ようやく厳しい寒さを乗り越えて、気持ちのよい季節になってきましたね♪ですが、油断は禁物!この時期訳もなくイライラしてしまう、胸がつかえる、目が赤くなる、生理前の胸張り、お腹の張りがひどくなる方はいませんか?そのような症状を中医学では“肝”の機能の失調からくるものと考えます。

“肝”は肝臓だけではなく、情緒、ストレス、自律神経などと深く関わる機能としての意味があり、春になるとその機能にトラブルを起こしやすいのです。そして情緒不安定になったり、肝と関わりの深い目のトラブルや、肝の経絡の走行している部位である胸や下腹部の気の欝滞による張りなどの症状となって現れます。

そのようなトラブルの予防に、この季節は気の巡りを良くする食べ物を積極的に摂るようにしましょう!今回はその代表格である陳皮の効能や作り方などをご紹介します。そして、陳皮のお茶(橘香茶)を使ったケーキのレシピを日本橋店の星星新聞3月号でご紹介しますので、日本橋にお越しの際は是非お立ち寄り下さいね♪

陳皮(ちんぴ)について

img10021351407

英語名 Citrus unshiu peel
中国語名 陳皮、橘皮、新会皮、広陳皮
中薬名 陳皮
性味 辛・苦/温 帰経 脾・肺経

みかんの成熟した果実の皮を、陰干しや日干しにして乾燥させたものを橘皮といい、その古いものは陳皮と呼び、中国では中薬やお茶としてよく使用します。みかんの実は体を冷やしますが、陳皮は体を温めます。

陳皮は体を温めるほか、胃にたまったガスを追い出して消化を助けます。また、みかんの実の白い筋は「桔絡(きつらく)」といい、喉にたまっている分泌物を出す作用があり、痰が切れない人に有効です。

陳皮の中医学的な効能:

理気健脾(気の巡りを良くして消化吸収を促進する)
燥湿化痰(余分な水分(湿邪)を除き、痰を収める)

期待できる適応症:

1)脾胃気滞(気の運行が阻害され、脾胃に溜まった状態)による脘腹脹満(お腹の膨張感)、噯気(げっぷ)、悪心(胸が苦しく吐きそうな状態)嘔吐などに

2)湿濁中阻(湿邪が脾胃の働きを阻止して機能を低下させた状態)による胸悶腹脹(胸が苦しく、お腹が張る)、納呆倦怠(胃の収納機能の停滞によって起こる食欲不振、消化不良で体がだるい)、大便溏薄(水のように薄い便)、舌苔厚膩、及び痰湿壅滞(水液代謝の障害により気血の流れが滞っている状態)、肺失宣降(肺の基本的な機能が失調する)、咳嗽痰多気逆(下降すべき気機が上逆する状態)

陳皮を作ってみよう!

suzukinouen kuradashimikn

・陳皮の作り方:ノーワックスのみかんの皮をきれいにむき、ざるに広げて風通しの良いところに10日間くらい置いて乾燥させる

・胃脘脹痛(膨張感のある痛み)、食後に痛みが増し、痛む場所が一定しない、ストレスで悪化する、ゲップ、悪心、胃酸に:陳皮粥(陳皮20gを煎じて皮をとり除き、米100gを加えて粥にする)

・陳皮茶(陳皮適量を紅茶に加える)

・風邪の予防に:みかんの皮を干したもの10個分を木綿の袋に入れて浴槽に浸ける、ゆず2,3個を輪切りにしたものでも同様の効果あり

<備考>

辛散苦燥の性味なので気虚(気力の低下、気力の元となる栄養が取れない状態)証、陰虚(体内の陰液の不足から生じる消耗、乾燥の病態)燥咳、吐血証及び舌赤生津、体内に実熱がある人は慎重に服用




陳皮,ちんぴ,