漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




Blog 六本木店

月経血の量が多い!! ~タミーの月経講座~




こんにちは!!タミーこと田宮です(^o^)


今回は経血量が多くなってる状態である月経過多(げっけいかた)について、お話します。


月経のトラブルは周期の乱れだけが問題ではなく、出血量にも注目します。


月経過多に当てはまるのは月経周期に異常はないけれど、月経血の量が通常よりも多い状態のことです。

現代では、子宮筋腫や子宮内膜症、チョコレート嚢腫など骨盤内の炎症性疾患なども該当する場合があります。

 血と血管のイメージ

【中医学でのタイプ分け】

主に中医学的なエネルギーである気が不足する気虚(ききょ)によるものが多いのですが、他には体内に余分な熱がこもっている血熱(けつねつ)、血の巡りが悪い瘀血(おけつ)などが原因で発生する場合もあります。


〇気虚(ききょ)タイプ:気虚とは胃腸(脾)が弱った状態の事を指します。虚弱体質だったり疲労や飲食の不摂生などにより、胃腸(脾)が傷つくと、血のコントロールが出来なくなるので月経量が多くなります。胃腸(脾)は血が漏れ出ないようにコントロール(統血)していると考えられているためです。


【このタイプに多い症状】

・月経量が多い

・経血量は淡紅色

・サラサラしている

・疲れ易い

・風邪を引き易い

・食欲がない


〇血熱(けつねつ)タイプ:中医学でいう七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)の高ぶりや甘いもの・辛いものなどの取り過ぎなどは、体内に余分な熱を溜めやすくなります。その熱が血液に停滞している状態のことを血熱といいます。 血熱は出血も起こしやすいので注意が必要です。

【このタイプに多い症状】

・月経量が多い

・鮮紅色又は深紅

・経血は粘稠性があり、小さい血塊が混ざる

・口渇

・尿が黄色

・便秘

・ほてる


〇瘀血(おけつ):血の巡りが悪い状態の事を血瘀(けつお)といい、血瘀から生じた病理産物を瘀血(おけつ)といいます。血流の停滞のために溜まった血液が月経時に排出されると量が多くなる場合があります。血液の流れをスムーズにすることが体への負担の軽減につながります

【このタイプに多い症状】

・月経量が多い

・月経がいつまでも続く

・経血の色が紫黒色で血塊が混じる

・下腹部痛みがあり触られたくない

・肩こりや頭痛が出やすい


といった感じで3つのタイプに分けることができます。


注意しなければならないのは、月経過多の状態が長引くと元気を消耗してしまいます。そのため血熱タイプや瘀血タイプでも気を補うことが必要な場合もあります。


また出血があるときは、唐辛子など刺激が強いものやアルコール、脂っこいものは控えましょう。


以上です。

それでは!!
2018/08/13

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.