生理と発熱


女性は男性と違って月経周期によって体調が変化します。月経は主に2つのホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)によりコントロールされており、月経前はプロゲステロンが多く、月経中はどちらも少なくなります。そのため、月経前後はホルモンバランスの変化により、生理痛・発熱・頭痛・下痢・鼻血・浮腫・胸が張るなどの症状がでることがあります。

18ILAC17

月経の度の発熱は、なぜ起こるのでしょうか?
月経時期とは関係なく起こる感染症による発熱とは異なり、月経中の発熱は体内の気血のバランス・機能が調子を崩すため起こります。 調子を崩す人にはもともとの体質が関係し、ここではいくつかの体質について紹介します。

 

月経と発熱~中医学的に考えると…


細菌感染の発熱とは異なり、生理中の発熱は身体の機能、気血のバランスの失調で起こると考えられます。

女性には月経周期があり女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)によって身体のリズムがコントロールされています。ここで簡単にどのようなリズムで月経が起こるか簡単にご説明しましょう。

2012.04HP原稿画像

卵胞期


脳からの指令(FSH:卵胞刺激ホルモン)によって卵巣内の原始卵胞が成長し、
その卵胞からエストロゲンが分泌されそれに伴って子宮内膜は増殖し厚くなっていく。

排卵期


増加したエストロゲンを感知した脳からLH(黄体化ホルモン)が出て、
それによって卵子が卵胞から排出される。

黄体期


卵胞の袋状がLHによって萎縮し、これが黄体でここからプロゲステロンが分泌され子宮内膜はさらに厚くなり、栄養分を蓄え受精卵の着床、発育を促す。

このプロゲステロンが脳の体温中枢に作用して体温を0.3~0.5℃程度上昇し妊娠が成立していれば高温が続く。

月経期


妊娠が成立しなかった時黄体は萎縮し白体となり、エストロゲン・プロゲステロンの分泌が急速に低下し、内膜が脱落し月経となる 。

エストロゲンの特徴


・女性らしい身体をつくるホルモンで自律神経、感情、骨、皮膚、内臓などと大きく関わっている
・妊娠準備のため内膜を厚くする
・分泌の多い時期は心身安定し体調がよい

プロゲステロンの特徴


・受精卵が着床しやすい環境をつくり、妊娠が成立したときは維持させるホルモン
・体内の水分保持や食欲を増進させる
・基礎体温を上昇させる
・分泌の多い黄体期には頭痛、イライラ、不安感、不眠、むくみ、乳房の張りなどの症状がでることが多くこのような症状がひどくなると月経前症候群(PMS)と呼ばれます

 

さて本題にはいりましょう。
この周期的なリズムの中で、月経のときに起こる発熱の原因となる体質を中医学的に挙げてみます。

1. 肝うつ化火型


【症状】
・生理前あるいは生理時に微熱が生じ、生理が終わる頃には下がる
・生理周期の短縮・経血が濃く鮮紅色
・乳房が張る、イライラ、怒りやすい、口が渇く、便秘気味、舌色赤色
・黄体期の基礎体温高め、月経前症候群(PMS)の症状が多い
・基礎体温は安定せず波状になる

【病因】
・ストレスが多く肝うつ気滞が続くと化火し、火熱が生じたために発熱する
・生理が終わる頃にはスッと楽になる

【漢方薬】
加味逍遥散(かみしょうようさん)など



 

2.おけつ内阻型


【症状】
・生理前あるいは生理時に微熱が生じ、ひどい腹痛、経血の色は暗紅で塊が多い、舌紫色、斑点がある
・鎮痛剤を服用しないと我慢できない

【病因】
・おけつとは血流が滞っている状態で、それが子宮に停滞し次第に化熱し、生理時に「お熱」がピークになり発熱する
・生理終了後には熱も下がる

【漢方薬】
冠元顆粒(かんげんかりゅう)
田七人参(でんしちにんじん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)など



 

3.気血両虚型


【症状】
・生理中あるいは生理後の微熱が生じ、経血が淡色で量が多い、冷え、めまい、気力がない、倦怠感

【病因】
・気血の消耗や脾虚によって気血がつくられにくく、さらに生理のときに気血が不足するため体表の陽気が留まらず発熱する

【漢方薬】
補中丸(ほちゅうがん)
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)など


4.陰虚火旺型


【症状】
・普段から微熱があり生理時に熱が高くなる、特に午後になると発熱する

・経血が暗紅色で少量、両頬がポッと赤い、手のひら、足の裏のほてり、口の渇き

【病因】
生理で経血が排出されたことで陰血が消耗し、身体の陰不足により陽気を留めることができず陽気が外に向かい発熱する

【漢方薬】
瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
二至丹(にしたん)など



以上、4つの型に分け1と2は実証、3と4は虚証に属しますが、実際は体質がピッタリと型に分かれずに虚実が混在していることが多くみられます。

また、子宮内膜症では約20%の方が生理時の発熱を経験しているとの報告があります。内膜症はひどい月経痛を伴い、上記の体質ではおけつ内阻型の傾向です。

病院での治療はホルモン剤など使用したり手術となりますが、体質改善のために漢方薬を服用することもひとつの方法でしょう。

月経から判断できる体質チェック1へ

 

実際に服用される場合は漢方薬局にてご相談下さい。

都内に4店舗イスクラ薬局直営店はコチラから

お近くの漢方専門店はコチラから

 

オンラインで体質チェック


2分でできる漢方相談

 

 

関連リンク 合わせて読みたい


月経から判断できる体質チェック1

月経から判断できる体質チェック2

ギザギザしているのはストレス状態?中医学から見た基礎体温のお話

婦宝当帰膠ってすごい!

 

 

 


生理,発熱,