中症にはお気をつけくださいね。

 

大汗かきますが、暑いからと冷たいものばかり飲むのはよくありません。

中医では冷たいものは脾胃(消化機能全般)を傷めると考えます。

「冷たいもの」とは体温より温度が低いもののこと

キンキンに冷やしたものは食べてないから大丈夫、というわけじゃないんですね。

 

ただでさえ暑くてバテているのに、脾胃が弱るとますます食欲はなくなり、

倦怠感・むくみ・むかつき・軟便などの症状も出てきます。

脾胃を守りながら上手に水分補給をしましょう。

すいかのイラスト「丸々すいかとカットすいか」

おすすめはスイカ

漢方には熱が高く・大汗かいて・口渇もひどい時に使う「白虎湯」という薬がありますが、

スイカは「天然の白虎湯」と言われ、暑熱を取る食材のイチオシです。

冷たい飲料は飲んだその時は爽快感がありますが、すぐまた熱感が戻り、飲みたくなります。

水分の摂りすぎはお腹がチャプチャプになって、もっと食欲がなくなってしまう。

その点、スイカは食べると不思議なくらいすーっと体の熱感が引いていくんですよ。

そのままかぶりついたり、白い部分は料理に使ったりして、熱中症予防に上手に取り入れてみてください。

スイカの皮の酢の物CIMG4082

(でも冷蔵庫から出したての冷え冷えでは食べないでくださいね。)

 

 2018/08/02
1 / 10212345...102030...最後 »

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.