イスクラ薬局(東京)

漢方薬相談・漢方百科 | イスクラ薬局KANPO HYAKKA

漢方百科最新記事一覧

New Topics
役に立つ中医学の知恵などをご紹介!

アトピー性皮膚炎と漢方(注意したいポイント)

アトピー性皮膚炎は漢方薬や塗り薬だけでは十分な解決は望めません。 日常生活の養生がとても大事!! なので日常の中で注意したいポイントを5つにまとめました。 アトピー性皮膚炎やその他皮膚疾患でお悩みの方は是非参考にして下さい!! その1 『 アトピー性皮膚炎の痒み対策』 出来るだけ、 掻かない対策がポイント!!掻いて皮膚を損傷してしまうと、余計に治りが遅くなります。 でも中々難しいですよね…私もアト …

続きを読む

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは 当店ではアトピー性皮膚炎でお悩みの方に多数ご来店いただいております。ただ、病院でアトピー性皮膚炎といわれても、実際みてみると 「本当にアトピーかな?」と思うことが多々あります。 当店でもアトピー性皮膚炎と他の皮膚病とはお薬やスキンケアの対処法が少しづつ異なります。 基本的にアトピーとは以下のような場合をいいます。(多少簡略化して書いております。) 日本皮膚科学会によると アト …

続きを読む

基礎体温を付けましょう

基礎体温は、脳の視床下部、脳下垂体、卵巣からなるホルモン分泌系が正しく働いているかどうかを知る手がかり。
男性の基礎体温は毎日同じですが、女性は月経周期によって曲線を描きます。この体温の曲線からいろいろなことが読み取れるため、治療の目安にもなります。

続きを読む
監修 田辺 陽子

漢方薬で妊娠力を高めましょう

・不妊症の原因 不妊症の原因は大きく男性因子と女性因子に分けられます。かつて不妊は女性の病気と考えられた時代もありましたが、現在では、報告によりますが、原因が特定されたものの約半分は女性、約半分は男性に原因があるとされています。 もっとも原因がわからないことも多く、5~15%は原因不明とされています。 不妊症の原因には以下のようなものがあります。 女性不妊 ・卵胞発育障害と排卵障害 ・卵管性不妊 …

続きを読む

薬膳食材としての文旦(ブンタン)とは?

ブンタンは晩秋から初春にかけて見かける大きめの皮が黄色い柑橘類です。名前の由来には諸説ありますが、漢字で文旦と表記するのはブンタンを日本に持ち込んだ中国商人「謝文旦」から来ているとか。ブンタンはまた「ザボン」とも呼ばれています。 ブンタンは中国語では「柚、柚子」と書くので、日本のユズと混同しやすいのですが、ブンタンはミカン科ミカン族ザボン種、ユズは(中国語では橙子)はミカン科ミカン属ユズ種で別種に …

続きを読む

ストレス社会の救世主!? 「抑肝散(よくかんさん)」とは?

抑肝散の原典の『保嬰撮要』(16世紀)は乳幼児に対する治療について記されたもので、乳幼児のひきつけや夜泣き・歯ぎしりなどにつかわれたものでした。また、チック症・てんかん、パーキンソンなどによる痙攣、イライラ・不眠・精神不安等の心因性の疾患にも用いられる応用範囲の広い漢方薬です。現在では、認知症の行動・心理症状の改善やQOL向上のために用いられ、その薬理作用の研究も進んでいます。 Burnout & …

続きを読む

正月のご馳走を一掃する「お屠蘇」の話

日本文学史上、初めての日記形式の文学と言われている、「土佐日記」。 紀貫之が935年、12月21日に土佐国から京に至るまでの五十五日間を、毎日綴るスタイルをとる文学です。実は、お正月に欠かせない「おとそ」について「土佐日記」に記されているようです。 廿九日(はつかあまりここぬか)。おほみなとにとまれり。くすしふりはへて、とうそ、白散、さけくはへてもてきたり。こころざしあるに似たり。 (十二月二十九 …

続きを読む

風邪予防に大切な体の力

冬の厳しい寒さと共に年末年始の忙しさで体調を崩す方が多い季節になり、風邪・インフルエンザ・ノロウイルス等の感染症に注意が必要になってきました。冬に風邪が流行するのには実は理由があります。人間のカラダには細菌やウイルスなどの異物からカラダを守るために、体温を一定に保ち免疫力をはじめとする防衛エネルギーを働かせています。中医学的にこの力のことを「衛気」と呼んでいますが、冬にはこの衛気の力が低下してしま …

続きを読む
監修 堀 麻里

話題のノドのトラブルによい板藍根(ばんらんこん)とは??

カゼやインフルエンザは予防すること、かかっても初期で治すことがとっても大切です。そこで一番にお勧めしたい生薬は、やはり【板藍根】(ばんらんこん)です。最近になって耳にする機会も増えて、ずいぶんと板藍根の知名度は上がってきたかと思われますが、まだまだ知らない方も多いと思うので、ここでもう一度板藍根についておさらいしてみましょう。   板藍根とは 【ホソバタイセイ】という黄色い花をつけるアブ …

続きを読む
監修 櫻井 大典

杞菊地黄丸で子宝を!

中医学では、妊娠しやすい身体づくりのために用いるのが補腎薬。 補腎薬には多くの種類がありますが、その中でも杞菊地黄丸(コギクジオウガン)は繁用されています。この薬の組成は六味地黄丸に枸杞子と菊花が加わったものですが、この杞菊地黄丸とはいったいどのような薬なのでしょうか? まずはベースとなっている六味地黄丸からひも解いてみましょう。   六味地黄丸は小児の薬だった 六味地黄丸は補腎薬 …

続きを読む
監修 木梨 聡子

イスクラ薬局の運営会社情報

運営会社 イスクラ産業株式会社(英文会社名:lSKRA INDUSTRY CO., LTD.)
本社所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目14番2号
設立年月日 1960年3月1日
事業概要 ロシア・CIS諸国・中国との医薬品、医療機器、化学品の輸出入
中成薬(中国漢方製剤)、健康食品、スキンケア製品の製造、販売