漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




日本橋店 ブログ日記

三猿だけではない!2016年のパワースポット日光旅。


こんにちは!柳沢侑子です。
今年は申年。申にご縁がある神社・仏閣は2016年のパワースポットになりますので、見逃せない!!いうことで、申といえば『見ざる、聞かざる、言わざる』で有名な日光東照宮へ行ってきました!

見ざる、言わざる、聞かざる
風水と陰陽道で都市計画をした徳川家康公は死後も江戸に良い気を送り、江戸を守り続けるために、江戸城の真北であり、龍穴(風水的に気が噴き出す場所)である日光という場所に、風水・陰陽道のあらゆる手法を駆使して日光東照宮を造ったととされ、パワースポットとして非常に有名です。さらに、今年はなんと家康公が日光に御鎮座されてと400年という節目の年!
「日本の神様は人間臭くて、こちらが盛り上げるとご機嫌が良くなるといわれています。実際に鎌倉時代にそのような文献も存在しています。今年は私たち、頑張って盛り上げているのでご利益がありますよ~!」と日光東照宮の方がおっしゃっていました。
最強のパワーがいただけそうな、2016年の日光東照宮!!今日はそんな日光東照宮で気になった場所をご紹介したいと思います。

 

【その1:癒しの輪王寺】


輪王寺

日光は二社一寺(日光東照宮、二荒山神社、輪王寺)といい、お寺と神社2つが隣接しているという珍しい場所で本当に見どころが沢山あります。日光というと徳川家康の日光東照宮が有名ですが、家光公で有名なのが輪王寺です。輪王寺は日光山にある寺院群の総称で、日光東照宮よりも敷地が広く、敷地内には15もお寺や神社があるという広さです。

ちなみに有名な家光公の墓所が大猷院ですが、こちらは「家康公を(東照宮を)凌ぐことのないように」という遺言で、建物全体は金と黒を基調にしており金の色も赤みがかったものを使用するなど、みなさんご存じ華やかな東照宮(金と白が基調)と比較して落ち着いた造りになっているのが特徴です。

東照宮
こちらは、東照宮。東照宮はやはり華やかですね!

広い輪王寺敷地内には有名な大猷院以外にも見どころが盛りだくさんなのですが、今回私が特に心惹かれた場所を3つご紹介したいと思います。

~日本庭園、「逍遥園」~


一つ目は、江戸時代の日本庭園「逍遥園」。
春はシャクナゲ、ツツジ、サツキ、そして秋の紅葉と、四季を通じて様々な風情が楽しめますが、特に秋の紅葉のライトアップは毎年大人気のイベントです。気になったのは、この逍遥という言葉!リラックスしたいとき、緊張をとるときに使う漢方薬、【逍遥丸】の逍遥です。“逍遥”は、ぶらぶらと気ままに歩くとか、散歩するという意味であり、不安を解きほぐしてくれるという意味あいも含まれています。逍遥園なんて、なんて癒されそうな場所なのでしょう。こちらの前を通りかかり、見学したかったのですが残念ながら時間がなく断念。ちなみに紅葉の時期はこんな感じで見れるそうです。

紅葉

~座禅・写経体験でココロを穏やかに~


二つ目は座禅・写経体験。
輪王寺では、「般若心経」276文字を心を込めて写す写経体験や座禅体験ができます。座禅は以前他で経験があるのですが、呼吸だけに集中して、空気、音に集中して意識的にココロを“無”にしていきます。邪念が多く無にすることは難しいのですが、座禅後は気持ちがすっきり、何とも言えない身が洗われたような感覚になりました。考えすぎて頭がぐちゃぐちゃ!そんな時は、写経や座禅といった“無”の時間はココロをリセットしてくれそうですね。

~護摩焚きでご利益UP~


三つめは護摩焚き体験。
護摩焚きとは火によって煩悩を焼き浄化して厄から逃れることができるといわれています。家内安全、病気平癒、商売繁盛などの願いを炎にのせて仏さまに届けてくださる護摩炊き。お正月期間は仏さまと五色の糸で結ばれていて直接ご利益がいただけるそうです。初めての体験でしたが、迫力満点でしたよ!

護摩焚き体験

五色の糸は念仏者が臨終のときに阿弥陀仏の像の手から自分の手に掛け渡した糸で、この糸によって極楽浄土に導かれるとされているそうです。この五色は、青、黄、赤、白、黒。中医学の基本となる『五行』の色。こういったものを見ると、昔は人々の生活の中に五行説が溶け込んでいたのだなと感じます。*五色では青・黒の代わりに紫や緑が使われていることもあるようです。

【その2:悪い夢を食べてくれる!伝説の動物、バクを発見】


輪王寺や日光東照宮には、象、麒麟、ライオンなど、様々な動物の彫刻があり、それぞれに意味がありますが、その彫刻の中に“バク”を見つけました。 バクは中国で伝説の動物とされ、「悪い夢を食べる」ことで知られていますが、バクが彫られていることは珍しいそうです。(眠りが悪い時、悪い夢で熟睡出来ない時につかう漢方薬、温胆湯のパッケージに描かれているのがバクです!)
バクは鉄や銅も食べ、戦争になるとそれらが無くなり生きられなくなるとされています。バクが生きられるのは、戦争が無い世の中ということを意味しこの彫刻には平和の願いが込められているそうです。バクだけでなく他の日光彫刻の意味も「人々が平和に暮らせますように」というものが殆どだとお聞きしました。

バク

ちなみに、象もバクも鼻が長いとこは一緒で見分け方は「毛」で、巻き毛があるのがバクで、巻いていないのが象だそうです。 ぜひ探してみてくださいね。

【その3:とろっとろの日光湯波】


やっぱり、旅行に行ったらお食事も大事!日光は湯波が有名ということで湯波をいただきました。日光では湯葉でなく湯波といいますが、これは作り方の違いで日光湯波は一重でなく二重に引き上げることからこういわれています。もっちり厚いのが日光湯波の特徴です。もっちりした触感でくせになります。すごく美味しくいただきました!
ゆば
初めて食べた日光湯波!宿の夕食

ゆばごはん

とろとろゆばのくみあげごはん。『LANCATLGUE CAFE NIKKO VORTEX AND QUEENIE』

ちなみに湯葉を薬膳的にみると
湯葉【甘淡・平】帰経/ 肺、胃
咳を抑えて痰を出しやすくする、炎症をとる、そして胃腸によく気血を補う力があります。胃腸にも優しいですし、呼吸器系の風邪の際には特におすすめできる食材です。


そうそう、日光を街歩きをしていたら、野菜カフェ廻り~meguri~という古民家風の素敵なカフェを見つけました。こちらは家畑や日光産自然栽培野菜が中心のヴィーガン(100%植物性)カフェで、元古美術店ギャラリーを改装したそうです。残念ながら、終了してしまいお食事ができなかったのですが、次回はぜひ訪れたい気になった場所です。

【ココロをリフレッシュして、元気な春を】


今回は2016年、最強のパワースポットである日光東照宮を少し違う目線でご紹介させていただきました!
歴史深い日光では、人々の生活の中に陰陽や五行説が溶け込んだ光景を垣間見れ、ますます中医学を身近に感じることができまたし、なによりも日光の素晴らしいパワーをいただき、リフレッシュできました!日光旅、すぐにでもまた行きたいと思っている私です。
日光千姫物語ロビー

宿泊した日光千姫物語さんから見た日光の朝。皆様のおもてなしに癒された一日でした!

旅行に行く、自然の中で良い空気を吸う、など日常と違う時間の過ごし方は、ココロをリセットさせてくれます。
立春が過ぎ、春に向けて暖かくなる時は動物が冬眠からに目覚めるように、人間のカラダにも大きな変化が起こる時ですが、急に暖かい陽気になるとその変化についていけず、特にココロが不調になってしまうことが多いです。
中医学の言葉で言うと、春先は気の巡りが悪くなる時ですので、気の巡りを良くすることが元気でいる秘訣。毎日の中でまとまった時間を取ることはなかなか難しいかと思いますが、朝陽を浴びながら散歩をする、いつもと違う通勤路をつかってみる、朝起きて深呼吸を10回するなどは、気の巡りを良くしココロのリフレッシュに繋がります。小さなことでも構いませんので、ぜひ日常生活に取り入れて元気に新しい春をスタートさせましょう!2016/02/15

冬にジンギスカンがおすすめな理由


こんにちは、櫻井です。

寒い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしですか?

私の地元、北海道の北見市では、北見極寒焼肉まつりという無茶な大会が有ります。-10℃以下の野外で焼き肉をするんですが、これが意外に冷えない。まぁ寒くないといえば嘘になりますが、牛肉には身体を温めてくれる力があるからではないかと思っています。

でも牛肉以上に温める力が強いのが羊肉なんです。

羊肉料理といえば私は真っ先にジンギスカンを思い浮かびますが、皆様はいかがでしょうか。北海道育ちの私はこれで育ったといっても過言ではないぐらい、小さいころに沢山他食べた料理です。ホームセンターではジンギスカン用の使い捨て鍋が当時100円で売ってましたし、とにかくみんなが集まればジンギスカンでした。

安くて、おいしくて、野菜も一杯食べられます。いや~思い出しただけで生唾ものです。小さい頃から食べているので、何がくさいのやら全く気になりませんが、慣れていない人にとってはどうしても気になってしまう臭いのなんでしょうねぇ。今日はそんな「ジンギスカン」のお話です。

 

「ジンギスカン」って?


私が知ってる「ジンギスカン」はマトンの肉をタレに漬け込んだもので、もやしやキャベツと一緒に焼いて食べるもの。最後にはそのタレでうどんを食べる料理です。いまは随分と小洒落たというか、臭みのない生ラムなんかをつかったものもありますね。ちなみにこの「ジンギスカン」っていう料理名の由来は、私が小さいころ聞いた話では、「モンゴル帝国を築いた、ジンギス・カン(チンギス・ハン)が遠征の際に兵士に食べさせたもの。丸い鍋は兜をつかっていた名残。」と言われていました。今の今までそれを信じて疑わなかったのですが、調べてみると、実はジンギスカンとチンギス・ハンはまったく関係ないそうです。え??そうなの??

 

ジンギスカン
ジンギスカン / y_katsuuu



どういう風に生まれたかというと、、、


そもそも羊肉が日本で食されるようになったのは明治以降。それも軍や警察、鉄道員の制服に使う羊毛が大量に必要になったため、綿羊の飼育を奨励し増産を図るためと、農家の収入を上げるために羊肉の消費を伸ばそうとした政策が背景にありました。

しかし当時は羊肉を食べる食文化は無く、まったく定着しませんでした。そこで、農商省(今の農林水産省)は日本人の舌にも合う羊肉料理を研究し始め、その開発を、お茶の水女子大学の前身、東京女子高等師範学校に委託したそうです。そして、1920年ごろに原型ができたと言われています。

初期のころの「ジンギスカン」は、といってもまだこのころは「ジンギスカン」という名前もなかったんですが、ただ羊肉を焼いてタレをつけて食べるという、中国、満州地方の清真料理、「カオヤンロウ」をヒントに作られものでした。でもやっぱりそう簡単には定着しなかったそうです。

 

普及は戦後の食糧難・衣料不足から


ジンギスカンが本格的に普及し始めるのは、第二次大戦後。戦後の食糧不足や衣料不足を背景として、羊肉消費促進を政府はさらに推し進めます。その運動の中心が、羊毛用の羊が多く飼育されていた北海道だったと言われています。当時は喜んで食べたというより、必要に迫られてしぶしぶだったんでしょうね。

北海道では、高価な牛肉にくらべ、羊肉が安価で手に入り、輸送時間も短く、新鮮なうちに食べることができたため、臭みがさほど強くなく受け入れられやすかったということも、今のように北海道でジンギスカンが定着した理由かもしれません。その後、つけダレに浸して臭みを消したり、リンゴなどを入れて硬いマトン肉を柔らかくしたりなど改良が施され現在の「ジンギスカン」になります。

ジンギスカンには、たれに付け込んだ「味付け」と、たれにつけない「生」の2パターンあり、醤油ベースの果実や香味野菜などで作ったたれにつけた味付けジンギスカンは、においとコクが強いマトンが多いイメージでしたが、ラム肉、マトンともどちらでもあります。

「マトン」とは、生後1年以上(厳密にはメスまたは去勢されたオスのうち永久門歯が2本以上のもの)、ラムはそれ未満のものです。

ジンギスカン!
ジンギスカン! / yoppy


 

 

中医学的にみると


羊肉は温熱性で、温める力がとても強いとされています。北京でも羊肉のしゃぶしゃぶは冬の風物詩と言えるほど。冷え性への養生で必ず挙げられるのも羊肉です。胃腸も元気にしてくれるので、食欲不振や痩せ、冷え症にはもってこいで、産後の養生や乳汁の分泌促進にも効果があるといわれていいます

加えて、エネルギーを補い、心の安定をはかり動悸を鎮めてくれる力や、足腰の冷えを癒し、痛みを緩和し、体力の回復にも役立つ素晴らしい肉です。しかも羊肉に含まれるL-カルニチンは、食べても脂肪が付きにくいという何ともうれしい効果も持ち合わせています。

 

結局なぜ「ジンギスカン」は「ジンギスカン」なのか?


ジンギスカンは、実際のモンゴル料理とはまったくかけ離れた中華料理を元に考え出されましたが、名前はモンゴルのイメージだそうです。満州国初代総務長官の駒井徳三さんがモンゴルでも食べられていた羊肉からイメージでつけたという説が有力だそうです。「羊肉?モンゴル?チンギスハン? じゃあジンギスカンでいいじゃん。」とかなんとか。。

余談ですが、北海道のおじいちゃんおばあちゃんは、羊を「メンヨー」と呼んでいました。私はてっきり北海道の方言だと思っていましたが、漢字があったんですね。乳牛と同じ意味合いで、綿をとる羊で「綿羊」なんですね。

ラム肉パクチー
ラム肉パクチー / sabamiso


中医学的に見て、身体を温める力が強い羊肉は、寒い冬には是非摂りたい食材です。肉類の中で一番温める力が強いので、冷え性の人には是非試して頂きたい食材です。スーパーでは余り見かけませんが、今はネットでも買えますしね。夏よりも冬に是非食べて頂きたいです。上記の写真のように最近話題のパクチーと炒めても美味しいそうですよ。

今では流通事情も当時に比べて断然よくなっていますし、臭いなんて気にならない羊肉も手に入ります。是非皆さんもジンギスカン、食べてみてくださいね!2016/01/27

スーパーで買える食材こそ『スーパーフード』だ!


安くて美味しい"スーパー(の)フード"


こんにちは。櫻井です。健康といえば、スーパーフードなどというものが近頃取りざたされることもありますが、健康的な食品は何も都会のおしゃれなお店に売ってるものばかりではありません。スーパーで一番安くなっている旬の野菜たちも、素晴らしい力を秘めています。

1月に食べごろを迎える野菜はたくさんありますが、今日はその中でも春菊、ブロッコリー、小松菜と普段目立たないけど、素晴らしいポテンシャルを持った野菜たちにスポットを当てたいと思います。

Vegetables
Vegetables / adactio


 

春菊の栄養


春菊はビタミン、カルシウム、葉緑素が豊富で、β-カロテンの含有量はほうれんそうやこまつなより上の100g当たりなんと4500mg。これは、ビタミンAで換算すると成人女性が一日に必要とする量の2/3と言われています。その他、ビタミンB2、C、カルシウム、カリウム、鉄分も多く含まれています。春菊のあの独特の香りは13種類の精油成分によるもので。それらの香りが胃腸を動かし、食欲増進とともに、腸を潤し便をでやすくるする作用もあると言われています。春菊の緑色の色素成分は、コレステロール値を低くし、血栓を予防する効果があります。「葉緑素」ともいわれる栄養成分で、発がん抑制にも効果があります

働き・・・食欲増進、便通を良くする、高コレステロールに、血栓の予防に、抗癌、美肌効果。

中医学でみる「春菊」


春菊は実に様々な効能を持ち、古くから漢方薬の原料として使われ「食べる風邪薬」の異名を持つほどです。性味は寒熱の偏りがない平性で、脾、胃、心、肺、肝に通じると言われ、気滞、痰飲、瘀血を改善します。あの独特の香りで気を巡らせるので、月経前の感情の乱れにもおすすめの食材です。胃腸の働きを良くし、胃もたれやお腹のはり、食欲不振を改善する作用もあるとされています。また血液を流れやすくする力や、痰を切れやすくする力、そしてたっぷりと含まれるベータカロチンやカルシウム、ビタミンCのおかげで美肌対策にも効果的です。

働き・・・精神を安定させる、月経前の気分の不調に、胃腸の働きを良くする、胃もたれ・お腹の張りを良くする、食欲増進、血流を良くする、痰を切れやすくする

春菊ばくだん。 at ビストロ カルネジーオ http://miil.me/p/40k8q
春菊ばくだん。 at ビストロ カルネジーオ http://miil.me/p/40k8q / JaggyBoss



ブロッコリーの栄養


ビタミンC、βカロチンが豊富な美容食品

ブロッコリーはとっても栄養価が高い食品です。生のブロッコリーに含まれるビタミンCはなんとレモンの約2倍!キャベツと比べると約3~5倍も含まれています。その他、βカロチン、ビタミンB1、B2、カリウム、リン、食物繊維なども豊富に含む、栄養満点の野菜です。

ビタミンCの効果は数えきれないほど沢山ありますが、今回その中でも注目したいのは、免疫力の強化と、シミやそばかすの予防効果。ビタミンCは非常に色素沈着予防効果が高いビタミンで、某化粧品会社さんのシミ対策化粧品の中身は、濃度の濃いビタミンCだというのを聞いたことがあります。美白化粧品として使用できるほど、ビタミンCの色素沈着予防の力は高いのです。

そしてこちらもブロッコリーには多分に含まれるβカロチン。粘膜を強化し、カゼなどの感染を予防する働きがあります。空気が乾燥し、カゼが流行るこの時期にはうってつけですし、粘膜を保護するということは、もちろんお肌にも良いので、ブロッコリーも先日の小松菜と同じく、食べる美容サプリといえます。

働き・・・カゼの予防、粘膜強化、シミやそばかすの改善、美肌効果

 

抗がん作用にも注目!


近年、ブロッコリーがもつ抗がん作用に注目が集まっています。ビタミンCなどによる活性酸素の除去はもちろんですが、ブロッコリーには癌を引き起こす原因となる突然変異を抑える物質、メチルメタンチオスルホネート(MMTS)という物質が含まれているそうです。しかしこの、MMTSはゆでて食べるだけでは簡単に摂取できないそうで、細かく刻んだり、水と一緒にすりつぶすことで初めて生まれる物質なんだそうです。抗がん作用を狙うなら、ブロッコリーをミキサーにかけてジュースにして飲むのがおススメです。注意いただきたいのは、時間がたつと変質してしまうので、ジュースにしたら新鮮な間に素早く飲むようにししましょう。ブロッコリーはその他にも、スルホラファンという発がん性物質の作用を抑え、ピロリ菌抑制効果もある物質も含んでおり、健康管理のためには最高の野菜の一つといえます。

さらにさらに、ブロッコリーは葉酸の含有率がとっても高い食材でもあります。葉酸は、細胞が増えていく時や赤血球が増えるときに必要不可欠なビタミンで、貧血の予防や動脈硬化の予防に効果があるほか、妊娠中やべビ待ちの方にも必ず取ってほしいビタミンですし、離乳食としてもおすすめです。

働き・・・抗癌作用、葉酸が豊富

中医学的にみると


ブロッコリーは平性なので、毎日食べても冷えたり火照ったりすることがありません。中医学的効能では、五臓を養い調整し、関節を強く丈夫にして、気を巡らせ、動きを滑らかにするとあります。また、虚弱体質を改善し、胃腸を元気にして、身体に元気を与える食材で、胃腸機能低下時やお年寄りにもおすすめの食材です。中医学でもガンを抑制する「制癌」という力を認めている食材でもあります。潤し、便通を良くする作用があるので、お腹が冷える、または下痢気味の場合は食べ過ぎないようにしましょう。

働き・・・虚弱体質改善、胃腸を元気にする、便通を良くする、がんを抑える

Fresh Broccoli
Fresh Broccoli / mallydally


 

小松菜は【食べる美容サプリ】


小松菜は、カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、鉄、カリウム、食物繊維を沢山含んでいます。ほうれんそうと栄養価は似ていますが、カルシウムはなんと5倍で、野菜の中でもトップクラス。生長盛りのお子さんや骨粗しょう症の予防には勿論のこと、イライラを鎮める力もカルシウムにはあります。さらに細胞内の保水成分を働かせているのもカルシウムです。カルシウムが不足するとシワや乾燥の原因となるので、透明感とはりのある肌を作るにはカルシウムは欠かせません。しかも小松菜には、コーラゲンの主原料である「プロリン」というアミノ酸が豊富に含まれており、しっかり食べることでお肌ぷるぷる効果も期待できます。さらにビタミンAとビタミンCは小松菜100gを食べると一日の必要量を補えるほどたっぷりと含まれています。ビタミンCは天然の美白成分としても有名ですよね。こうしてみると、栄養豊富な小松菜は食べる美肌マルチサプリといえます。食物繊維も豊富で、便通を良くし、高血圧の予防や、大腸がんのリスク軽減など、優れた解毒効果も発揮します。βカロチンも多く含んでいるので、抗酸化作用、カゼ予防、美容効果や老化防止などにも好影響です。

働き・・・苛々を鎮める、カゼの予防、骨を丈夫にする、美肌

 

中医学・栄養学的に見る「小松菜」


小松菜平性で寒熱の偏りがなく、たくさん食べても冷えたり火照ったりすることがないため、毎日たべていただきたい食材です。小松菜は気を巡らせ、ストレスを和らげ、胃腸を良く動かし、余分な熱をとり、潤いを補ってくれます。

おススメレシピは気を巡らせる春菊と、潤いを補う胡麻とあえた【小松菜と春菊の胡麻和え】。ストレスにも便秘にも、お肌にも良いスーパー小鉢です。小松菜は灰汁が少なく、さっとゆでるだけで食べられます。下ゆでも、水にさらす必要もなく、生のままでも食べられます。βカロチンは油と相性が良いので、炒め物にもおすすめですが、ビタミンCは熱に弱いので、できるだけ調理は短時間で行いましょう。

働き・・・ストレス緩和、胃腸を元気にする、のぼせやほてりを鎮める、潤いを補う、便通を良くする

komatsuna
komatsuna / [cipher]


『スーパーフード』というのは、日本スーパーフード協会によると、「有効成分を突出して多く含む食品」ということらしいです。突出の基準がどれだけかは定かではありませんが、個々に上げた春菊やブロッコリーや小松菜も十分にたっぷりと栄養を含んでいます。身体は日々の食事からつくられるので、見つけにくい、手に入りにくい、毎日の食卓にあげにくいでは意味がありません。そして何よりも経済的な負担となるような食材は、健康とは言いがたいとおもいます。


旬の食材と言うのは、安くて旨くて、その時期を健康的に乗り切るための自然からの恵みです。是非その恵みを最大限享受してくださいね!

2016/01/20

今年も一年ありがとうございました。


イスクラ薬局、年内は本日最終日でした。年末のお忙しい中にもかかわらず沢山の方にご来店頂き、本当に感謝です。今年も1年ありがとうございました。

年明けは1月4日(月)10時~営業致します。来年も、皆さまの健康な毎日をサポートできるように精一杯頑張りますので、どうぞ今後共よろしくお願い致します。

イスクラ薬局日本橋店 スタッフ一同

 2015/12/28

第2回冷えとりセミナー&気功レポ★


こんにちは!柳沢侑子です。先週の土曜日に、第二の冷えとりセミナーを開催しました♪

=================================================================

かんぽうの知恵で冷えを解決♪タイプ別食養生&プチ気功で冷え知らずのカラダに!

◎冷えタイプチェック&タイプにあわせた食養生のお話(講義スタイルで約30分/担当:柳沢侑子)
◎冷えとりプチ気功体操(気血を回らせる愉しい気功約45分/担当:峰村あかね)

=================================================================

という内容で開催しました。

なんと、今回は福島や静岡からお越しいただいた方もいらっしゃいました!!

以下、セミナーレポです。

前半の講義では、今回も、まず皆さんのお悩みからタイプに合わせて説明をしていきます。

『食事について知りたい』というお声が多かったので、お食事について多めにお話をさせていただきました。

今回お越しくださった皆さまも第1回目同様に健康意識が高い!

「婦宝当帰膠服用しています」

「Twitter読んで、食事を変えました」など嬉しいお声♪

こうしてセミナーを通して、中医学に興味のある皆さまとお会いできることが、セミナーの楽しみになっています(*^^*)。中医学大好きな私たち,これからも日々学び、少しでも皆さまに役に立つ知恵をお伝えできるよう頑張ります♪

後半の気功体操の部分では、前回の参加者から「裸足で体操したい」というお声をいただき、今回は購入したヨガマットを使用。(色は峰村先生チョイスのオレンジ♪)

皆さん真剣に体を動かしてくださいました。「体がぽかぽかしてきた」「スッキリする」と楽しんでいただけて何よりです。

峰村さん 気功      峰村さん気功2

(気功体操のヒトコマ)

日本橋店スタッフでの手作りセミナー。至らないところも多々ありますが、皆さんにより楽しんでいただける場所を作れるよう精一杯がんばります!

次回のセミナーも考え中です。案内はまたこちコチラでさせていただきますね。

 

~ご参加者の感想~

*クリックすると大きくなります

img-Y30102730-0001img-Y30102730-00032015/12/03

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.