漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




中野店 ブログ日記

漢方セミナー第2回無事終了致しました☆


こんにちは。店頭にてアロマオイルを焚いているイスクラ薬局中野店です。

イスクラ薬局中野店では、より多くの皆さんに漢方のことを知ってもらいたい・もっと気軽に中医学にふれて欲しいと、2階にあるナカノバ食堂にて漢方セミナーを開催してきました。

今回、皆様から反響・好評を頂き第3弾を開催する運びとなりました。

第3弾はテーマ別に3回に分かれており、手軽にできる養生として「ツボ押し&中医アロマ」をテーマとした第2回が先日無事終了しました☆

第2回のセミナーの様子がコチラ!!

セミナー前の講師陣の様子をパシャリ。

IMG_4047

みんないい笑顔です☆

当日資料と共に菊花とクコの実の入った養生茶も提供されました。

IMG_4049

養生茶で事前に目をケアして準備万端でスタート。

まずは六本木店中神店長のツボと経絡のお話。

IMG_4052IMG_4056

夏の元気な暮らしをサポートするツボをご紹介。ツボの探し方のコツやツボを利用するポイントの説明もありました。ご参加頂いた皆様それぞれに、ツボ押しキットや指でツボを押し、痛みの感じ方の違いも楽しんでいらっしゃるご様子でした。

次は六本木店スタッフの車田さんによる中医アロマのお話です。

IMG_4060

中医学とアロマセラピーという自然療法のイイトコ取りしたものと考える中医アロマ。

梅雨時にオススメのアロマやブレンドオイルの作り方や選び方の説明を聞き、

実際にタイプ別のブレンドオイルの香りをかぎました。

講義の後には薬膳料理小皿2品を頂きました。

薬膳料理の小鉢2品は中医学情報サイト「COCOKARA中医学」にレシピが掲載されている「春に向けて新陳代謝をアップさせるニラレバ炒め」「体力が低下した時のかぜにオススメきのこと山芋の梅肉和え」の2品でした。

IMG_4071

第3回は「漢方ライフ懇話会~薬膳料理を囲んで~」 薬膳料理1食分付 5月28日開催です。

第3回はまだ予約受付中です。

お申込み、お問合わせはこちらまで。
株式会社エフ・スタッフルーム
おためしっくす編集部
03-5929-8610(平日9:30-19:00)
※土曜日のお問い合わせ先はコチラ→イスクラ薬局中野店(03-3382-7950)
otame6@f-staffroom.co.jp

 2018/05/17

台湾研修レポート


こんにちは。イスクラ薬局中野店です。

ゴールデンウィークに4日間の台湾研修がありました。

中野店からは後半組の手塚店長以外のスタッフが参加してきました☆

初日は移動に時間をとられてしまいましたが、寧夏夜市へ。

二日目はまず、勝昌製薬という台湾にある漢方工場の見学をしました。

漢方の材料がどっさり保管されており、

製造されている商品のディスプレイの中にイスクラの商品がありました!!

勝昌製薬ディスプレイ

皆様どこにあるか見つけられましたか??

ヒントは青い箱です・・・中心に注目してください・・・

正解は「加味逍遙散」ちゃんです☆

加味逍遥散

そして午後には博康中医診療所と養生センターの見学です。

養生センターには珍しい機械がありました!!

経絡の流れや調子を確認する機械です。中野店スタッフの和田さんも体験☆

和田さん経絡

三日目は心容中医診療所では多嚢胞性卵巣について、中国医薬大学では子宮内膜症・子宮筋腫・不妊症など婦人科について学びました。扶原中医診療所では実際に診療体験もありました。

扶原診療所でも珍しいものを発見!!

漢方シャワー

なんと・・・漢方シャワーです!!

漢方や生薬を使用した液体を外用剤として皮膚のトラブルにシャワーして使うのだとか。

日本では見られない光景や体験できないことも多く、とても勉強になる研修だったそうです。

image1 (10) (5)

研修に参加したスタッフからお土産にパイナップルケーキを頂きました!!

甘いものが好きな手塚店長もニッコリ☆

IMG_4037IMG_4038

以上台湾研修レポートでした。2018/05/16

ブラックボード変更しました☆


こんにちは。「体も元気☆心も元気☆」でありたいイスクラ薬局中野店です。

皆様5月になりました!!

入学・転職・引っ越しなど4月に新生活がはじまり、生活環境や人間関係の変化、気候変化による体感温度の差などは「変化疲れ」をひき起こす要因になります。特にゴールデンウィーク明けは要注意です!!

そこで・・・ブラックボードを変更しました☆

写真 006

気力低下・眼精疲労・不安感などの変化疲れはありませんか??

気になる不調が目立ってきたら体質が乱れているのかもしれませんね。

漢方で5月も元気☆

漢方相談では体質に合あった漢方をオススメするだけでなく、日常生活でできる養生についてもお話することもございます。

お気軽にご相談ください。2018/05/09

百菜元気新聞が届きました☆


こんにちは。ゴールデンウィークも1日(火)・2日(水)と元気に営業致します。イスクラ薬局中野店です。

百菜元気新聞は季節を楽しむ漢方ライフや食材やその食材を使ったレシピなどが掲載されています。

写真 717

今回の季節を楽しむ漢方ライフには水太りタイプにオススメの「海老とそら豆のお豆腐」のレシピが載っていました。豆乳は便通の改善や、体に溜まった余分な水分を排泄し、むくみの改善にもオススメの食材です。

myouga

通常6月から旬と言われている「みょうが」。実は、食用に栽培しているのは日本だけと言われています。

みょうがはその香成分が有用です。αピネンはストレスを緩和し体の抵抗力を高め、カンフェンは抗炎症・抗ウイルス・抗菌作用を。ゲラニオールには鎮痛鎮静作用や皮膚弾力回復作用などがあります。

中医学的にも「みょうが」は急な温度変化などで体が冷えてしまった時の不調に効果があると考えます。

体が冷えてしまったことによる頭痛・肩こり・生理痛に。体を温めてエネルギーや血液の循環を改善する方向へ導いてくれます。

薬味として食べるのも良いですが、個人的には、少し量を食べたい時はみょうがを使ったチャーハンがオススメです。みょうが独特の香りと味が食欲をそそります。

漢方相談ではお客様のお体の状態に加え、食養生のお話をすることもございますのでお気軽にお声かけ下さい☆2018/04/28

漢方セミナー第1回無事終了しました☆


こんにちは。今朝は悪天候に晴れ間が待ち遠しいイスクラ薬局中野店です。

イスクラ薬局中野店では、より多くの皆さんに漢方のことを知ってもらいたい・もっと気軽に中医学にふれて欲しいと、2階にあるナカノバ食堂にて漢方セミナーを開催してきました。

今回、皆様から反響・好評を頂き第3弾を開催する運びとなりました。

 

第3弾はテーマ別に3回に分かれており、我らが中野店の手塚店長講師の第1回が先日無事終了しました☆

①「春の養生」春の薬膳料理の小皿2品付 4月23日開催

②「ツボ押し&中医アロマ」春の薬膳料理小皿2品付 5月14日開催

③「漢方ライフ懇話会~薬膳料理を囲んで~」 1食分の薬膳料理付 5月28日開催

内容の詳細はこちらをご覧ください。

イスクラ薬局_2018年春セミナー案内

セミナーの様子がコチラ!!

image2

中医学の特徴である「整体観念・弁証論治・未病先防」を「バランス医学・オーダーメイド医療・予防医学」といったわかりやすい表現に変換しその考え方を具体例を交えながらお話されていました。

当日の資料と共に養生茶も配られました☆

image1

 

image3image4

この養生茶は「胖大海」という植物の種子が入っています。

喉のイガイガや腫れ、声枯れなどの喉のトラブルのケアにオススメです。

熱いお湯につけておくと・・・

image5

少しずつふくらみ・・・

image6

カップの底が見えないくらい大きくなりました!!しっかりとした茶色をしていますが渋みがなく飲みやすかったです。まるで塩気のない昆布茶のようでした。

春の薬膳料理の小鉢2品は中医学情報サイト「COCOKARA中医学」にレシピが掲載されている「免疫力アップにおすすめの舞茸のパンキッシュ」と「血の巡りの悪い瘀血タイプにおすすめの黒きくらげの酢醤油漬け」の2品でした。

image7

 

料理する時にレシピを確認できるカードもついていて便利。小鉢も美味しいと好評でした☆

まだ第2回と第3回は予約受付中です。

お申込み、お問合わせはこちらまで。
株式会社エフ・スタッフルーム
おためしっくす編集部
03-5929-8610(平日9:30-19:00)
※土曜日のお問い合わせ先はコチラ→イスクラ薬局中野店(03-3382-7950)
otame6@f-staffroom.co.jp2018/04/25
1 / 9912345...102030...最後 »

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.