イスクラ薬局(東京)

漢方薬相談・漢方百科 | イスクラ薬局KANPO HYAKKA

女性の体の悩み

なおりにくい膀胱炎って①・・・

膀胱炎は女性に起こりやすい病気ですね。一度や二度この病について悩んでいる方からお話を聞いたことがあると思います。病院に初めて受信されたかの10人に1人の方が膀胱炎が原因で来院されていると聞いたことがります失礼な言い方ですが、非常にポピュラーな病気で診断もしやすく治りやすいです。しかし一方で、人によっては繰り返すことが多い病気でもあります。理由としては、予防法をきちんと理解し、実践していないために、何度もかかってしまうのです。近年では、膀胱炎の症状を繰り返す方の中には、細菌によって感染する普通の膀胱炎ではなく、原因不明で抗生物質で治らない「間質性膀胱炎」ということもわかってきました。今回、細菌性の膀胱炎と間質性膀胱炎に分けて考えてみたいと思います。

まずは、細菌性の膀胱炎から・・・

①細菌性膀胱炎  

文字どおり尿を貯める袋である膀胱が炎症を起こす病気です。細菌の感染によって起こります。細菌と言ってもほとんどが自分の体の体表にいる細菌が、何らかの理由で膀胱の中に入ってしまうことで起こります。

症状って・・・ 

何度もおしっこに行きたくなります「頻尿」
排尿時のジーン、ヒリヒリ感「排尿時の痛み」
まだ残っていてすっきりしない「残尿感」
急におしっこしたい感じ「尿意切迫感」
尿が白く濁る
血液の混じった尿が出る
アンモニア臭が臭くなる


 

膀胱炎の原因は 

ほとんどが大腸菌です。(ほぼ8割となります)クラミジアによる膀胱炎(大腸菌以外の細菌で性感染症うちで最も多いです)疲れや病気などで免疫力が低下すると感染しやすくなります

治療について

原因となる菌を退治すれば治りますので、原因菌は抗生物質でたたく!

漢方薬では

西洋医学でのアプローチも大事ですが、治療が上手くいかない場合、漢方薬や健康食品などで症状をコントロールすることがあります。

代表的な漢方薬

竜胆瀉肝湯・・・日本漢方での独特な使い方で、実証タイプの方に使用
(体力が十分ある方で、元気が有り余った、パワーが漲った方)

五淋散・・・・虚証タイプの方に使用
(体力が弱く、冷えを訴えるタイプの方)

防ぐ生活習慣とは!

・細菌がどこから侵入するのか理解し経路を把握すること
・トイレ後の後始末の見直しや便秘に注意すること
・清潔を心がける
・体を冷やさない  など

何度も膀胱炎を繰り返す方に参考していただけると幸いです。

 

イスクラ薬局の運営会社情報

運営会社 イスクラ産業株式会社(英文会社名:lSKRA INDUSTRY CO., LTD.)
本社所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目14番2号
設立年月日 1960年3月1日
事業概要 ロシア・CIS諸国・中国との医薬品、医療機器、化学品の輸出入
中成薬(中国漢方製剤)、健康食品、スキンケア製品の製造、販売