漢方で不妊・アトピー治療はイスクラ漢方薬局(東京)不妊症・アトピー性皮膚炎・冷え症・各種皮膚病への漢方による対処法は漢方薬に詳しい薬剤師との健康相談。




六本木店 ブログ日記

六本木 Panda Style -パンダスタイル- #26


こんにちは!車田です。車田さん ミニ

今回は夏に向けての準備号!
湿度高めの夏を快適に過ごすためのアイテムなどご紹介しております。

ちなみに、今回のマンガの「ダイエッター晶(あきら)三姉妹」は、晶三仙のことです。

isk_k017

ビアガーデンなどで、冷たいものや肉などついつい食べ過ぎたり、飲みすぎてしまう。。
でも夏は露出多めなシーズン!体型が気になるー!
という方、どうぞおためしください。
三爽茶との組み合わせがおすすめです。

201805_panda-style_26-A4巻三つ折ヨコ右表紙-表

201806_panda-style_26-A4巻三つ折ヨコ右表紙-裏2018/06/18

六本木 Panda Style -パンダスタイル- #25


こんにちは!車田です。車田さん ミニ

梅雨真っ只中ですね。
ここ最近は寒い日が続いておりますが、皆さん、体調はいかがでしょうか?

この湿気にやられ始めている人たちがチラホラ出てきております。
梅雨の養生としてご参考ください!

OL済 201805_panda-style_25-A4巻三つ折ヨコ右表紙-表

OL済 201805_panda-style_25-A4巻三つ折ヨコ右表紙-裏

中医アロマ#8『夏のスキンケア』


こんにちは!ミッポこと車田です。車田さん ミニ
梅雨も一段落すると、いよいよ夏本番!ということで、紫外線による光老化などへの対策も含めたスキンケアをご紹介いたします。

ビーチ

★中医アロマで紫外線ケア
肌の老化原因は加齢による自然老化は2割程度、殆どが太陽光線によるものなのです。
日焼けは肌の火傷。早めに沈静化させる事が重要です。
冷やしつつ、たっぷりと保湿を。
余計な成分の入っていない、低刺激化粧水をたっぷりコットンにつけて、ピリピリ感がおさまるまで当てておきます。
化粧水に以下の消炎作用のある精油を1~2滴入れると◎

・ペパーミント ・ラベンダー ・ジャーマンカモミール

29978f790ff6c8f6e02ee54622f009f1_m

★日焼け後のシミ・シワ対策
シミやシワの原因のひとつは、肌代謝が落ちること。
以下の精油を普段の化粧水や乳液、クリームに加えたり、パックに使っていただくのがおすすめ。

・フランキンセンス 肌のターンオーバーを整える
・ローズオットー  肌のキメを整え美しく保つ
・ローズウッド   細胞の活性化(妊娠線予防にも)
・ネロリ      新陳代謝を促す
・サンダルウッド  肌にうるおいを与える

このケアの有無が5年後、10年後のあなたのお肌を作るのです。ご自分の肌を守れるのはご自身だけ。
どうぞ丁寧にケアしてあげてくださいね。

a1dc5170ab0d80cc1127587fa034ad6d_s

月経周期が遅い!! ~タミーの月経講座~


こんにちは!!タミーこと田宮です゚(^_^)/

前回大好評でした月経周期が早い!! ~タミーの月経講座~

に引き続き、今回は月経周期が遅い人についてです。

今回は月経がくるのが遅い=月経後期(けっけいこうき)についてお話をします!

 

 

 

【月経後期とは 】



正常な月経は25日~35日周期ですね!!


そして、いつもの生理周期より1週間以上伸びてしまう状態のことを


月経後期(げっけいこうき)といいます。


3~5日遅れる程度は月経後期とはいえません。

また、たまに周期が遅れたり、初潮から数か月の場合、更年期による月経の遅れも同様に月経後期には含まれません。


kisotaion_miru


【中医学的には月経後期とは?】


中医学的に「月経先期」の原因は、大まかに4パターンに分けて考えます。



〇血寒(けっかん)タイプ


血寒とは血が冷えていることです。

血が冷えると、血の運行に支障をきたすので滞ります。


原因は

・月経の最中や産後に冷たい食べ物を摂り過ぎ

・寒い空間にいたりして身体を冷やす

などです。


【症状】

・経血量が少ない

・血の色が暗く塊が混じっている

・下腹部が冷えて痛いが温めると楽になる

・四肢が冷える など


〇虚寒(きょかん)タイプ


虚寒は陽虚(ようきょ)タイプともいいます。要するに温める力不足(陽虚、虚寒)の状態のことです。


原因は

・元々、陽虚体質

・病気が慢性化して陽が不足し、内臓が温められなくなり血の生成や運行が失調する。

などです。


【症状】

・経血量は少ない

・経血が淡紅色サラサラしている、塊はない。

・下腹部痛(手で抑えたり、温めると楽)

・疲れやすい

・体が全体的に冷える など


〇血虚(けっきょ)タイプ


血虚とは身体の血が少ない状態のことです。

中医学的に月経は子宮に血が溜まると発生すると考えられていますので、血が少ないと子宮に血が溜まりづらくなり月経が発生するのが遅れることです。


原因は

・慢性の疾患があったり出産や授乳等による長期の血の不足

・不摂生やストレスによる脾(ひ)=胃腸の損傷により血の源が不足

などです。


【症状】

・経血量は少ない

・淡色

・塊はない

・めまい

・視界がかすむ

・動悸

・貧血気味 など


〇気滞(きたい)タイプ


気滞とは、身体の気のめぐりを調節する肝(自律神経を司る)の機能が失調して、気の流れが悪くなっている状態です。


原因は

・主にストレスがかかりすぎや睡眠不足、目の使いすぎ

などです。


【症状】

・経血量は少ない、暗い色、塊が混ざる

・下腹部が張る

・胸部や腹部の両サイドの腫痛

・乳房の腫痛 など


などに分けられます。


前回書きました月経先期と同様に実際には上記だけでは正確な判断は難しいですので、月経について気になっている方は薬局にてご相談くださいね。



 2018/06/14

月経周期が早い!! ~タミーの月経講座~


こんにちは!!タミーこと田宮です(・∀・)

 

月経周期って人と比べても、色々ですよね。早かったり…遅かったり…

気になりませんか?

 

今回は月経がくるのが早い=月経先期(けっけいせんき)についてお話をします!

 

【月経先期とは】


正常な月経は25日~35日周期といわれています。

いつもの生理周期より7日以上早くなることが連続2回以上続く場合

月経先期(げっけいせんき)といいます。

 

たまに早くなる場合や3.4日早くなってもこれといった症状を伴わない場合は月経先期ではないです。

原因は様々あるのですが、今回は割愛させていただきます。

 

 

【中医学的には月経先期とは?】


では中医学的に「月経先期」の原因を解説しますね!

 

〇脾気虚(ひききょ)タイプ

脾気虚とは食事の不摂生やストレス、不規則な生活など何らかの原因によって気の源を作る脾(胃腸)が傷つき、脾の活動が弱まった状態です

「脾」の働きのひとつに血を運行させ、外に溢れさせないようにコントロールする働きがあります。

その働きを専門用語では統血(とうけつ)といいます。

脾が弱ると血をコントロールする力が弱り、統血ができなくなるため月経が早くきてしまいます。

ストレスが多いと自律神経が乱れるので、脾の活動が弱まることもあります。

【症状】

下記の症状があれば脾気虚タイプと考えられます。

・月経血の色は淡く薄い

・疲れやすい

・倦怠感がある

・食が細い

・軟便 など

【対策】

漢方では脾気を補うことを考えます。

そして養生は胃腸にダメージをあたえる ・冷たい飲み物 ・脂っこいたべもの ・味の濃いもの は極力さけ、早食いも止めて食べ物をよく噛んで生活しましょう。

 

〇血熱(けつねつ)タイプ

血熱は食生活やストレスが原因の一つとされています 。

辛い物の食べ過ぎ、元々熱が旺盛な体質、身体の潤いが低下し熱が相対的に強くなる、怒りすぎて熱が強くなる等により、慢性的に体の中に熱がこもり、血(けつ)が熱を持った状態のことを言います。

血熱の状態も出血はしやすくなるため、生理周期が早まることがあります。

【症状】

下記の症状があれば血熱タイプと考えられます。

月経血の出血量が多い

色は濃い

腹や乳房が張る

ほてり

喉が渇くなど

 

【対策】

実際に血熱はさらにいくつかに分けられますが、まずは血熱を取り根本にある弱い部分のケアをしていきます。

養生は辛いもの食べすぎない、ストレスを溜めないことが大事です。

 

など、大まかには上記の2つに分けられます。

以上です。

同じ月経先期でもタイプが異なると飲む漢方薬の種類が大分変わりますので、しっかりと見極める必要がありますので、自己判断ではなくしっかりと漢方薬局で相談しましょう

続編はこちら↓

月経周期が遅い!! ~タミーの月経講座~2018/05/24
1 / 7812345...102030...最後 »

ikanpoは漢方のイスクラ薬局グループがご提供する漢方知識・健康相談の漢方情報サイト。中医学の専門家による正しい漢方知識が身に付く漢方百科で不妊・冷え症・アトピー性皮膚炎・各種皮膚病など、漢方の対処法をご説明しています。漢方に詳しい薬剤師に相談できる「2分で健康相談」をご提供しています。イスクラ漢方薬局の店舗(日本橋、六本木、新宿、中野、中医薬房イスクラ漢方堂)をご案内します。漢方に詳しい薬剤師が相談の上で体質や症状に最適の漢方薬をお勧めいたします。

Copyright(c) ISKRA 2001-2013. All rights reserved.