漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




中野店 ブログ日記

秋が深まったこの時期に皮膚で気をつけなければならない事とは


前回の台風の記事は反響をいただきました。ありがとうございます。今井です。

台風が過ぎた後は一気に寒さが増して秋らしくなりました。秋には初期段階で夏の暑さがまだ残っている「温燥」と秋が深まって朝晩の寒さが増し冬の訪れを感じさせる「涼燥」があります。今は「涼燥」で、朝晩の寒さを乾燥によって風邪を引きやすい時期になりますので注意が必要です。そんな時はやっぱり「鍋」なわけですね。生姜をたっぷり入れた(皮膚の炎症が強い人には生姜はダメですが・・・)お鍋をポン酢でいただきます。ポン酢などの調味料はちょっと奮発していいモノを使うと鍋の美味しさがかなり増しますので、鍋ライフには必須ですよ~。

 


Cosmos (秋桜) / onigiri-kun


 

●秋が深まったこの時期に皮膚で気をつけなければならない事とは

秋の季節に一番気をつけなければならないのは何と言っても「乾燥」です。湿度が下がれば下がるほど、皮膚はダメージを受けやすくなります。皮膚のトラブルを抱えている方は、皮膚のバリア機能が低下しているので、いろいろな刺激に敏感になります。季節によって外気は特徴がありますが、秋冬はかなり乾燥しやすくなりますので、まずは乾燥から身を守らなければなりません。

何度も書いていますが、当店の皮膚の相談では以下の3本柱でお話をしています。

①食養生

②スキンケア

③漢方薬

この中で乾燥から身を守るために一般的に最も大切なのは・・・で、やっぱり外側からのケアが効果が早いのです。

 

●スキンケアのススメ

皮膚にトラブルがある方の敏感な肌は乾燥に弱いので、しっかりとしたスキンケアが必要です。当店では、まずはお肌の水分補給をしてから、化粧水を入れて、最後にクリームを塗ることをオススメしています。これは基本ライン。もし炎症による乾燥がひどい方には、クリームの後に軟膏剤を塗ることもありますし、熱感が強い方には熱を取る目的や水分補給の目的でパックをすることもオススメしています。

スキンケアは毎日毎日きっちりやっていただくと、早くきれいな肌が生まれ変わるのをサポートしてくれます。どれだけ忙しい人でもお風呂上りと朝起きた後の1日2回は必須で、できるならば空いた時間にこまめに皮膚への水分と栄養補給をやっていただきたいと思います。乾燥するこの時期には、最後のクリームは忘れずに。

 2014/10/17

台風の接近で皮膚トラブルが悪化する理由


こんにちは、今井です。

食欲の秋、文化の秋、スポーツの秋・・・様々な「〇〇の秋」がありますが、秋の風物詩のひとつとして「台風」もありますね。

台風はあまりポジティブな意味の言葉として使われないので「台風の秋」という言葉は耳馴染みがありませんが、我々スタッフは台風が近づいているというニュースを聞くととピクッと背筋が延びます。

というのは、台風の前後では気圧に大きな差が出るために、体調に影響を及ぼすことが多いからです。(お客様も増えます。)

もちろん、皮膚にトラブルを抱えた方にも影響が出てくることがあります。

今日はそんな話です。

 



 

●台風の接近で皮膚トラブルが悪化?

皮膚のトラブルがあるときには、カラダの中に炎症が起こっているということを以前のブログでお話ししました。カラダの中の老廃物を中医学の専門用語では「湿」とか「熱」とかいうのですが、この湿や熱が体の中に蓄積をしてそれを追い出すためにカラダの中では炎症を引き起こします。その炎症は内側の粘膜とともにカラダの外側にも現れて、それが皮膚のトラブルに繋がります。

皮膚には異物が入ってこないようにバリア機能が備わっていて、バリア機能が強い人もいれば弱い体質の人もいます。また、もともとバリア機能が強い人でも長年の食事や生活の乱れが重なってしまうと、徐々に衰えてきてしまいます。年齢とともに皮膚(粘膜)が敏感になったり、暑さや寒さに弱くなったりするのは、そのバリア機能が弱ってきていることが原因のひとつですね。

皮膚が敏感になると、ちょっとした刺激が皮膚トラブルに繋がります。日常生活で皮膚にかかってくる負荷はいくつもあります。

・乾燥や湿気

・冷気や熱気

・紫外線(日光)

・気圧の変化

・汗

ここで、秋の台風を考えてみますと、まさに、乾燥や湿気、気圧の変化が皮膚への負荷にあたります。皮膚トラブルがある人は少なからずバリア機能が落ちていますので、台風が接近すると調子が悪くなるんですね。

そんな時にはカラダの中の老廃物をデトックスして炎症を抑える漢方薬や、スキンケアも大切ですが、それよりも重要なのは、バリア機能を整えるのが効果的です。バリア機能は体表を覆っている「気」や自律神経のバランスによってコントロールされていますので、具体的にどうすればいいかというと、

・消化の良い物を食べて、早く寝ること

これが最強です。前回ご紹介したお鍋はとてもオススメなので、是非お試しくださいね。2014/10/10

食欲の秋☆


こんにちは。秋の味覚にニコニコの北原です。

夜が涼しくなってきましたので寝冷えにご注意くださいね☆

 

突然ですが・・・

食欲の秋ですね!!


最近食べた秋の味覚は何ですか??

食欲の秋だからこそ胃腸のSOS気になりませんか??




○食べたいのにもたれる

○食べたぶん排泄できない

○胃がムカムカしやすい

食べる楽しさが半減しないように胃腸のケアをしてくれるオススメの漢方もあるんですよ。

ちなみに私は・・・外食で食べすぎた時に消化を助けてもらったり、旅行中の胃腸のケアや便通のケアにも利用しています☆

気になる方はお気軽にお声かけ下さいね。じっくりご相談の場合にはお電話にてご予約を受け付けております。2014/10/09

マーケティングシンポジウム☆第二部


こんにちは。読書の秋を満喫しています北原です。

台風による気候変化で体調を崩しやすくなっておりますので、

皆様体をケアする時間を大切に、お体ご自愛くださいませ☆

 

先日アップしたマーケティングシンポジウム第一部のブログに引き続き、

第二部エリカ・アンギャル氏の講演について書きたいと思います!!



エリカ・アンギャル氏は「ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント」として、

世界一の美女を目指すファイナリスト達に「美しくなる食生活」を指南してきた御方。

私達も大切にしている予防医学を、幅広い専門知識を駆使し

「内側からより美しく、心も身体も健やかに輝く」をテーマにした食とライフスタイルについての講演でした。

 

「世界が認める美女」の共通点は何だと思いますか??


パリコレにでているようなモデル☆ハリウッド女優☆等の色々な美女を想像しますが・・・

共通点はコチラ!!




知識を身につけ賢く食べることで健康でスリムな身体を維持すること。

自分と向き合い自分らしさを受け入れて幸せや感謝の気持ちのを育てること。

そんな身体と心のバランスが良くとれている状態が美女の秘訣なんですね。

 

<賢く食べるポイント>

○カロリー計算より血糖コントロールが大切

○自然の恵みを味方につけましょう

(油・糖分も自然のものを♪色鮮やかな野菜や果物♪)

中医学的な食養生も自然の恵みを味方にした食べ方ですね。

 

<ハートを育てるポイント>

○自信をもつためのエクササイズを楽しみましょう

○ポジティブを取り入れましょう

ハートの輝きは女性をより魅力的にしてくれますね。

 

身体のバランスを整えるよう働きかけてくれる漢方薬。

健康でスリムな身体を維持するための食生活。

ハートを育てる生活習慣。

身体と心のバランスが良くとれている状態に近づくためにできること、

無理のないところからチャレンジしていきたいですね☆2014/10/08

皮膚トラブルには野菜たっぷりのお鍋が最高


こんにちは。今井です。朝晩の気温は下がってきて秋真っ盛りですね。

秋といえば「食欲の秋」です。

食べることが大好きな私は、昼食を食べているときに夕飯は何を食べようとか、そんなことを考えてしまい、1日のうちの大半は食べ物のことを考えているのではないかと・・・食欲の秋、ヤバいですね。食べ過ぎ注意です。

 

さて、食物にはカラダを冷やすものや温めるもの、エネルギーを補うものやデトックスに働くものなど様々あります。

実は皮膚にトラブル抱えている方は、食事が大きく皮膚に影響してきます。

実際の相談でもます初めに、食事について聞きます。

朝昼晩と規則正しく食べてますか?から始まって、朝は主にパン食かご飯食か、毎日決まって飲んだり食べたりしているものなど、また、間食が多いかどうか、好きなジャンルの食べ物も大切な情報です。そして、お酒。これも重要ですね。


鶏肉団子入りちゃんこ鍋 / naotakem


 

●皮膚トラブルには野菜たっぷりのお鍋が最高

食欲があるのはとてもいい事なのですが、皮膚トラブルを抱えている方にとっては、食べ過ぎは厳禁です。特に味の濃いもの、油っこいもの、甘いもの、乾燥しているもの、辛いもの、ナッツ類、生もの、お酒など、これらを食べ過ぎた日には皮膚症状は悪化してしまうことが多いです。

だから当店の相談では口を酸っぱくして、来店の度に「食べ物食べ過ぎちゃってませんか?」と聞いています。

前回もお話しした皮膚治療の3本柱

①食養生
②スキンケア
③漢方薬

この中で一番コストがかからない方法が①食養生です。でも、実行するのが一番難しいんですよね。

もちろん、食事療法だけで完全に治すのも難しいかもしれませんが、カラダ(皮膚)を作っているのは食べ物と空気という大前提(こちらの記事参照)を考えれば、やはり一番大切なのは日々の食生活ということに帰結します。

「一生続くわけではないのでできる限り頑張ってくださいね。」とそうお伝えしております。

では逆に何を食べたらいいかということですが、やっぱり野菜です。特に水分を多く含んでいる青野菜が良いです。生野菜も胃腸が弱い方でなければ大量に食べなければOKです。また、大根(おろし)、レンコン、長芋などもオススメの食材です。

そして、これからの季節にオススメなのはお鍋です。鍋は大量の野菜をグツグツ煮込みますので、消化も良く、カラダも温まります。生姜をたくさん入れて・・・と言いたいところですが、生姜はカラダを温めすぎてしまうので、皮膚トラブルの方にはスパイス程度にしてくださいね。

個人的には、野菜タップリの湯豆腐が好きです。大豆から植物性のタンパク質が取れますし、豆腐はカサがあるのでお腹も満たされます。ダイエットが気になる方にもオススメです。是非お試しください。

 

 2014/10/03

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.